スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Giant Killing」最新巻を読み終えて・・・

 「Giant Killing」コミックスの最新巻(26巻)を読んで思った事は沢山ある。

 これまでしっかりと全巻コンプリートペースでコミックスを揃えているけど、この作品は開始当時よりもここ最近の展開の方がずっと面白い。 しかも、第1期の終わり方は、例えば「屍姫」「PandoraHearts」等とは大きく異なり、飽くまでもアニメオリジナルのストーリー展開とせず原作に忠実になるよう配慮されたタイプのものなので、十分「第2期制作」の余地が見込まれている(それは、「エリアの騎士」も同様である)。だというのに、何故か現在、全く「第2期」の話が聞こえてこない。

 アニメ版第1期(=26話)までの展開は、原作9巻までの内容である。 という事は、第26巻が発売されている現在では、既に「第3期=78話」くらいのアニメは作られてもおかしくないという計算になるのだが・・・
 「エリアの騎士」以外にも「RAINBOW -二舎六房の七人」等でもいえるが、あの単発だけで終わって良いものではなく、寧ろ「第2期制作」が無いと寧ろ消化不良でどうにも気分の落ち着かない状態となってしまうのだが。

 主に24巻の辺りで展開された「サックラー」こと佐倉監督率いる山形との闘い、そして現在“教授(プロフェッサー)”ことミルコビッチ氏率いる千葉との闘い、いずれにしても「監督が主人公、そして監督が選手よりもはるかにクローズアップされている」サッカー漫画 としての完成度とか面白さが、連載初期(というか、アニメ化された9巻まで)の内容と比べて、非常に充実している。対戦しているそれぞれのチームのブレイン同士による駆け引きが、更に面白くなって来ているのだ。更にそこに、監督と選手の信頼関係というのがガッチリ絡まっているのが、とても見事だ。しっかりとスポーツをしつつ、体も頭脳も使いこなし、人間ドラマも確実に存在している。


 結局静河流が全く出て来ない「バクマン。」の面白さが半減している とか、最近のアニメには足らないと感じさせてくれる骨太で大人向けな要素が「Giant Killing」にはしっかりと息づいているから とかいう事もあるので、是非ともアニメ第2期は実行してもらいたい。
・・・・・・もっとも、そうなるのならその前に「RAINBOW - 二舎六房の七人」をやりきる事の方が筋なのだが。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : GIANT KILLING
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。