スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ「兄弟」記事 (ついで、「宇宙兄弟」を)

 「宇宙兄弟」は、2012年度では最も面白い、また、成功したアニメだと思う。
 理由は、非常に練られたストーリー性で一年がかりという大きなスパン(4クール)で放送された,という事もあるが、「一度は夢を諦めていた兄が、弟が実際に夢を叶えて宇宙に飛び立った事を機に発奮して宇宙飛行士を目指そうとする」という現代社会的に見てかなりリアルな設定、JAXA 等の協力を得て実在する人物や固有名詞を使用できたことでよりリアルに感じさせてくれる事 などもある。
 当然、野口聡一さんや星出彰彦さんが本人役で声を当てている,という事も非常に大きいし。
 OP曲はいずれにしても「何なんだ、あれは・・・」という気にさせるビミョ~なものばかりだし、EDも歌詞の内容はともかく音楽性自体は非常に・・・ 何というか、あまり好みでないのもあった という問題点があったのだが(完全に、非常に個人的で、人からすればどうでもいい問題である)。

 これまでに欠かさず観ていた中で特に感動したシーンは、やっぱり、ここ最近(とは言っても数か月に及ぶが)の流れである。
 浅沼晋太郎さん演じる溝口が宇宙飛行士合格試験に落とされてその理由を告げられた時に納得し、「真壁は選ばれているんだろうな・・・」と確信し、素直に真壁を応援するシーン。
 JAXA入社式で宇宙飛行士候補生達に茄子田シゲオ氏が「人」という字を使って行った演説の内容。 ついでに紫三世(cv:勝杏里)による「先輩からの有難い言葉」。
 そして、月面基地で活動を始めたフレディ・サターンや南波日々人達による実験。その最中、バギーを探しに行った日々人とダミアンの2人が重大な事故に遭い、共に命の危機に晒された辺りでは、原作を読んでいない為に、本当に「どうなるんだ?」と心配した。
 自分を置いていけ,というダミアンに対して「人命救助の第一原則」で「相手の命が助からないと判断した場合に見捨てる」事を挙げ、「俺はまだ、ダミアンの命は助かると思ってるよ。」と彼に答えて助け出そうとする所。
 そして、メインの酸素タンクが破壊されて一気に窮地に追い込まれた日々人が自分の命を諦めようとして死に場所を求め彷徨った時、偶然にもブライアンの人形を見つけ、更に酸素生成装置「ブライアン」が間に合った時に日々人が恩師・ブライアン氏の幻影を見て言葉を聞き、何とか九死に一生を得たシーン。 そして話は前後するが、六太兄が日々人達の出現地点を予測し、更にその場から日々人達が生還(というか、登場)した辺りの流れ。
 日々人が死んでキツい現実が突き付けられる結果になるのか、と実際に予測していた事もあった(内容が結構リアルにも出来ているから余計にそう思っていた)ので、一瞬「あれ?」と思ってしまった というのはさておき。


 とにかく、「宇宙兄弟」が本年度放送の作品の中で一番しっかりした内容だ と結論付けておく。
 で、若干しょーもない方の話を。 先の「ふしぎの海のナディア」記事でも触れた ネモ船長を演じていた大塚明夫さんが、ここでは既に故人となっている大きな人物、ブライアン・ジェイ を演じているという事に、非常に強いシンパシーを感じてしまった。宇宙規模での壮大な話の中で、格好良い死に際を見せてくれた人物 として、大塚さんが素晴らしい仕事をしてくれた という事は、声優オタの中でも中年男性(役)の方にも目が行ってる人にしか通じないというのは理解している。

 それと、死に直面した日々人の演技をした KENN さんの声優としての技量はすごいと思った。これまでは何となく胡散臭い(役割の方でなく、役者として)ようにしか思っていなかったのだが、しっかりと注目すべき声優だと認識を改めさせられた。

にほんブログ村 アニメブログへ   にほんブログ村 アニメブログ 声優へ
にほんブログ村    にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 宇宙兄弟
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。