スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Prog-Funk/Fusion (a little-blues) 1st Tag's Material (Kotzen/Howe)

 「フュージョン・ロック」とか「ファンク・メタル」とか、或いはそれに類するスレッドテーマが全然見つからないので、やむを得ずにスレッドテーマを「Progressive rock」として、今回の記事を載せておく。

 リッチー・コッツェングレッグ・ハウ による、初のコラボレーション作品。   「Kotzen / Howe PROJECT」のレヴュー記事   購入記事


Richie Kotzen / Greg Howe 「Tilt」 (1995年初盤,2010年SHM-CD盤)
 サウンドプロダクションは、グレッグ&リッチーの共同。
オビ:「二人の天才ギタリストが奇跡の融合!! リッチーVSグレッグの驚愕のギター・バトルは異次元レベル!! ロック、フュージョン、ファンクが高次元で融合し、超絶テクニックに溢れた究極のギター・デュオ・インスト! 寸分の隙間も無い音数の嵐、宇宙レヴェルで繰り広げられるギターバトルは、あまりにスリリングで美しく、圧倒的な緊張感に溢れている!!

1. Tilt
2. Chase the dragon   
3. Tarnished with age
4. Outfit
5. Contusion
6. I wanna play
7. Seventh place   
8. O.D.
9. Full view

 ベースは、2., 4., 6., 8.で リッチー が、他の曲では グレッグ が担当している。キーボードは全て グレッグ 。
 ドラムは、1., 3., 5., 9.で ジョン・ドマン が、2., 4., 6., 8.で アトマ・アナー が、そして 7.で ケヴィン・ソフェラ が叩いている。 また、6.には、一部でリッチーの声が録音されている。
 極めてテクニカルなフレーズ、好き放題縦横無尽に暴れるギター&ベースのメロディ展開、転調や変則リズムなど、非常にインテンシヴなギターオリエンテッドの作風となっている。
 点数は、86点。 これほど緊張感溢れインストものには、そうそう出会えない。


にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村



 当プロジェクト第2作「Kotzen / Howe Project」 の音源を、ここで紹介しておく。
(08. crush)    

(09. accessed)    
スポンサーサイト

テーマ : PROGRESSIVE ROCK
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。