スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Squealing Power/Thrash - Metal's Painfull Crosssing

 後に、一時的にとはいえ「a.d.」を付ける事になる SQUEALER による、スタジオフルアルバムを紹介しておく。   購入記事


SQUEALER 「Under the cross」 (2002年)
 メンバークレジットは、Henner(Vo) 、Michael Schiel(e-G/acoustic-G) 、Lars Döring(G) 、Michael Kasper(B)、Mike Terrana(Dr) となっている。

1. Painful lust
2. Facing the death
3. My last goodbye   
4. Thinking alowed!
5. Undert the cross   
6. Rules of life
7. Down and out   
8. Fade away
9. Out of the dark
10. In Zaire   
[ Limited Edition Bonus track ]
11. Low budget Heroes

 今回初めて聴く ヘナー のヴォーカルは、そこそこ多彩であることを感じさせてくれるが・・・ 楽曲の多様性を含めても、そんなに高みを目指した,或いはインテレクチュアルな内容とは感じなかった。
 取り敢えず、パワー/スラッシュを基本としつつ、ドラマティック且つ尖っている要素が取り込まれている 事だけは確か。
 点数は、83点。 バラードチックな曲の出来もなかなか良い。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。