スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エリアの騎士 30-37(最終)話

 既にBS版でも放送が一月ほど前に終わった「エリアの騎士」に付いて、纏めの意味で記事に出しておく。


 随分と長い間、ロクに記事に取り上げなかった理由としては、原作コミックを持っていて、良くストーリーを知っているから」と同様、アニメオリジナルの緩くてどうでも良さげなパートが多かったから。
 学園祭のシーンでは、「サッカー部部員のメイドカフェ」なる物が原作でもあったが・・・ アニメ版では、さながらディオの如く“子安”堀川がオカルトグッズを取り扱っていたし、いきなりな演劇シーンでは石田彰さんも無茶振りなデブキャラとして激しく暴走していたし、三島奈々・群咲舞依の2人がカッコ良すぎたし・・・

 そして、現行している原作漫画の方の展開では最も大活躍している李が呼ばれなかった、そして荒木と駆や遠野幹也、“狡噛”島“クリキン&バジオウ”佐伯祐介、日比野 達が招集されたU-16日本代表合宿のシーンでは、「ある意味外さない、定番のネタ」が実行された。
 駆は最終選抜に残れなかったが、荒木を始めとする神奈川の高校選抜組6人は代表に残って海外へ。

 そして、冬の大会に向けての県内予選が始まった。

 荒木を欠く形で江ノ高サッカー部のメンバーは大会を勝ち上がって行き、成長の片鱗を周囲に見せつけていく。 しかし・・・
 阿久津監督率いる相模ヶ浦高が、笠松 ・・・じゃなくて本田マイケルキャプテン率いる湘南大付属の「4アロウズ」を破る形で、その江ノ高以上のインパクトを以て、大会で一気に周囲の注目を集めた。

 ボール狩りを含めた「ネオ・トータルフットボール」を完成させた相模ヶ浦対策を考えている岩城は、実体験した湘南大付属の監督や選手たちが出来る限り体現させた「ネオ・トータルフットボール」の仮想チームを相手に模擬戦を行い、その糸口を徐々に掴んでいく。 (※ 湘南大付属の麻生監督と岩城監督は、夏の大会以降は酒を酌み交わす仲となっていた)
 そして、相模ヶ浦のツートップを張る双子の「天童兄弟」が姿を現す。 兄の“奈落”荻野邦治と弟“廻世の行者”高木秋人の2人、あとその2人から然程後れを取っていない8人と、更にユースからスカウトしてきたDFの竜胆(天童兄弟と同じ「相模デルソーレ」ジュニアユース出身)らのプレーに一時は苦しめられるも、何とか試合後半に穴を見つけ出して、反撃を試みる。
 「相模ヶ浦スタイルのネオ・トータルフットボール」を攻略し、逢沢駆、続いて織田が得点して勝利を収める  ・・・そして何故か、ここでアニメが最終回を迎えるという中途半端な結果に。

・・・・・・第2期制作を見越した流れ,という事だろうか? 

にほんブログ村 アニメブログへ   にほんブログ村 アニメブログ 声優へ
にほんブログ村    にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : エリアの騎士
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。