スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

New Rising Force with Retro/Former Anthologic (Yngwie J.Malmsteen's albums)

 メタル界きっての傲岸不遜な存在として認識され、また様々な名言/迷言を繰り出す事でも知られている(苦笑)、そしてなぜか“貴族”と呼ばれる事もある イングヴェイ・マルムスティーン の、最新アルバムと2枚の初期ベスト&アンソロジー・アルバムを。   購入記事


Yngwie J. Malmsteen's RISING FORCE 「Spellbound」 (2012年)
 DVDの付いていないSHM-CD単品の版を購入した。
オビ:「前作「リレントレス」に続く2年振りのオリジナル・アルバムが完成! その華麗なるギタープレイは勿論、すべてのインストゥルメンツからヴォーカルまでをも自らこなした意欲作!

1. Spellbound   
2. High compression fugue
3. Let sleeping dogs lie
4. Repent
5. Majestic 12 suite 1,2 & 3
6. Electric duet
7. Nasca lines
8. Poisoned minds
9. God of war
10. Iron blues
11. Turbo Amadeus
12. From a thousand cuts
13. Requiem for the lost souls

 歌入りの 3., 4., 8.でのヴォーカルは、意外と悪くない味のあるものなのだが・・・・・・ 元々、店頭で試聴して結構ブルージーな歌唱と“ブルース系に合いそうな声質”がハマっているな,と感じたため、今作の購入に踏み切ったのである。 8.は3.や4.と比べてクラシカルな曲調だが、やはり「悪くない」という印象がある。
 点数は、84点。 B誌ではクロスレヴューされていて、Kawai82 - 広瀬81 - 前田78 - 藤木80 だった。

・・・何か、トンデモナイ(?)動画を発見してしまったので、ついでながら というか ・・・とにかく紹介しておきたい。
 
「10歳という年齢で」というのが、驚異的である。 「がんばって!」と、素直に応援してあげたい気持ちになった。


 次に併せて紹介しておくのは、10年くらい前に某新古書店でかなり安く買った思い出のあるCD二つ。 動画・静止画共に多数ネット上に出回っているので選び難い,メタラー諸氏に馴染の強い曲が揃っている などの理由のため、紹介しない。

「The Yngwie Malmsteen collection」 (1991年)

1. Black star
2. Far beyond the sun
3. I'll see the light tonight
4. You don't remember, I'll never forget
5. Liar
6. Queen in love
7. Hold on
8. Heaven tonight
9. Deja vu
10. Guitar solo (trilogy suite op:5 / spasebo blues)
11. Spanish castle magic
12. Judas
13. Making love (extended guitar solo)
14. Eclipse

 10.と 11.は、以前DVD記事で紹介した「live in Leningrad」音源からの出展。
 点数は、79点

「Yngwie Malmsteen anthology 1994 - 1999」 (2000年)

1. Gimme! gimme! gimme! (ABBA - cover)
2. Niver die
3. Brothers
4. Seventh sign
5. Crash and burn
6. Vengeance
7. Fire in the sky
8. Like an angel - for April
9. My ressurection
10. Another time
11. Rising force (live)
12. I'll see the light, tonight (live)
13. Wield my sword
14. Hanger 18, area 51
15. Flamenco diablo
16. Amadeus quattro valvole

 点数は、83点

 クラシックとハードロックそれぞれからの影響もあるが、他にもジミヘンの周辺、例えばロカビリー/ブルースなどの要素も見せ、懐の狭そうな発言内容に反した(爆)、非常に懐の広い音楽的素養を持っている事がよく解る。

・・・・・・こうして聴いてみると、イングヴェイは自分の声を良く理解していて、自分が歌っても問題ない曲/唄のみを選んで歌い、自分には合わないと判断した曲をプロのヴォーカリストに歌ってもらう ・・・というか歌わせている(笑) のだろうと思わざるを得ない。いや、これは多分俺以外にも大多数の人が抱えてるイメージだっけ(苦笑/爆)
 聴いていて高圧的な何かを感じるのは、B誌や他の音楽誌(ギター誌とか。買わずに立ち読みするだけ。 あと、ネット上の音楽系ニュースサイトとか)でのインタヴュー記事内容のイメージもあるから?(爆)


・・・・・・でも、神のような位置にいて崇められる一方でネタにもされる って、まるで オジー・オズボーン みたいな人だwww

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。