スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロシア出身の、艶やか且つ獰猛ななフォーク(+デス)・メタル - ARKONA & GRAI

 以前購入したドイツのメタル系雑誌「LEGACY #82」に付属していたサンプラーディスクの内でも特に気になった GRAI(ГРАИ) なるバンドのアルバムを注文し、また、ついでにとばかりに ARKONA(АРКОНА) のアルバムを、ベスト盤とはまた別にさらに一枚追加購入を決めてしまっていた。。。  前のARKONA記事  購入記事


ARKONA 「Vo Slavu Velikim!」 (2005年)
 3枚目のスタジオフルアルバム。 アルバムタイトルのロシア語(キリル文字表記)は「Во славу Великим」である。
 情報量は、下の GRAI に比して、敢えて少なくしておく。

1. Intro (Kolymiyka)   2. Skvoz' tuman vekov (Through the Mist of Ages)
3. Rus' iznachalnaya (Primordial Rus')
4. Vo slavu velikim! (In Praise of the Great Ones!)
   
5. Po syroi zemle (On Mother-Earth)
6. Tuman yarom (Mist in Ravine)
7. Zov bitvy (Call of Battle)
    
8. Vedy proshlogo (Wisdom of the Past)
9. Velikden'
10. Gnev vremen (Wrath of Times)
11. Na svarogovoi doroge (On the Svarog's Path)
12. Vyidi, vyidi Ivanku… (Go Out Ivanka)
13. Vosstanie Roda (Rising of Rod)
    
14. Sila slavnyh (Strength of the Glorious)

 1.と 12.はインストだが、12.はやや独立した感がある。
 どことなく、KING DIAMOND のようなシアトリカルなものやパワーメタル的な要素を感じる事が出来る。
 点数は、81点。 この時点で既に マーシャ様 の実力/魅力は聴き手に十分に伝わっているだろうが、以降の作品も素晴らしい為、この辺りの点数としておきたい。


GRAI(ГРАИ) 「About native land」 (2012年)
 アルバムタイトルのロシア語(キリル文字表記)は「О земле
родиой」(ローマ字表記で O zemle rodioj) となる。
 バンドメンバーは、Irina(Vo) 、Rimma "Voronya" (Key/Vo) 、Aliya "Leta" (Flute, Recorder, Bagpipe, Keys, Vo) 、Andrei Smirnov(Dr) 、Yuri "Sadist" Bedusenko(B, Kalyuka, Jew's harp, Growl) 、Ruzel "Ruzveld" (G) という、男女3人ずつの6人編成という構成である。

1. Песнь о земле родной (Pesn' o zemle rodnoy)
2. Пшеничная (Pshenychnaya)
 
3. Зимняя Сказка (Zimnaya Skazka)
4. Весна (Vesna)
5. Средь лесов (Sred' lesov)
6. Лешак (Leshak)
7. Учоды далёко, горе (Uchody dalyoko, gore)
 
8. Плач о долюшке (Plach o dolyushke)
9. Воин храбрый, Ясный Сокол (Voin hrabryi, Yasnyi Sokol)
   
10. Вставай с колен! (Vstavay s kolen!)
[ Bonus track ]
11. В объятиях Мары (V obyatiyakh Mary)

 各曲に英語意訳が付記されており、それぞれ、
1. The song about native land
2. The wheaten song
3. Winter tale
4. Spring
5. Within the forests
6. Leshak
7. Leave us, sorrow
8. Lament about the lot
9. Brave warrior
10. Get up from your knees
11. In the arms of Mara
 となっている。

 以前紹介した 「LEGACY」のメタル・サンプラーに収録されていたのは、9.である。
 11.では、外部から Ruslan "Klesh" Sakhabiev がゲスト参加してグロウルを響かせている。
 メタリック且つヘヴィなギターやデスメタルに迫る勢いのドラムなどという点では ARKONA よりも攻撃的であり、またプログレ的な要素もこちらの方が高い。
 こちらの方も ARKONA に負けず劣らず、女性陣がヘッドバンギングなどメタル的なライヴパフォーマンスを敢行している。
 83点。 勿論、「今後の期待」というもの含めた上での点数である。


にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。