スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中華王国歴史動画 三十五~三十八(最終)話

 アニメ「キングダム」を、最終回まで観終わった。

・・・・・・その後で、一番印象に残った事といえば、

 やはり、「元々原作漫画を好んで読んでおり、しかも単行本を集めている」ような立場の者からすれば、やはりこれに尽きるだろう。


・・・・・・それは、

 龐煖の担当声優が、(公式に)発表されていない

と、いう事である。


 大体、ナレーションとかで察しを付ける事は出来るのだが、何故、公的に「龐煖の担当声優を全然発表しようとしないのか」というのは、非常に気がかりでもある。 ナレーション担当の高塚正也さんは、現段階の情報では「キングダム」内では左慈との2役を兼任している だけであるが・・・


 以前の記事で「シュキマキアタック」ネタで登場した(?)、朱鬼の相棒・麻鬼の声優クレジットが無くて“予測・見当を付ける”だけしか出来なかった件にしてもそうだが、このアニメは、全体的にあまり評価できない部分が声優以外の方面でも評価できない部分が目立つ。
 例えば、流血表現の規制を気にし過ぎて、斬られた(?)兵士たちが、ただ単に吹っ飛ぶだけで殆ど血が流れない/切断された描写が無い 事とか。
 羌瘣と河了貂の話、その末に貂が軍師になる事を決意する経緯が変わっていた事。
 李牧が余計なセリフを言った(カイネの事を「“美人過ぎる”護衛」と紹介した)事。

 また、魏加が、原作よりもアニメ版の方で、やけに格好良かった というのも印象的であった。 やはり、漫画版で吹き出し内のセリフを読むのと、実際に登場人物の言葉として聞くのとは違う という事なんだろうなぁ~・・・ と思う。


・・・ついでにいうと、「Wikipedia」でも、龐煖と魏加、麻鬼の担当声優は表示されていない。 というか、不明のままである? 

・・・・・・ NHK 、仕事しろ。

にほんブログ村 アニメブログへ   にほんブログ村 アニメブログ 声優へ
にほんブログ村    にほんブログ村


 第2期で、無事に何とか、龐煖(とか、他の既出の登場人物)の担当声優は、公的に正式発表されるのだろうか?
 それが、自分にとって、目下一番気になっている事柄である。
スポンサーサイト

テーマ : キングダム
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。