スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「薄桜鬼 黎明録」 第3・4話

 オリンピック放送の都合で、「薄桜鬼 黎明録」は4話放送の後、2週間休む事に。


というわけで、第三話と第四話の二つを纏めて。
 ギルガメッシュを抱え込んだ言峰綺礼の働きによって、壬生浪士組は会津藩お抱えとなる事が決まった。その祝いとして芹沢は普段からの仲間以外にも土方・近藤派に居る永倉を誘う。あまり気の乗らない永倉は、ジョーリィ&デビト(@アルカナ・ファミリア) を強引に誘い、更に茂野吾郎(@MAJOR) と若松孝輔(@黒子のバスケ) も強引に誘う。
 会席で、沖田が芹沢に対して「斬る」「殺す」などの挑発的な言動を発するが、芹沢は全く意に介さず「お前の「殺す」は、恐くない。人を殺した経験を持つ土方や斉藤の方がよっぽど恐いな。」と評し、一蹴する。
 井吹が一度会席の場から離れ、戻ろうとする所、舞子の小鈴が芹沢に強気な発言をしたために逆鱗に触れて殴られそうになっており、小鈴を庇おうとして間に飛び込んだギルガメッシュが代わりに綺礼から殴られた。( ← もうええっちゅうねん)
 そして、クライド・ハラオウンが会席の場で暴れた件の事でゲンヤ・ナカジマと土方副局長が(以下略)
 取り敢えず、浪士組は「近藤・芹沢・新見 の3人が局長を、土方と山南の2人が副長を務める」という体制で動くと決まり、局中法度が2副長によって制定される
 また、沖田総司は昨夜の件のせいで「殺す」などの殺伐とした言葉を好んで用いるようになり、一刻も早く殺人者のオーラを纏いたいと願うようになり、そして近藤と土方から落ち着くよう諌められ、怒りの強く混ざったどうしようもない気持ちに駆られて(夕食の途中で)屯所を飛び出す。


第四話冒頭にて、近藤局長は低姿勢を一切崩すことなく、一人で沖田を探しに行こうとする。 捜索に只一人付いてきた井吹に、近藤は沖田の身の上話を始める。
 武家に生まれた総司は、両親が早くに亡くなり、姉と離れて試衛館に預けられる形となったが、実質は使用人としての扱いを受けていた。
 兄弟子たちから稽古に名を借りた折檻(虐待?)を受けていたが、それでも総司の眼光はずっと光り、研ぎ澄まされていた。
 お人好しの近藤は何度か止めようとしたのだが、父親の周斉から「甘やかす必要は無い」と咎められていた。兄弟子たちの剣筋から目を逸らさず「隙あらば」と機を窺っていた総司は、とある兄弟子との一対一の勝負稽古で勝利を収め、その後周囲から一目置かれるようになる・・・

 日が変わり、井吹が芹沢と共に居る時、芹沢の配下にいた筈の殿内が「芹沢さんが近藤・土方・山南を気に入らないのなら、自分が近藤を殺しても良い」と話を持ちかけてきた。その内容を聞いた芹沢は一計を講じる。
 沖田総司に「殿内が近藤の命を狙っている」と情報を漏らす芹沢(この時、井吹も芹沢らと同じ場所にいた) 沖田は「意外と親切な所があるんじゃないですかぁー、芹沢さん・・・」と素直に感謝しながらその場を立ち去り、殿内に接触。まんまと「士道不覚悟の隊士を粛清」する事で芹沢の望み(=目論見)通りに、人殺しの初体験をする。
 井吹から話の概要を聞いた土方達は、黒幕が芹沢だと断定、文句を言いに部屋に乗り込んだ。
 悪びれもせずに堂々と自分が黒幕と言い張った芹沢は「士道不覚悟」の規律に違反した殿内を死罪にする事が当然だとして、昨日沖田に「江戸へ帰れ」と言った土方と近藤に「江戸に帰らなきゃならんのは、お前たちの方じゃないのか?」と論駁。
 それに対し、近藤は「自分がどれだけ甘いと言われようが、アイツに“仲間殺し”の汚名を着せたくなかった! それが偽らざる本音です・・・」と、沖田総司をあくまで人として・家族と見做す発言をする。
 そんな近藤局長に対して、土方、芹沢、また井吹も、それぞれの想いを、決意を定めていく・・・・

(次回放送は、8/13)

にほんブログ村 アニメブログへ   にほんブログ村 アニメブログ 声優へ
にほんブログ村    にほんブログ村

 中田譲治さん、関智一さん、あと大川透さんも、相変わらず失礼・・・ というか、以降もまだしつこく続きますが(←オイ)
 遊佐さん・吉野さん・森久保さん・鳥海さんも、相変わらずスミマセン。。。
 また、坪井さんを声優ネタにかけなかったのは、うまく関連性を導き出せるセリフが思いつかなかっただけです(爆)
スポンサーサイト

テーマ : 薄桜鬼 黎明録
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。