スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エリアの騎士 9-12話

 「エリアの騎士」がBS朝日でも放送が始まり、既に2か月(≒10話前後)が過ぎ去った。 「エリ騎士」記事の初回(前回)記事は随分とヒドイ内容だったが・・・(爆) ともあれ、9話から11話までの3回分を纏めて。 あと、出来るだけマジメに(←)

 なでしこジャパンのお目見えとなった9話では、三島奈々が なでしこジャパンのキャプテン・一色妙さんと五島監督からチームへの参加を誘われる。
 親善試合で なでしこジャパンが闘う相手、マイアミ・ハリケーンズとの試合の途中から、三島が参加してくる。 走りのフォームがやけに素人っぽい描かれ方をしていたのが気になるが、それはともかく、三島の活躍でなでしこは勝利を収める。
 その後、ちゃっかりと江ノ高サッカー部の合宿先に合流した三島は、雨流龍之介ウェイバー・ベルベット(Fate、但しstaynightの)アサシン、そしてその他大勢と宿を共にする。
 デブが華麗にあしらわれたのはともかく。 「FC合宿の恒例行事」として、女湯覗き見と肝試しのイヴェントが開催される。 秋瀬或と高坂王子、その他多数が覗き見に行く所を、9話では特に影の薄かった主人公が止めに入ろうとして一向に付いて行き、ウェイバー(?)がそんな連中を怒鳴り散らして追い帰すと、「外が騒がしいわねー」と三島が風呂場の窓を開け、外を確認する。その場に唯一取り残された、浪川大輔さん演じる織田諒真は、激しいとばっちりを受けたのだった・・・
 そして、同じく(2012年)5月後半の辺りの時期、「緋色の欠片」で浪川さん演じる男が主人公の女から風呂場での上半身裸を見られ、「ZETMAN」では浪川さん演じる主人公は女と互いに全裸になって抱き合っていた というのは、すでに ZETMAN記事 で披露した事だがwww

 
 9話でのなでしこジャパン9番選手は、「未来日記」(神奈川県下で行われたサヴァイヴァルゲーム)の1st、天野雪輝を演じた富樫美鈴さん。そして、同じく9話での「なでしこ6番」の選手は、一色まゆ さんが担当していた。
そしてなぜか、“例の1st”こと 富樫さんは、「エリ騎士」10話 では 6番を担当していた。 また、イキシビジョン・マッチ10話での「なでしこ9番」は、本間ゆかり さん(8番は、折戸マリさん)。 何度も観て確認したのだが・・・ 何というか、良いのか? と思ってしまうのだが。。。(ややこしいと思うんだけど?)
 ドイツ・フランクフルトのミーナ・マイヤーは、池澤春菜さん。
 そして、江ノ高の教員の中に、シャナシリーズで地味目の活躍をしていた(中華FH・虞軒と百鬼夜行のゼミナ)、慶長佑香さんがクレジットされていた。
三島奈々&峰綾花:「「何でだろう、私たち2人が揃ってこっそり顔を見に行きたい女性教員が(体育教師の中に)いる,と思ってしまうのは・・・」」

 また、織田・兵頭・荒木は学校のクラスが同じで、近藤(元)監督は2年の授業を担当しているが、教科は不明。

 ミーナと三島奈々が(三島の将来の事を)話し合うシーンは、字数にして半分以下にカットされていた。ありがたみや感動はともかく、説得力が薄れた

 11話では、荒木が太ったままでいる事やそれを容認している風にも見える岩城監督のチームマネジメントに疑問を感じ、苛立つ、沢村・織田・海王寺の3人は、岩城監督にその事で苦言を呈する。 また、近藤先生にも相談に行くが、「彼を信じてやってくれ」と窘められ、納得いかない様子。
 デブの分際で、オマケにお調子者なままでいる荒木の扱い等でかなり頭にきている3人は、他の元SC組のを引き連れて独自に練習するようになって行く。
 そんな元SC組の、特に3人を気にした近藤先生は、岩城から口止めされていた事を3人だけに教えた。
 岩城監督は、部員みんなの練習の場確保のための費用を捻出する為に、深夜の肉体労働のバイトを以前からずっと続けていた。近藤(元)監督は12話でその現場を3人だけに秘かに見せ、岩城の情熱が本物だから信じてやってくれないか、と頼む。 理解を示す3人。 
 この 岩城と近藤・そして沢村・織田・海王寺 らの間に起こった出来事は後に、コミックス30巻後半(254~256話)で展開される話の伏線としてしっかりと機能する事になる。 
 大学(しかも、サッカーでトップレヴェル)のサッカーチームを相手に練習試合をする江ノ高サッカー部。 そんな様子を、沢村・織田・海王寺と八雲の4人は、傍から観ながら近藤から荒木の課題に関する岩城監督の真意を聞かされる。
 無駄に体重のある体の状態を維持しながら、交代せずにフルで試合に出場させるという特殊な課題を荒木に課す事で、短期間で強引に心肺強化を図る,という岩城の目論みを説明する近藤。その言葉とその練習方針の意味する所を察した3人は、新生江ノ高サッカー部の練習に合流する事を決意する。
 改めて、ここで江ノ高サッカー部は結束を強めるのだった。

ウェイバー・ベルベット?:「という訳で、改めてよろしくな、ミスター雨生。」
雨生龍之介?:「ハッハッハ! 大船に乗った気でいてくれたまえ、諸君!!!」
相田景虎?:「・・・デブの分際で何調子に乗ってやがる、その鼻っ柱きっちりとへし折ってやらねえとダメなようだな?」
「「いや、急にバスケの話を振られても・・・ っていうか、ここなら出てくるのは、Fate/staynight のアサシンでしょ、中の人“達”的に!?」」
「ダテに僕は、モノ全日本のユニフォームを着ていたわけではありません。 ・・・それでは、決勝戦前に、俺が現役復帰する練習相手になって貰おうか、お前ら!」
「「混ざってる混ざってる、しかも時系列が完全にグチャグチャに入れ混ざってるから!!!」」


にほんブログ村 アニメブログへ   にほんブログ村 アニメブログ 声優へ
にほんブログ村    にほんブログ村


 伊藤さん、大原さん、浪川さん、石田さん、三木さん、相変わらず失礼。。。 富樫さんと慶長さんにも、(この場限定とはいえ)一応一報入れておくべきかな。

(マジな話、こういうのを本当に声優本人のブログとかに書き込んでしまうと、炎上など不特定の問題発言を招く原因になり兼ねないので、そちらの方は自粛している。また、そんなコメントは削除対象ともなりやすいので、あくまでも拙ブログ内のみで謝罪の言葉を出しているだけ)
スポンサーサイト

テーマ : エリアの騎士
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。