スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZETMAN 12のみ(アニメ版) (+原作漫画とか)

 「ZETMAN」の17巻(最新巻)のオマケページで、アニメ化記念キャストトークが収録されているのだが、今回 ・・・というか、最近(6月半ばを過ぎた頃)になってようやく、スペシャル記載キャストトークページを読んだのがつい最近のことなので、13話完結だとかそういう情報は、きちんと押さえていなかった。

・・・なので、敢えてこれまで読む事を控えていた原作の16・17巻を最近になってようやく初めて読んで、 ・・・・・・・・・愕然としてしまった。 普通なら、漫画単行本一巻の容量は、アニメの3~5話あたりに相当するのだが、「ZETMAN」の場合は、簡単に平均を取ると「1話に付き、1巻分以上」という事になるので。端折り過ぎだ・・・ 大体なぁ~、「精霊の守り人」なんて、小説1冊分・漫画3巻分程度の容量で半年・26話という中身にしているというのに・・・ ブッ飛ばし過ぎだろーが。。。
焦らず丁寧に作って2クール仕様にして欲しかった。

 既に、この12話の時点であちらこちらがザックザクに切り捨てられた為に、漫画の16巻を飛び越えた領域が紹介されていた。 VS灰谷編なんて、連載分では決着がついているので、もう本当に、何というか・・・



 はっきり言っておくが、このアニメは決して「面白くない」ということはなく、寧ろアニメオリジナルとしての面白さがある事はある のだが・・・ 「それでいいのか?」とツッコミを入れたいところがある。その最大のポイント というのが、「ザックりと端折り過ぎ」という事なのだが・・・

 ZET化(但し白色)したジンが、アマギタワーに単身乗り込んで、灰谷(とその一味)と激突する。
 ジン達を挑発する灰谷。アマギタワーに到着した高雅は、(タワーに赴くに当たり、3人の技術者に頼み込んで)アルファススーツのマックス・パフォーマンスを引き出す設定にしてもらった結果、エボル達を数体殺した後、父親に銃を向け、発射する。
 高雅に狙われた天城清造を助けるため、飛び出してきた母親もろとも父を銃撃した高雅の精神状態は更に悪くなる。 そして、更なる灰谷の精神的揺さぶりによってジンと高雅はある決断を迫られる・・・
 「ジンを完全なZETにするファクター」としての“杭”を手渡し、灰谷は「それを打ったら、ジンはエボル側の存在=人類の敵になる」と甘言を呈する。
 ジンが散々迷っていると高雅が目の前にやって来て、「暴走した時は、俺を止めてくれ」と頼み込むジンに対して「ああ、分かった。」と答える。 こういう“闘う男の友情”というのは、とても好きだ。
 ジンが“杭”を自身に打ち込んで完全体ZETとなった時、「暴きの輪」の効果で全ての潜在的エボル達が“裏返り”を起こし・・・ (以降自粛 ・・・というか、次の最終話レヴューで書く事にしたい)
 高雅の問い掛けに対し、ジンは「驚くほどスッキリしている」と答え、灰谷との決戦に臨む。


にほんブログ村 アニメブログへ   にほんブログ村 アニメブログ 声優へ
にほんブログ村    にほんブログ村


以下、悪い予感のする人は読まないでくださいwwwwww

「・・・俺は、原作漫画とこのアニメとのストーリーの差異に関して、俺が“ひったくり・モード”を発現した事は無いんだけど・・・」
「いきなりそうやって声優ネタで笑いにくいボケをかますのは止めろ、火神 ・・・じゃなかった、セルデリート!」
「取り敢えず、一番有用性の高い“ファイアーエボル・モード”で敵を撃退しようか!?」
「・・・・・・もう、本当に・・・ いい加減にしてくれ、お前は!」


華眞堂主@彩雲国物語:「影月君、最後の試練ですよ。 ・・・さあ、その杭で“陽月モード”になって、私に挑んで御覧なさい!」
影月@彩雲国物語:「華眞様、イヤです! 僕は、あなたと戦いたくありません!」
「影月・・・ あなたは、私達“エボル”の味方になるべきなのですよ?」
「華眞様・・・ 僕は、こんなもので完全体になって、あなたの同族になるとかそういう事は、イヤなんですっ!」
「さっさと打って楽になっちまえよぉ~影月ぅ~・・・ 人間たちに義理立てするガラかよぉ、お前はぁ~?」
「!!! ・・・華眞様の死体を操ってキサマが何を企んでいるかと思えば・・・、 よくも人の尊厳を踏みにじるマネを・・・ お前は、許しません!!!」
「フフ・・・ 共演ネタ以上の問題で、君、口調が混ざってるよ? 影月君とジンとのがね、特に最後!」
「・・・・・・・・・! くっ、しまった!??  ・・・しかし、とにかく、僕がテメェをブッ倒してやる事だけは間違いねえですよ!」

(のけぞって高笑い) 「アッハッハッハッハァー!!! 物凄く混ざっていて滑稽だよキミィー、さぁどうぞ、その“杭”を打ちたまえ!」



浪川大輔さん、遊佐浩二さん、小野友樹さん、相変わらずスミマセン・・・
スポンサーサイト

テーマ : ZETMAN
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。