スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死と始まりを主題とする、北欧美旋律絢爛金属集団 - MORS PRINCIPIUM EST's 3rd & 4th

 フィンランド出身のメロディック・デス軍勢の一角、MORS PRINCIPIUM EST の最新作と、その5年ほど前に出ていた前作「Liberation=termination」を併せて紹介しておく。   購入記事


MORS PRINCIPIUM EST 「Liberation=termination」 (2007年)
 当時のバンドは、Jori Haukio(G/Programming) 、Ville Viljanen(Vo) 、Teemu Heinola(B)、 Mikko Sipola(Dr) 、Jarkko Kokko(G) 、Joona Kukkola(Key) というメンバー構成。
オビ:「再び禁断の扉は開かれる・・・ メロデスの域を超越し更なる境地へと足を踏み入れた注目の3rdアルバム。 「モルス・プリンシピアム・エスト」の強烈なる哀感を以て描く驚愕の次元!

1. Orsus   2. The oppresssd will rise
3. The animal within
4. Finality
5. Cleansing rain
6. Forgotten   7. Sinners defeat
 
8. The distance between
9. It is done
10. Terminal liberation   
11. Lost beyond retrieval

 珍しく日本盤用ボーナストラックが無い仕様 というのは、ある意味潔さがあって良いとも思う。
 1.は 2.の、6.は 7.のイントロ的なインスト。 11.はアルバムのアウトロを担うインスト。
 点数は、82点。 B誌では、山口さんが77点を付けていた。


「...And death said live」 (2012年)
 本作制作までの5年ほどの間に、ヨーナ(Key) が脱退、更にギタリストが何度も入れ替わり、ヤルコ・コッコ も完全にバンドから離れる,といった目まぐるしい状態だったらしい。 ヴィレ 、テーム 、ミッコ の3人は不動。
オビ:「死は始まりにすぎない フィンランドが誇る新世代メタル・バンド「モルス・プリンシピアム・エスト」突き上げる衝動 乱舞する慟哭 そして 辿り着いた孤独 墓碑銘(エピタフ) に刻まれた言葉は 果てなき明日へと語り継がれる・・・

1. The awakening   2. Departure
3. I will return
4. Birth of the starchild   
5. Bringer of light   
6. Ascension
7. ...And death said live
8. Destroyer of all   
9. What the future holds?
10. The meadows of asphodel
11. Dead winds of hope
[ Bnus track for Japan ]
12. The call

 4.では、このバンドのファンという BLACK DAHLIA MURDER の Ryan Knight がギターソロで参加している。
 12.は BACKSTREET BOYS のカヴァー。以前に PARAGON が別の曲を見事な作品にアレンジし切っていた が、これもなかなか素晴らしく仕上がっている。
 若干ブラックメタル気味のパートも盛り込まれつつ、駆け抜けていくようにメロディが展開されていく・・・ シンフォニック/ドラマティックな要素が前作と比べて減退し、よりストレートなメロデス風になっているイメージがした。
 点数は、88点。 B誌では、Kawaiさんが78点を付けていた。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : MELODIC DEATH
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。