スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Higgins & Marcus Playing on Cool Covers

 エディー・ヒギンズスティーヴ・マーカス それぞれの、有名なアルバムを。
 共に、日本初CD化 である。   購入記事


Eddie Higgins Trio 「Soulero」 (1965年)
 1965年8月25日録音。 「Jazz Best collection 1000」シリーズの第1弾。
 ピアノの エディー と、リチャード・エヴァンス(Richard Evans, B) 、マーシャル・トンプソン(Marshall Thompson, Dr) のトリオ編成による。
オビ:「一連の日本制作で人気を獲得したヒギンズが、60年代半ば、アトランティックに残したソウルフルなピアノ・トリオ名盤。フォスターの名曲「ビューティフル・ドリーマー」のポップなアレンジも秀逸。」

1. Tango africaine
2. Love letters
3. Shelley's world
4. Soulero
5. Mr. Evans
6. Django
7. Beautiful dreamer
8. Makin'whoopee

 点数は、82点。 タイトル曲にしてもそうだが、かなりソウル・ミュージック系の要素もある。


Steve Marcus 「Count's rock band」 (1969年)
  1968年 5/9, 5/15 録音。 「Jazz Best collection 1000」シリーズの第4弾。
オビ:「これぞジャズ・ロック! グルーヴ感溢れるロック・ビート、レイドバックしたリズム、ラリー・コリエルの電気ギターも炸裂する、スティーヴ・マーカスの超人気盤。サイモン&ガーファンクルの「スカボロー・フェア」のカヴァーも話題。」

1. Theresa's blues
2. Scarborough fair
3. Drum solo
4. Ooh baby
5. C'est ca
6. Back street girl
7. Piano solo

 本作で スティーヴ はソプラノサックスとテナーサックスをプレイしている。他の参加メンバーは数が多いので割愛しておく。
 ダイナミズムに富んだ、ジャズ/フュージョン/ファンクの要素を取り込んだ、奔放な内容。 メタルまで聴いている自分としては、「ロック」という要素は若干感じた程度であるが。 点数は、79点

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村


(今回、久しぶりに曲の動画を貼り付けなかったのは、エディー・ヒギンズ「soulero」収録曲の音源がYTで見つからなかったから)
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。