スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Squealing Metals in Heaviness and Agression - SQUEALER「confrontetion street」

 SQUEALER A.D. の、数ある作品の中でも最高傑作と名高い「Confrontation street」を。    購入記事

 到着してから何度も繰り返し聴き、ブックレットを見て内容を理解してから記事に出したわけだが・・・ 後述の通り、驚く部分が多々あった。 (バンドメンバー然り、YT上に散らばっている音源然り)


SQUEALER A.D. 「Confrontation street」 (2006年)
 輸入盤につき、オビなし。

1. Black tongue
2. Infanticide
3. Devils backbone
4. Kamikaze nation
5. Punishment of luxury
6. Eat my sin
7. Blood red halo (stained)
8. New son rising
9. Left bleeding (by love)
10. Faith or fury
11. Silent manchurian (unit 731)
[ Digipack version bonus track ]
12. Wrong time wrong place (live from BYH festival)

 ヘヴィで粗野な音質による、パワー/スラッシュ・スタイルのインテンシヴ且つメロディックな内容。
 ライナーノーツ(英文ブックレット)を一切見ずにアルバムを一通り聴いて、「何となく、レヴュー記事とは若干違うイメージを持ったな~、でも、何となく、このヴォーカルは聴き覚えがあるような気が・・・と思っていた。そして実際にライナーノーツのバンドクレジットを見て得心した。ヴォーカル・クレジットに、GRIP INC. などで有名な“あの”故人・Gus Chambers の名前があったからだ。  ・・・ 自分としては、「忘れていて、思い出した」というよりは、これまでに「このアルバムに ガス が参加している という情報に触れずに、本作が名盤だという情報だけをデータとして購入を決めていた」という方が適切な表現内容である。
 ギターコンビは Lars Döring & Michael Schiel で、リズム隊は Michael Kasper(B) & Martin Buchwalter(Dr) である。
 アップテンポ/スピード・ナンバーよりもミッドテンポ・タイプの曲を多用し、ヘヴィネスとアグレッションを強調しているような内容で、SEを一部に使用する事でコンセプトアルバムとしての内容を匂わせている。
 点数は、83点。 B誌では小澤さんが82点を付けていた。(過去データの発見により、後付けにより編集付け足し)
 今回、音源をYT上で色々と探してみたのだが、結局1曲も見当たらなかったので、随分と久しぶりに「紹介音源なし」という形にしておく。
 また、「This album is dedicated to Andreas "Henner" Allendörfer」という文章も一部で見られた。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : THRASH METAL
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

SQUEALERのオリジナルのVoで、AFMレーベルの生みの親でもある(!!)Hennerさんは、ある日突然交通事故死してしまうんです。SQUEALERの音楽性を支えていたHennerさんを失ったことで、バンドの存続も危ぶまれていたときも、あったとかなかったとか。

個人的には、本作以前の、「AD」のつかなかった頃のSQUEALERのアルバムが大好きです。gusさんとも違う、濁声でがつがつ歌い上げるスタイルで、このころの音源はYouTubeで割と見つけやすいと思いますので、よろしければ一度チェックしてみてください。"Friends for Life" はトビアス・ザメットさんも参加している、隠れた良い曲です。

X(Peke) さん、情報ありがとうございます。

 情報ありがとうございます。 お蔭で、色々と過去情報を思い出せました。

> SQUEALERのオリジナルのVoで、AFMレーベルの生みの親でもある(!!)Hennerさんは、ある日突然交通事故死してしまうんです~~

 そう言えば、以前レヴューした PARADOX 最新アルバムのライナーノーツにもそんな内容の事が触れられていましたっけ・・・ 死亡に関する詳細の件については言及されていませんでしたが、「何となくそんな記事を見たような・・・」と、ようやく思いだしました。 言い方を変えると、「これまで SQUEALER には実質ノータッチでろくにチェックしていなかった」となるわけですが(大量汗)。


> 個人的には、本作以前の、「AD」のつかなかった頃のSQUEALERのアルバムが大好きです。~~"Friends for Life" はトビアス・ザメットさんも参加している、隠れた良い曲です。

 コメントを受け、早速調べ、色々と音源を聴いてみました。 "Friends for life" の音源も、、ようやく初めて聴きました。中々に優れた、テクニカル・パワーメタル・スタイルのドラマティックな曲ですね。

・・・・・・で、さっそく、SQUEALER(a.d. の付かない時代) のアルバムを、注文しちゃいました。 買い控えを目標にしているにも拘らず・・・ この収集癖、どうにかせんと・・・(爆死) メンドクサイので、後悔はしない事に決めて・・・(苦笑)
プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。