スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奇跡にも近い劇的復活を果たした、GOTTHARD の新作「Firebirth」

 スイス生れにして 故スティーヴ・リー と声質の似ている ニック・メーダー(Nick Maeder) をヴォーカリストに迎え、華麗な完全復活を果たした GOTTHARD の最新アルバムを。

 つい先日まで車内でヘヴィローテーションして聴きまくっていた。


GOTTHARD 「Firebirth」 (2012年)
   購入記事
オビ:「新生ゴットハード、遂に始動!! 炎の中から蘇れ、不死鳥たち!! スティーヴ・リーの悲劇的な死を乗り越え、再び最前線に躍り出る5人の男たち。 ニュー・シンガー、ニック・メイダーをフィーチャー、ルーツに立ち返った大傑作!! 日本盤のみボーナス・トラック2曲追加収録。

1. Starlight
 
2. Give me real
 
3. Remember it's me
 
4. Fight
5. Yippie aye yay
6. Tell me
7. Shine
8. The story's over
9. Right on
10. S.O.S.
11. Take it all back
12. I can
13. Where are ou
[ Bonus tracks for Japan ]
14. Starlight (acoustic version)
15. While my guitar gentry weeps

 14.は、ただのアコースティック版というわけではなく、ブルースっぽく感じた。それっぽい音色を持つアコースティックギターを使用しているとか、このトラックで使ったオリジナルのフレーズ・パターンが原因 ・・・って、それは要するに、殆ど確信犯的なものって事か!
 15.は、インスト。
 点数は、94点。 B誌ではクロスレヴューされており、小澤82 - 広瀬89 - 幅90 だった。 小澤の点数が低いと思うのは、小澤自身の好みがもっと激烈なものだから なだけだろう。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : メロハー
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。