スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

傘寿を超えし者による、剣と十字架による壮大な金属交響詩篇 (C.Lee's Inspiration from RHAPSODY)

 RHAPSODY OF FIRE との共演でドラマティック/シンフォニック・メタルの世界に触れた、クリストファー・リー 御大による、シンフォニック・メタル・プロジェクト「Christopfer Lee's CHARLEMAGNE」のアルバムを。  購入記事

Christopher Lee's CHARLEMAGNE 「By the sword and the cross」 (2010年)
 Marco Sabiu 作曲、Marie-Claire Calvet 作詞 という構成チームのペンによって仕上げられた(ボーナストラックを除くアルバム本編に限る)。

1. Overture
2. Act Ⅰ: intro
3. Act Ⅰ: King of the Franks
4. Act Ⅱ: intro
5. Act Ⅱ: The iron crown of Lombardy
6. Act Ⅲ: intro
7. Act Ⅲ: The bloody verdict of Verden
 
8. Act Ⅳ: intro
9. Act Ⅳ: The age of oneness out of diversity
10. Act Ⅴ: intro
11. Act Ⅴ: Starlight
12. Finale
[ Bonus tracks ]
13. Iberia
14. The bloody verdict of Verden (inst.)

 公式サイトにある動画は、インタヴューやリハーサルシーン以外では唯一 7.があるのみである。
 MANOWAR に通じるような壮大な、また BLIND GUARDIAN に通じるような映画音楽的な世界観は、EUROPEAN CINEMATIC SYMPHONY ORCHESTRA & CHOIR との共演によってなせる業である。
 点数は、80点。 悪いというわけではないが、何というか・・・ 「とても良い」というわけでもない。 標準レヴェルは上回っているけど「それで当然」と感じられる部分が非常に多いので・・・

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。