スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョジョの奇妙な 21&22 + 23(A part)

 「ジョジョの奇妙な冒険」を、既に23話まで観た・・・ が、その23話の前半までがジョジョとワムウとの死闘、そして後半パートからがリサリサとカーズの戦い、そしてシュトロハイム&スピードワゴン達の登場 という流れになっている。 今回は、その23話の前半までを区切りとして書いておく。


 シーザーの人生とワムウ相手の奮闘、そして生き様/死に様が流れた20話に続き、21話はジョジョがシーザーからバンダナと解毒剤入りの指輪、そしてツェペリ魂を受け取ったあたりから入る。
 
 以前に購入記事で書き、アニメ紹介記事でも引用・参考とした「ジョジョの奇妙な名言集」にもでてくる、“正に名ゼリフ!”と思わせてくれるセリフが高密度で出て来る流れとなる。
「このピアスは、俺とワムウの約束だけではなくなった。 共にこの戦いを生き延びる誓い になったんだ・・・」と、普段は飄々としているジョジョが、本気モードで決めゼリフを吐く。
 カーズとワムウの根城内部で、ジョジョはワムウの血痕を辿って行き、久々の対面を果たした(当然、リサリサ師匠が同行。メッシーナ師範代は、安全な所に・・・ ではなく、そのまま)。
 途中で出会ったザコの元・死刑囚吸血鬼・ベック の担当声優は鶴岡聡さん。Fate/Zero の変態キャスター と若干被った位置や立ち回り と思うのは、俺だけ・・・?
 吸血鬼たちと100対2の決闘を迫られようとする中、吸血鬼側のワムウが“ローマで誓った戦いの約束”を持ち出して自分達に圧倒的有利な戦いを止めようとしたが、カーズはそれを突っ撥ねてすぐさま攻撃を仕掛けようとした。
 しかし、リサリサの巧みな交渉術によって辛くも「ジョジョとワムウが、リサリサとカーズが、それぞれ1対1の決闘をし、勝者が赤石を得る」という条件を何とか取り付ける事に成功。
 その場に残ったリサリサの命令で赤石を回収に戻ったジョジョは、箱の中から祖母とスピードワゴン氏、そしてストレイツォに抱かれた赤子の写真を発見する。それを共に持ち帰ったジョジョが写真の事を聞こうとすると、リサリサは「自分がその子供だ」と打ち明ける。・・・が、ジョジョは彼女が自分の母とは気づいていない様子(それどころか、オバハン呼ばわりした上に「あ、小ジワ発見」などと言う始末)
 そして、まずはジョジョとワムウによる因縁の対決が始まる。

 吸血鬼Aと御者吸血鬼Bそれぞれの担当声優は、山本格さんと山本兼平さん。

「俺は貴様のナイスファイトを期待しているぞ」とワムウから言葉を掛けられたジョジョは、(カーズらの力によって強化された“吸血馬”による)戦車馬レースのスタート合図である“月が雲に隠れた時”を皆が待ち構えて空を眺めていた間、ワムウの戦車馬の車輪下に瓦礫を置き、ワムウの出だしを挫く事に成功。
「生き残るためには手段は選ばねーもんね、ボクちゃん!  ・・・・・・ルンルン」と吐くジョジョの(スレッジハンマーによる)攻撃に対し、ワムウは「他の生物の体内に入りこむ」能力を活かして馬と一体化。そして一見有利に立ったようなワムウが「神砂嵐」を放ってきたのに対し、ジョジョは波紋を手綱に絡ませて流法(モード)使用中のワムウの胴体と腕に波紋攻撃を流し込む。
 ワムウが自ら負った精神的ダメージを克服する為に自身の両目を潰し、感覚を更に鋭敏化させる。
 大小2つあるボウガン(撃ち出す武器は鉄球)の大きい方を選んだジョジョが絶体絶命の窮地に追い詰められそうになるも、ワムウの技術をすぐさま応用してリング(闘技場)の形状を利用した見事な反撃でかなりのダメージを負わせる。
 ワムウに対して「来ないでくれぇ~」と小石を多数投げつけるジョジョの次のセリフは、「そこでおめーの次のセリフは、こうだ・・・ 「決闘を侮辱するな、ジョジョ」 」だった。 そして、「決闘を侮辱するな! ジョジョ!! ・・・はっ」と、ジョジョの策略に気付いたものの、時すでに遅し。ワムウは波紋を帯びた鉄球により、大ダメージを負う事になる。
 意外な(とも思える)致命的なダメージにジョジョの見事な戦略を評価しつつも、「このワムウ、敵を楽に勝たせる趣味はない・・・」と、波紋を受けた両腕を切り離して遠隔操作し、ジョジョの首を締め上げながら、ファイナルモード(最終流法)、「渾楔颯(こんけっさつ) 」を繰り出す。
 吸血鬼A, B, C それぞれの声優は、金光宣明さん,間宮康弘さん,荻野晴朗さん。金光さんはともかく、間宮さんは「BTOOOM!」でナレーション役と共に迷走コンビを演じ、荻野さんは「べるぜバブ」でジョジョ(息子・ジョセフ)と“東邦神姫のお笑い担当”コンビを演じていた という間柄。

そして23話でついに、ワムウの最終流法「渾楔颯」が炸裂する。 ただ、ワムウの体は既に相当のダメージを負っているため、「渾楔颯」による肉体への多大な損傷は実質致死量と言って良い程である。
 両腕を切り離してジョジョの首を絞め波紋を出せなくし、超高圧のウィンドカッターでジョジョを追い詰めようとするワムウ。 しかしジョジョはワムウの「渾楔颯」で投げつけた火炎瓶(勿論中には油が入っている)を割らせ、更に炎と波紋を通したシーザーのバンダナを細切れにさせ、ジョジョは「ワムウを、波紋を帯びた油と炎を体内に吸い込ませ、体内から火と波紋で攻撃する」という策略を成功させた。
「・・・・・・つ、遂に決着がついたな、ジョジョ・・・」
「そうとも。」
「シーザーの仇を討ったな・・・」
「ああ・・・」
「それでは、止めを刺せ・・・」

 しかし、ジョジョは止めを刺さずに自ら血を流し、ワムウの唯一残った頭部に注いだ。
 「敵からの情けはいらぬッ!」と言い張り、さっさと自分に止めを刺せと主張するワムウに対し、「だったら、なぜお前はシーザーのバンダナと解毒剤の入ったシャボンを割らなかった?」とジョジョが答えた。
「それは、あの男が・・・ 誇り高き戦士だったからだ! 戦士への敬意のためだ! ・・・ハッ」
「 「まさか、ジョジョ きさま」と驚く。」
「まさか、ジョジョ きさま ・・・」
「そうさ、ワムウ! 戦いは戦いで別 シーザーの死の悲しみは悲しみで別・・・ 俺も 何故か、アンタに対して敬意を払いたくなったんだ・・・ この血は「アンタへの敬意」なんだ・・・」

 そして、そんなカッコ良過ぎるシーンをぶち壊すかのごとく、吸血鬼軍団がジョジョとリサリサを殺そうと迫る が、連中はワムウの逆鱗に触れ、ワムウの力によって滅されていく。
「シーザーにもいったが、決してセンチになったわけではない このワムウにとって強者だけが真理! 勝者だけが正義であり友情・・・ その自分自身の掟に従っただけのことだ・・・ このワムウ・・・ 今までの人生「不老不死」などどうでも良かったのだ この掟さえ貫いて朽ち果てれればな・・・」 と言い、さらに続けて 「さあ 解毒剤を飲んで見せてくれ 俺が消滅しちまわないうちに。 触覚も目も言葉もいらない・・・ 伝わるよ・・・ 動作だけで充分だ。」 と促すのだった。
 ワムウの言葉に従い、ジョジョは解毒剤を飲んだ。
「悔いはない・・・ 心からお前の成長が見れて良かったと思うよ。 俺はお前に出会う為に1万数千年も彷徨っていたかもしれぬ  さら・・・・・・ ば・・・ だ・・・!!」
 そして、ワムウはカッコよく舞台を去った。 まさに文字通り「風となって消えて行った」のである。
 その後、アニメ版23話Bパートの、対カーズ編へと移っていくのだが、それは次の記事で書いておきたい。

にほんブログ村 アニメブログへ   にほんブログ村 アニメブログ 声優へ
にほんブログ村    にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ジョジョの奇妙な冒険
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。