スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Family of Arcanic Power -Ⅲ (9 - 11話)

 アニメ「Arcana Familia」の記事を。 いよいよ「アルカナ・デュエロ」が始まろうかという展開になり、第2期が続きそうだ ・・・というところで、「第12話が最終話」と聞いたので、予定を急きょ変更して11話までの3話を出しておきたい。


9話の冒頭で、エルモ少年がジョーリィの創り出したホムンクルスだという事をフェリチータ達は知らされる。
 また、別の所ではフェリチータの実父、パーパ こと モンド が倒れ、一時昏睡状態に。妻のスミレとジョーリィ&ダンテはその理由を知っていた。
 「モンド(世界)」のタロッコ(カードの事)と契約しているパーパは、契約者の存在しないタロッコに対して自らの精神力を供与する宿命が課せられているため、精神力の消耗が普段から激しかった。そして、かつて幼少時、昏睡状態の父を救おうとしたスミレの命を無意識的に「運命の輪」のタロッコ能力を発動して救ったフェリチータは、その代償に記憶の一部を失っていたという。ジョーリィはモンドの精神負担を軽減させるがために、クラディールの偽名(多分)を使って暗殺ギルド「ラフィン・コフィン」に入ってまでして(違)、こっそりと新見の研究所に潜り込んで平助に変若水を(違)、 ・・・・・・とにかく、タロッコの契約者を探し出すという研究を続けていたのだった。 (相変わらず グダグダ というよりも、グチャグチャ である)
 早くカードの契約者を探すことでパーパからの精神力供与を断ち切らないと、パーパの精神力がいずれは尽きて昏睡状態に陥る。 そんなジョーリィとダンテの話を聞いてしまったフェリチータは、“自らの身体に宿るもう一つのタロッコである、「運命の輪」 ”を発動させて父の命を救おうとした。 そして・・・
 今回での数ある見どころの一つは、回想シーンでの青年時代のモンド(cvが立木文彦さん という事は変わらず) と少年時代のジョーリィ(cv: 村中 知) 、そして青年時代のダンテ&ジョーリィ(=絶対可憐チルドレン の、桐壷親バカ局長 & 兵部京助) の姿 である。 (当然、ルカのcvは、中村悠一≒皆本)
 思い出話の中で「お前は、安全な所に隠れていろ!」というダンテに対し、少年時代のジョーリィが「この島で一番安全な場所はアンタの後ろだよ、モンド!」と返し、モンドが軽く笑って返すというシーンがあった。そこが、一番ピックアップしたい箇所である。


いきなり、父の精神を助けようとして迷わず「運命の輪」の能力を使ったフェリチータが“物言わぬ人形”のような状態となった所から10話は始まった。
 何故か生まれながらにして2つのタロッコの契約状態にあったフェリチータについて、古参ファミリーのジョーリィ&ダンテは 「能力の代償を説明しなかったのか、兵部!」「こうなる事は予測出来たんじゃないのか?」 - 「さあねえ~~ぇ、どうだと思う、桐壷君?」 と限りなく近い掛け合いをした ・・・かどうかは不明。
 フェリチータを心配するエルモ少年( 「塔」のタロッコと契約している)の「記憶を取りに行く事は、出来ないんですか?」という質問に、「“記憶を取りに行く”か・・・ そういう考えをした事は無かったな。」とジョーリィは静かに答えた。
 また、他のファミリー構成員に対して、ダンテが「お嬢様は、パーパの命を救うために代償として記憶を失った」という内容を説明。 起き上がってきたモンドはジョーリィに「お前が常に俺の事を考えているのは解る、だから俺はお前を恨めない。だが、俺はお前を許さない!」と怒鳴りつけるのだった。
 「能力を行使した相手の記憶に介入する」という能力を持つタロッコ「月」と契約しているジョーリィは、その事を知らされたリベルタ&ノヴァからすかさずお願いされた事もあり、フェリチータの混濁した意識の中にダイヴしていく。 また、続いてモンドが「世界」のタロッコ能力でジョーリィの「月」能力を最大まで高めた事で、漸くフェリチータの意識の場所まで辿り着く。 そして、

「アリアァァァアアアアアア!!!」 ( ← 流川楓@SLAM DUNK?)
「アリアは俺のものだ、俺がアリアを守る!!!」 ( ← 青峰大輝@黒子のバスケ?)
「何だ、お前らは。」 (Gi)
「おいそこの聖闘衣着てバスケットボール持ってる2人、そこにいる女は俺の娘、フェリチータだ。」 (Mo)
「アリア俺と行こう、世界を救いに! 絶対に俺は、新手バスケ漫画/アニメの敵キャラなんかには負けないからな!!!」
「ふざけんな光牙ァァァアアア!!! アリアを守るのは俺の役目だ!」
「お前ら・・・・・・ 出て来る所間違ってんぞ?」
「・・・多分、KVが「聖闘士星矢 Ω」のレヴュー記事を全然書かないから、こうやって他の場に出て来ざるを得なかったのかな・・・?」
「だったら、アイツラも随分と難儀なもんだねえ・・・・。」


(瞳と髪の青い少女、現れる)
「ごめんなさい、あの2人ったら、私とあの人を間違えて・・・・・・  光牙、エデン、貴方達2人とも私の方を見てー!」 (おバカ大全開バトルを始めた2人のもとに駆け寄って行く)

(緑の髪の妙齢の女性、登場)
「あー、アンタには危ないからあの2人をこの場から連れ出すのはアタシに任せな、アリア。」

「「じゃああんた、責任もってあそこで聖闘衣纏ってバスケのゴール合戦始めた(多分)新旧キャラをそちらの方の世界に連れ帰ってくれ。」」
「ああ、解かってるさ。」 
 
 
 ・・・で、あとから、代永さんと福山さんの共演キャラが合流してくるので、

「「ボクら、「えむえむっ!」の、変態コンビでぇーっす!」」
「「お前ら、どんだけ説教されたいんだ!!!!」」


・・・・・・とにかく、リベルタとノヴァの活躍もあって、無事にフェリチータの記憶は戻るのであった。

 ファミリーのメンバーから感謝の言葉を貰うも、「礼を言われる筋合いはない。尻拭いをしただけだ。」と、全てが計算の内にあったようにビシッと決めるジョーリィであった が・・・・・・ どうやら、フェリチータの「アルカナ能力行使の技術」はまだまだ未熟なようで、結局は彼女の精神力が足りない分、パーパの「モンド(世界)」のタロッコとの関係性を破壊するまでには至らなかった様である。


そして、11話でフェリチータは、「恋人」のタロッコから「運命の輪の代償を相殺しても良いですよ。」と話を持ちかけられるのだった。
 「運命の輪」のの効果や使役の制御は難しいのだが、タロッコのアドヴァイスによると「恋をすれば良い」との事。 激しく悩むフェリチータは、周囲からの様々な情報(ジョーリィからのアドヴァイス含む)によって、ノヴァとリベルタ、いずれかを相手に選ばねばならないと悟って行く。
 取り敢えず、「お嬢の快気祝い」として海釣りに出かけた少年少女3人衆は、時化に遭って無人島に遭難し、リベルタが一大決心して“お嬢の為に”アルカナ能力を積極的に発動する。
 そんな様子を見ていたノヴァは遂に、自らのアルカナ能力を使って「自分の良心を目覚めさせる」事を決意する。
 ジョーリィによると、「過去に能力を暴走させた時以上に強い力で両親の目覚めを願えばいい」という、理論上は非常に単純なものらしい。とにかく、ノヴァが「死神のカード」の能力を発動させてからその効果が見えるまでの間に、いよいよバトル良いやるが始まってしまう。
・・・・・・・・・そして、何故か次回が最終回になるらしい。

にほんブログ村 アニメブログへ   にほんブログ村 アニメブログ 声優へ
にほんブログ村    にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : アルカナ・ファミリア
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。