スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Guitar-Oriented 30Materials Played on! 「光速王 - Legendary shred guitar kingdom」×2

 昨年末に「ヤングギター」誌編集部によって企画・発売されていた、「光速王 - Legendary shred guitar kingdom」シリーズのアルバム2枚「fusion編」と「rock編」を纏めて紹介しておく。   購入記事


 クレジットを見ると判るが、共に、時代を超えて様々な年代の物から選曲している。 尤も、ここ数年の間に出たアルバムからのテイクが圧倒的に多いが。


V.A. : 「光速王 - Legendary shred guitar kingdom - fusion編 - 」 
 
オビ:「光速王降臨!! 超絶テクニック×フルスロットル=無限大  圧倒的スピードで銀河をも駆け抜けるシュレッド・プレイの真骨頂!! 豪華ギタリストによる徹頭徹尾“速弾きの美学”に拘った屈指の名演の数々を味わい尽くせ!! FUSION/ROCKシーンで圧倒的なインパクトを放つシュレッド・ギターを豪快にメガ盛り!! これぞ正真正銘、究極の鉄板ギター・コンピレーション!!」

1. Particle in the planet   (菰口雄矢;TRI-Offensive)
2. Promised   (Frank Gambale;神保彰)
3. Hold on   (Tony MacAlpine;CAB)
4. Another kingdom   (Greg Howe;櫻井哲夫)
5. Red zone (live version)   (野呂一生;PEGASUS)
6. Kaiser nancarrow   (Shawn Lane)
7. Stay up late   (平井武士)
8. Tokyo cool   (Allen Hinds, Carl Verheyen;神保彰)
9. Taxi blues   (Larry Coryell;FUSE ONE)
10. Gattox   (Allan Holdsworth)
11. Gray pianos flying (live version)   (Shawn Lane)
12. Regenerate   (菰口雄矢;櫻井哲夫)
13. Prime   (Petteri Sariola)
14. See the light   (Michael Landau;神保彰)
15. The myth   (Brett Garsed)

 エレキギターに留まらず、アコースティックギターを用いた各種演奏法を聴く事が出来る。非常にヴァラエティ豊かで、ギターサウンドが変幻自在であり、曲によってはあまり「ギターが目立っている」というようには感じられないものもあるのだが・・・
 また、速弾きというよりは「ギターフレーズが良い」というようなパートもあり、全体的には「ギターパート も 充実している中々のインストもの」というイメージがした。 キーボードやホーンセクションなどのメロディも心地良い。
 点数は、90点。 正直言うと、「ギター云々という看板に偽りあり」とも思えるような内容だが、個人的にはこれはこれで(各曲を)気に入っているので。 言うまでもないが、こちらは当然B誌でレヴューされている筈がない。というか、されたら寧ろ何かのギャグだしw


V.A. : 「光速王 - Legendary shred guitar kingdom - rock編 - 」 
 
オビ:「光速王降臨!! 超絶テクニック×フルスロットル=無限大  圧倒的スピードで銀河をも駆け抜けるシュレッド・プレイの真骨頂!! 豪華ギタリストによる徹頭徹尾“速弾きの美学”に拘った屈指の名演の数々を味わい尽くせ!! HM/HRの世界で光り輝く圧巻のシュレッド・ギターを怒涛のメガ盛り!! これぞ正真正銘、究極の鉄板ギター・コンピレーション!!」

1. Flow   (横関敦)
2. Promised   (太田カツ;ARK STORM)
3. The bed of nails   (中村達也;BLINDMAN)
4. No more night   (福田洋也;ANTHEM)
5. ツクスイミ   (小林信一)
6. Former sisters   (鈴木広美;TERRA ROSA)
7. She loves me   (白田一秀;PRESENCE)
8. Ero erotic   (足立祐二)
9. Renegade   (清水昭男;ANTHEM)
10. Danger zone   (島紀史;Cozy Murakami PROJECT)
11. Eternal and external    (太田カツ)
12. espoir   (Seiya;LIGHT BRINGER)
13. Mirv   (菰口雄矢;TRI-Offensive)
14. 敬虔   (Kyrie, Shinno;NoGoD)
15. Ruined   (横関敦)
 
 1., 5., 8., 11., 13., 15.はインスト。
 オビの文章通り、HR/HM界でお馴染みの、ヴェテラン/新鋭ギタリストが登場してくる。また、こちらの方がよりギターフレーズをメインとしている感が強い。
 「速弾き」というよりは「ギターを強くフィーチュアしている」という要素が強い内容である。
 点数は、87点。 日本人ギタリストに焦点を当てた内容なのは上記"fusion編"と若干異なっている。 

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村
 今回のタイトルに沿った「テーマ」を見つけようとしたのだが、あまりピンとくるものが無かった(ギターメイン とか ギターオリエンテッド(またはコンピレーションもの) とかいうタイトルのテーマが無かった)ため、しょうがないのでテキトーに「アルバムレヴュー」などというテーマにしておいた。

・・・・・・あ、「しておいた」というのは「~と変化させておいた」ではなく「~と言明/表明/設置しておいた」という方の意味なので、しょーもない誤解の無いように。
スポンサーサイト

テーマ : アルバムレヴュー
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。