スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Reunion of Shadowmaking Wildrunner - RUNNING WILD

 嘗て、活動を完全休止することを宣言していた RUNNING WILD だが、バンドのブレイン・ロックン・ロルフ(Rock'n'Rolf) こと Rolf Kasparek が創作意欲を滾らせてその活動を宣言(結局、休止期間は2年前後だったか)。
 その後、そこそこの時間を掛けて作り上げた新作「Shadowmaker」を、今回紹介しておく。

バンド公式サイト   購入記事


RUNNING WILD 「Shadowmaker」 (2012年)
 全曲を作詞作曲した ロルフ に加え、MEAT LOAFSCORPIONS 等に在籍していた事もある Peter "PJ" Jordan(G) 、YARGOSUli Jon Roth に在籍していた事もある Peter Pichl(B) 、そして、RWのメンバーだった事もある Matthias "Metalmachine" Liebetruth(Dr) を加えての4人編成。

[ CD side ]
1. Piece of the action
2. Riding on the tide   
3. I am who I am   
4. Black shadow
5. Locomotive
6. Me & the boys
7. Shadowmaker
8. Sailing fire
9. Into the black   
10. Dracula

[ DVD side ]
―・ The making of 「Shadowmaker」
―・ Track by track commentary by Rock'n'Rolf


 あくまでも、「へヴィメタルの教科書の内容を踏襲した」力強さや勇壮さのある曲に溢れている。 しかし、「全盛期のアルバム」の領域には、やはりあと少し及んでいないか,と。 1.や 5.もなかなかカッコいい曲だ。
 また、曲それぞれがそれぞれ別個に独立したコンセプトものになっているような雰囲気を感じた。
 SPVレーベルが配布しているのはインタヴューとかばかりで、所属レーベルからの曲の公開というのはやっていない様子。
 DVD中での会話内容は、全てドイツ語。 ・・・・・・歌っている際の歌詞は当然英語だが。
 点数は、81点。 B誌では、確か思いっ切りスルーされていた。


にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。