スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dragonic Fantasium -THERION「sitra ahra」

 北欧の暗黒世界を牽引するシンフォニックメタルバンド、THERION の現時点での最新作を。

 上の行で“バンド”と表現したが、リーダーである クリストフェル・ヨンソン 以外のメンバーによるアイディアのインプットが数作前から多くなってきており、メンバークレジットも「あくまでもバンド」という形式にしているので、まさに THERION は“バンド”として機能している と言える。


THERION 「Sitra ahra」 (2010年)


1. Sitra ahra
 
2. Kings of Edom
3. Unguentum sabbati
4. Land of Canaan
5. Hellequin
6. 2012: return of the feathered serpent
7. Cú Chulainn
8. Kali yuga - part3 Autumn of the aeons
 
9. The shells are open
10. Din
11. Children of the stone: after the inquisition

 ゲストヴォーカルとして、ローリ・ルイス(Lori Lewis) と スノーウィ・ショー(Snowy Shaw) 、それ以外にも、デスメタル調の 10.のリードヴォーカルとして ミーカ“ベルファゴール”ハーコラ(Mika "Belfagor" Hakola) に参加を要請するほか、ペター・カールソン(Petter Karlsson) や リネア・ヴィクストロム(Linnea Vikström) など北欧周辺での実力者を多数起用し、少年合唱団やストックホルム・セッション・ストリングス、更にホーンセクションも動員して、ダークでシンフォニックなメタルを演出している。 4.でハーモニカを吹いているのは、マッツ・オーベリ(Mats Öberg) 。
 5.と 9.は、正直「どうなんだろう?」と思ったし、11.でも「メロディックというより、ポップという方がしっくりくるメロディ展開」があったし、そういう意味であまり「THERION らしくない、しかもあまり良い曲とも言えない」のが含まれていたし、本来既に失われた筈のデスメタル調の曲が前作に続いて復活するなど、良い意味でも悪い意味でもヴァラエティに富んでいる内容。
 点数は、86点。 B誌では、小澤さんが81点を付けていた。


にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : MELODIC DEATH
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。