スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうしようもない、(8話と)9話であろ~~~

 「キューティクル探偵因幡」のアニメ9話を観た。 中核? は、8話の「因幡親子決裂事件」(前編)の後を受ける後編。
 前回で、子安“ディオ”武人さん演じる聡明が、杉田“ジョセフ・ジョースター”智一さん演じる弥太郎の体を乗っ取り、

「「 「JoJoの奇妙な冒険」の第3部、「スターダスト・クルセイダーズ」アニメ化祈願の、宴ェェェーーーッッッ!!!!!!」」

「何言ってやがるテメエら、変なコラボネタを繰り出すんじゃねえ!!! というか、よくも荻の体を乗っ取るだけでなく、前髪を切りやがってえええ!!! 相棒の俺に断りも無く!!!」
「すいません因幡さん、気にするところが違います!!!」
「やったー、私もついに「少年漫画からの影響」を十二分に発揮できるんだねっ! “少年誌”と言えば、「役員共」のマガジンや「毛フェチ」のGファンなんかよりも「週刊少年“ジャック”(?)」だよねっ!?」
「優太君も、担当声優の影響を受けて津田コトミモードに入っちゃった!」


・・・・・・子安さんと杉田さん、そして下田さん以外にも、入野さん諏訪部さんにも謝っておきたいですwww

・・・・・・とにかく、前回で子安さんが森川さんの体を乗っ取って(超爆死)、「ジョージ本人だろうと邪魔者は消すよ・・・、荻野はここで殺す。」と弥太郎に宣告する。
 ユルい絵とシリアスな絵とのギャップが物凄すぎる・・・ アニメの作画陣・原作者の もち 先生は、共に、こういうのを読者/視聴者の反応を見ながら(多分)楽しんでいるのかな・・・?

 狼の姿で荻の救出に向かった因幡洋が人間の姿に戻る、緊迫のシーン。そして・・・ 素っ裸な姿が映し出され、ユルい絵に。

「キサマ許さねえ、よくも・・・ 荻の前髪はどうしたあー!」
「ああ、鬱陶しいから切ったんだ。 弥太郎が。」
「何(なに)で切ったぁー!」
「これで。」
 (ハサミを見せる)
「そんな百均で買ったようなモンでぇー!!???」 
 ↑ 遺伝上の親子による漫才

 因幡洋は、天然色5種類の毛を噛む事でそれぞれ異なった力が引き出せる。
黒(瘴気放出)白(治癒)金(放電)赤(赤毛の狼へと変身) 、そして・・・
 弥太郎は、普段は何でもこなすが、ゴキブリ退治だけは夏輝にやらせているらしい。そんな弥太郎が巨大チャバネゴキブリから逃げ惑う様子を見て、聡明(荻)は、冷静に(自分の息子に対して)殺虫剤を浴びせた。

 取り敢えず、洋が頑丈な荻野の肉体に容赦ない攻撃を浴びせて徐々に聡明を追い詰めようとするも、遥が荻(但し、中に父が入っている状態)に毒の弾丸を撃ち込んで瀕死に追いやる。ここで洋は白髪(はくはつ)を噛んで、マジで死に掛けていた荻野を治癒する。

「泣くな、俺なら大丈夫だ・・・ しかし、部下に合わす顔が無いな・・・」
「どこが大丈夫なんだ、部下に合わす顔よりも、お前の髪を気にしろよー!」


 そして、締まりのないギャグ展開で、アホブロガー・KnackValm をこの作品に嵌らせた決定的なヤギセリフ「あろ~」が全く無いまま、「因幡親子決裂事件」は幕を閉じた。とりあえずは、因幡 聡明・洋 の親子は確実に敵対する事となった。
 洋のセリフ「ソイツは俺の相棒だー!」に一瞬、聡明が自分のかつての相棒・城島薫を思い出す という、感動的なシーンが大崩壊させられる形で。

後編の「恋愛フラグ連立事件」では、聡明と遥たちによる組織[野羅]がなぜヴァレンティーノファミリーに接触したかが明らかになる。
 警察組織のどこかに冷凍保存されている筈の因幡聡明の肉体を取り戻した、その後に聡明が自身の体を運用する際には超絶な科学的知識量と技術を有するノアの力が不可欠だろう と、聡明自身が判断したからである。
 弥太郎の肉体を乗っ取った聡明に惚れてしまうノアと、素の弥太郎とがデートするという算段に。
 物凄く奥手なジョセフ・ジョースターをそのままデートに向かわせるディオによると、「口先で女が落ちりゃー、苦労はねーよ。」との事である ・・・ん?
 弥太郎の心の声(犯罪スレスレのロリコン趣味大全開)を聞きとってしまう遥は、「なんであんなのがモテるんだろう・・・」と心底幻滅する。
 弥太郎とノアが手を繋ぐところを見て激しくショックを受ける夏輝だが、根本的に夏輝は「手」から対象の情報を全て読み取ってしまうため、皆が彼女と手を繋ぐことを避けるのだが・・・ リーダーの遥は弥太郎の事で落ち込む夏輝の手を握ってやって慰める,という頼もしくも大胆な一面を見せてリーダーらしく振る舞う。

・・・・・・等々。 どこの誰が何と言おうと、「盛り上げて、ブチ壊す」というストーリー構成が延々と続くのは間違いないのだが。。。

にほんブログ村 アニメブログへ   にほんブログ村 アニメブログ 声優へ
にほんブログ村    にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : キューティクル探偵因幡
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。