スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wordless Wings-Fusioned tunes  (T-SQUARE's Latest & 2Anthologies)

 「Truth」「Chaser」(F1テーマ曲)などで有名な、日本が世界に代表する最古参インスト・フュージョン/ジャズ/ロック・バンド、T-SQUARE の、最新アルバムと、これまでに出した多数のベスト/アンソロジー・アルバム2枚を。

 何と言うか・・・ 「聴くのは大分後回しになってしまった」感がして、しょうがない。 いや、実際に死蔵期間は長かっが。 (6月1日に買っていながら、3週間以上経過していたし)


T-SQUARE 「Wings」 (2012年)
 オビタタキ と言えるほどの大した紹介文は付いていなかった。

[ Disc-1(super audio CD Hybrid) ]
1. Heroes
2. The bird of wonder
3. The flight of the phoenix
4. Sunshower
5. 夏の足音
6. Cheer up!
7. Tell your story
8. Sympathy
9. flashpacker
10. Fast break

[ Disc-2(Blu-spec CD) ]
1. Truth (THE SQUARE era - version)
2. Universo interior -saudade mix

 かつて エリック・マーティン をヴォーカルに指名して "Truth" の英語詩付ヴァージョンを "Tell the truth" とタイトルを変えたもの を紹介した事あったが、今回は その "Truth" のポルトガル語詩ヴァージョンの、しかもボサノヴァにかなり近い風のアレンジが収録されており、全く違う雰囲気の曲として聴こえる。
 点数は、(極めて個人的な判断で)78点。 ・・・後述の2作と比べてスウィング感とビート感覚があまり無く、ポップさが増しているのが大きな要因。 というか寧ろ、これまでに何十枚もアルバムを発表してきたバンドならば、これくらいのマンネリ点数にとどまっている事も“そこそこ十分”ととらえる意見も十分あるかもしれないが。 ・・・しかし、自分自身としては、「1番目に」「2番目に」良い曲と感じたもの というのが、ボーナス・ブルースペックCD収録の2曲 だったので・・・

 次の2作は、紛れもなく、完全インストものである。
購入記事 ← ミニコメントにあるように、死蔵などせずにたまに聴いたりはしていたが・・・ ブログ開始後に買ってから、実に1年半もの間放置していたとは・・・


THE SQUARE / T-SQUARE 「Wordless anthology Ⅳ -Masahiro Andoh selection & remix」 (2006年12月6日)
 
オビ:「偉大な歴史の集大成!! 大好評だったシリーズの7年振りの続編登場!  1997~2000年に発表された4枚のオリジナル・アルバムの中から安藤まさひろが自ら厳選。DSDマスタリングにより、名曲の数々がダイナミックな音像で、更にリアルなサウンドで蘇る! 2006年New Mix 2曲収録。 “安藤まさひろ”本人による解説付き。」

1. Bad boys & good girls (2006 new mix)
   
2. Tooi taiko
3. The seven wonders
4. Sailng the ocean
5. Praise
6. Explorer
7. Make it stoned
8. A day in blue
9. Scrambling
10. A dream in a daydream
  
11. Man on the moon (2006 new mix)

 次に述べる「Ⅴ」に同じく、最新アルバムと比べてスイング感もフュージョンらしさ溢れるフレーズが随所で聴かれる。
 点数は、83点。 


THE SQUARE / T-SQUARE 「Wordless anthology Ⅴ -Masahiro Andoh selection & remix」 (2006年日)
 
オビ:「偉大な歴史の集大成!! 大好評だったシリーズの7年振りの続編登場!  2000~2004年に発表された5枚のオリジナル・アルバムの中から安藤まさひろが自ら厳選。DSDマスタリングにより、名曲の数々がダイナミックな音像で、更にリアルなサウンドで蘇る! 2006年New Mix 2曲収録。 “安藤まさひろ”本人による解説付き。」
 前述に同じく、メロディラインがだんだんポップス/メロディック寄りのフレーズになっているんだから、ある程度は「ジャズじゃない」要素が強まる事も予想してしかるべきなのだが・・・ 

1. Friendship
 
2. Safari
3. Maybe tomorrow
4. Despedida
5. Toys
6. Soft madness
7. Down to Memphis
8. Hit the streets
9. 嵐の少年
10. Eurostar ~Run into the light~ (2006 mix)
11. Dream weaver (2006 new mix)
   
12. Future maze


 オビタタキの文章通りの、圧巻としか言えない内容がある。 しかし、このマテリアル集の中での、更に突出した武器や防具(強力な「これぞ」というべき名曲)が無い以上は、何とも埋め合わせ難い・・・ スイングしているかどうかと言えば、これでもまだ「していない」としか答えようがない。 後、少し余計な事を言えば、「Ⅳ」の時期がたまたま、ダンス/ポップ/ニューミュージック系(自分の好みから大きく外れているジャンル) からの外部影響がそこそこあった という事か。
 点数は、83点。 

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : T-SQUARE
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。