スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フリューゲルホーンとギターの双頭プロジェクト  (Art Farmer Quartet featuring Jim Hall)

 かつてはトランペットを演奏していた アート・ファーマー が、フリューゲルホーン独特の柔和な音色の魅力に憑り付かれてから、新たに ジム・ホールスティーヴ・スワロウ(Steve Swallow, B) 、ウォルター・パーキンス(Walter Perkins, Dr) らとともに立ち上げたバンド、「アート・ファーマー・カルテット」の3作を。
(ジム・ホールは、前に「アランフェス協奏曲」記事の時に一度取り上げている)
 

※ ちなみに、Farmer は「Cool Jazz Collection」シリーズでは36号で、Hall は22号で採り上げられた。 また、このバンド自体は「Cool Jazz Collection」シリーズで採り上げられていない。


Art Farmer Quartet featuring Jim Hall 「Interaction」 (1963年7月録音)
 これまでに何度も再発された名作。
オビ:「フリューゲル・ホーンとギターの繊細なコラボレイション。ピアノレス・カルテットを率いたトランペットの詩人アート・ファーマーの、リリカルな一面が堪能できる60年代の代表作。」

1. Day of wine and roses
2. By myself
3. My little suede shoes
4. Embraceable you
5. My kinda love
6. Sometime ago
[ Bonus : オリジナルLP未収録曲 ]
7. Loads of love   

 点数は、78点。 


「Live at the Half-Note」 (1963年12月録音)
 簡単な英字のクレジットによると、1964年初版のものが初めて再発されたものらしいが・・・
オビ:「ニューヨークの名門クラブ『ハーフ・ノート』で繰りひろげたインティメイトな雰囲気が魅力のライヴ名盤。」

1. Stompin' at the savoy   
2. Swing spring
3. What's new
4. I wantt to be happy
5. I'm gettin' sentimental over you

 点数は、77点


「To Sweden with love」 (1964年4月録音)
 英字クレジットの情報だけではこれが初めての再発の様だが、実際にはそうではない。 本作から、ドラマーが ピート・ラロカ(Pete LaRoca) に代わっている。
オビ:「北欧ジャズ先進国の印象を、思いのままに綴ったファーマーの詩情溢れる名盤。 ぬくもりに満ちたフリューゲル・ホーンの響きに癒される至福の世界。」

1. Va da du? (Was it you?)
2. De salde sina hemman (They sold their homestead)
3. Den motstravige brudgummen (The reluctant groom)
   
4. Och hor du unga Dora (And listen young Dora)
5. Kristallen den fina (The fine crystal)
6. Visa vid midsommartid (Midsummer song)

 スウェーデンの地で古くから伝えれらてきた土着民謡をジャズ・アレンジした作品。
 点数は、78点。 

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村


・・・・・・総じて点数が低めな感じ(80点に届かない評価)なのは、「音質が柔らかい」事があまり自分の好みとは違うから、そんな感じになっちゃうんだろうな,と思っている。。。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。