スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メロパワ界の IRON MAIDEN !? - STRATOVARIUS's 2 albums

 STRATOVARIUS の最新アルバム(14枚目)を買った。
 そして、その次に前作(13枚目)の「Elysium」の購入を決めた。   購入記事

・・・・・・やや変則的な入手パターンであるが、私自身の中ではしょっちゅう起こっている事である。 


STRATOVARIUS 「Nemesis」 (2013年)
 マティアス(Matias Kupiainen) がバンドに入ってそこそこの年月も流れ、更に新加入のドラマー、 ロルフ・ピルヴェ(Rolf Pilve) が加わって、更にバンドとしての成長が続くかのような感もする流れである。
オビ:「決して交わることのない幻想と現実が対峙する 北欧最高のメロディック・パワー・メタル・バンドが鍛えた大傑作 ヒロイックな世界観と甘美なメロディ、そして溢れる疾走感・・・ これぞストラトヴァリウス!

1. Abandon
2. Unbreakable
3. Stand my ground
4. Halcyon days
 
5. Fantasy
6. Out of the fog
7. Castles in the air
8. Dragons
9. Kill it with fire (Bonus track for Japan)
10. One must fall
11. Fireborn
12. Hunter
13. If the story is over
14. Nemesis

 11.と 12.の2曲は「世界共通限定版ボーナストラック」扱いとなっている。
 また、ヤニ・リーマタイネン(J. Liimatainen ,元SONATA ARCTICA) が、6.と 13.を ティモ と共作している。
 上述の「バンドとしての成長」だが、実際本当に“今が最盛期”と思ってしまうような内容である。 イェンス・ヨハンソン によるキーボードの働きが各所で“暴れまくっている”かのような箇所があり(若干、ダンス・ポップに近いフレーズが聞こえた) 、また ティモ・コティペルト の歌唱で“高音部分で無理を感じさせる部分”がこれまでの中で最も少ないと感じた(特に、PVの作られている 4.とか)
 点数は、90点。 B誌ではクロスレヴューされており、Kawai84 - 広瀬87 - 藤木86 となっている。イェンスとティモの働きについては皆が異口同音の評価をしていたたが・・・  実は、ティモの歌唱の事は記事の文章を呼んで「あれ、そういえば確かに・・・」と思い出した次第なのであったり。。。(苦笑)
 あと、広瀬さんの判断/価値基準が、なかなか判らん・・・

・・・・・・で、これを聴いていて何となく、まだ持っていなかった前作を欲しくなってしまった。 一応、「チェックしている」状態≒購入を見送っていただけ なのだが、重要なメンバーチェンジもあった事だし、・・・等々という、数々の言い訳がましいセリフはともかく。


「Elysium」 (2011年)
 メッセージ付きピクチャーカードの入った初回限定国内盤を入手。
オビ:「エリジウムへようこそ。 欧州メロディック・パワーメタル・モンスター=ストラトヴァリウス、ギタリストにマティアス・クピアイネンを迎え再スタートをきったアルバム「ポラリス」(2009)に続く13作目となるアルバム「エリジウム」。 バンド最長となる18分にもわたる楽曲を収録した圧巻の新作がここに完成!
 このアルバムを最後に、ヨルグ(J. Michael, Dr) がバンドを離れる事になる。

1. Darkest hours
2. Under flaming skies
 
3. Infernal maze
4. Fairness justified
5. The game never ends
6. Lifetime in a moment
7. Move the mountain
8. Event horizon
9. Elusium
[ Bonus tracks for Japan ]
10. Castaway
11. Darkest hours (demo)
12. Against the wind (live)
13. Black diamond (live)

 18分に及ぶタイトルトラックの 9.以外にも、マティアス の手掛けた曲が数多くあることからも、彼がこのバンドに完全に溶け込んでいる事が伺える。
 ボーナストラックの内でも、10., 12., 13.の存在が嬉しい というか、寧ろ 11.は要らない というような気がするのだが。。。
 点数は、86点。 B誌ではクロスレヴューされており、北井81 - 小澤86 - 羽田89 - 幅87 だった。


 個人的な好みを言うと、現在のSTRATOVARIUS ≧ 中期SONATA ARCTICA ≧ 初期STRATOVARIUS ≒ 初期SONATA ARCTICA > 現在のSONATA ARCTICA ≒ 中期STRATOVARIUS という位置付けとなっている。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。