スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MJQと、他の実力派アーティストたちとの共演(合計2000円)。

 先の記事で若干触れていた MJQことモダン・ジャズ・カルテット が、他のアーティスト/バンドを招いて共に作ったライヴテイク集を。  購入記事

THE MODERN JAZZ QUARTET & Sonny Rollins 「At music inn guest artist: Sonny Rollins」 (1959年初盤)
  1958年8月3日 & 同年9月3日のライヴ曲の録音(共に、マサチューセッツ州「Music inn」でのライヴからのテイク)。
オビ:「秀逸なジャケット、極めつけのバラードメドレー、ロリンズが加わった2曲で定評あるMJQの人気盤。全編にわたって見事な構成美と高い完成度を誇る演奏を展開。」

1. Medley:
   a) Stardust
   b) I can't get started
   c) Lover man
2. Yardbird suite
3. Midsömmer
4. Festival sketch
5. Bag's groove
6. Night in Tunisia
 
 点数は、82点。 音源がYouTube上で発見できなかったので、次に紹介するアルバムも、同じく音源の紹介はしないでおく。


THE MODERN JAZZ QUARTET & The Oscar Peterson TRIO 「At the Opera house」 (1958年)
   2012年日本初CD化,1958年アメリカ国内による初盤。
オビ:「J.A.T.P.による57年のステージからの、MJQとピーターソン・トリオの演奏。 ライヴ・ステージならではの寛いだ雰囲気の中で、両バンドの神髄が存分に味わえる。」

1. D & E
2. Now’s the time
3. ‘round about midnight
4. Should I love you
5. Big fat mama
6. Indiana
7. Joy spring
8. Elevation

 1. - 3. が MJQ 、4. - 8. が オスカー・ピーターソン・トリオ による演奏。 
 点数は、81点

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。