スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Roland Kirk's 2(Live and Somethings)

 「ラサーン」の愛称を持つ ローランド・カーク(Roland Kirk) のソロ名義のアルバム2作を。共に、日本初CD化 である。   購入記事

Roland Kirk 「Rahsaan, rahsaan」 (1970年)
 1970年5月11日、12日に収録。
オビ:「 「黒人音楽としてのジャズ」を全面的に打ち出した鬼才カークの意欲作。前半は17分を超える組曲、後半は名門ジャズ・クラブでのライヴで、有名スタンダードのメドレーなどが聴かれる。」

1. The seeker:
  ⅰ.Black classical rap
  ⅱ.The seeker
  ⅲ.Thank you, Bird
  ⅳ.New Orleans
2. Satin doll
3. Introduction
4. Medley:
  a) Sentimental journey
  b) Going home
  c) In monument
  d) Lover
5. Sweet fire
6. Introduction
7. Baby let me shake your tree

 点数は、76点。 ライヴというのは分かるのだが、喋り というか、MCが長過ぎ というように思ったので。 インスト・ジャズならば、もっと楽器演奏を聴かせて欲しい と思うので。

 続いて、もう一つの「Jazz collection 1000」シリーズ第4弾作品を。

「Other folks music」 (1976年)
 1976年3月収録。
オビ:「渦巻くハープと荘厳なチェロの響きが印象的なカーク晩年の人気盤。スピリチュアルな「エニシャ」、サンバ・リズムに乗った「ドナ・リー」、ドラムが冴えるワルツ「シモーネ」など、聴きどころ満載。」

1. Water for Robeson and Williams
2. That's all
3. Donna Lee
4. Simone
5. Anysha
6. Samba kwa mwanamke mweusi
7. Arrival

 点数は、78点

 ローランド は、今回紹介した2作で、共にハーモニカやフルート、テナーサックスなどの数多くの楽器をこなしている。共演ミュージシャンの数は共に多いため、割愛しておく。

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ジャズ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。