スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Coltrane and Friends' Calm-Sound's Elegance - 「crescent」&「with Hartman」

 テナーサックス奏者として名高い ジョン・コルトレーン のリーダー・アルバム2作(共にSHM-CD)を。   購入記事


John Cotrane and Johnny Hartman 「John Cotrane and Johnny Hartman」 (2011年SHM-CD)
 1963年に録音。 コルトレーン と J.ハートマン(Vo) 以下、マッコイ・タイナー(Pi) 、ジミー・ギャリソン(B) 、エルヴィン・ジョーンズ(Dr) といった布陣による。
オビ:「コルトレーンの溢れる歌心とハートマンの深いエレガンス。 それらが重なり合って紡がれた、究極のジャズ・バラード・アルバム。」

1. They say it's beautiful   
2. Dedicated to you
3. My one and only love
4. Lush life   
5. You are too beautiful
6. Autumn serenade

 バリトン辺りの低音域で歌い上げる というのが、男性ジャズ・シンガーのフォーマットである という偏見じみた要素は今でもさほど変わっていない ・・・などという、ありきたりな言い回しに落ち着くような雰囲気。 但し、アルバム全体の親和性とかバランス感覚は文句の付けどころが一切ない。
 点数は、 ・・・78点 と、2度聴いた頃までは思ったが、その後更に何度か聴き返してみて、80点 に修正するべきと判断した。


John Coltrane 「Crescent」 (2011年SHM-CD)
 タイナー 、ギャリソン 、ジョーンズ といった上記の楽器演奏陣により、1964年の4月27日と6月1日に録音されたもの。
オビ:「 「ベッシーズ・ブルース」、「ロニーズ・ラメント」など、人気オリジナル・ナンバーを収録。 黄金のクァルテットが最盛期に残した傑作。」

1. Crescent   
2. Wise one
3. Bessie's blues
4. Lonnie's lament
 
5. The drum thing

 コルトレーン によるテナーサックスのフレーズ以外にも、他の3人による耳を弾くフレーズが心地良い。  点数は、85点

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。