スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最悪の(?)アポロン 8&9話

These foolish things(8話目タイトル) ↓曲


 まるで別人のような姿で地元に戻ってきた桂木。尊敬する“淳兄”がボロボロになった姿を目にした千太郎は、ショックを隠しきれずに、順一(ある意味正しい?)を殴ってしまう。
 桂木は、周囲に巻き込まれるように大学紛争のリーダー的立場になっていた。しかし彼はそこで忘れられない挫折を味わっていた。友人が、闘争の最中に大けがをして楽器を満足に演奏できなくなったのである。
 彼のアパートに押しかけた百合香は、傷つきやさぐれた彼の姿を見て、全てを捧げる決意をする。
 青峰の部屋で髪を切る百合香嬢。そんな彼女をいとおしく思ってしまう桂木であった。 そして・・・・・・

「!? ・・・ど、どうしよう、テツく~~~んん、・・・ああ、あとついでに涼クン、大ちゃんが、大ちゃんがぁー、大変なの~~~~!」
「あ、バスケをやめてたと思ったら、テメェこのヤロウ、いつの間にか自分の部屋に女連れこんで髪を切らせて・・・」
「それ以前に、桃井っち、俺の扱いヒドくないッスかぁ~~~!?」
「両方でキーの役やってる上に、此処では主役なんだから我慢しなきゃダメでしょ?」
「いやー参ったな~・・・ でも、恋愛要素(KVが嫌いな要素)が多くなって来つつあるからって、そんなキツい扱いしてこなくとも!」


「・・・とりあえず、ボールブン投げてテメーラにツッコんでやろうか?」
「あのゴメン、そのツッコミ、多分オレ避けられない予感がするんスけど?」
(・・・何をどうツッコんだらいいのでしょうか・・・)



love me or leave me(9話目タイトル) ↓曲


 「オリンポス」が主催するクリスマスパーティーでは、ギター担当の黒縁メガネの肥った男・丸尾が女子からモテるというシーンが何度か出てきた。そして同じクラスのジャズコンビと、律子もパーティーに誘われる。
 川渕と律子の2人は教会のクリスマス会に出席するので、「オリンポス」はドラム抜きで演奏する事に。 タンバリン&ヴォーカルの松岡は、当時流行のバンドの曲なら国内外問わず色々と聴いている様子。
 場面では、スパイダースからビートルズから何やらかんやらとやっていた様子。
 律子は、「千太郎」と「薫さん」2人に対する気持ちと、2人から受け取る気持ちに対する整理が付かずに、“現役モデル・黄瀬涼太”(?)に渡すつもりだった編みかけの何かを捨ててしまう。
 そして、律子は自分の千太郎への気持ちを「家族・姉弟としての、好きという気持ち」だと決着を付けて、正式に“黒髪メガネ”に手編みの手袋を渡すことを決意した。
 また、既に大学を辞めていた順一(?)は、大学時代の先輩の紹介で、東京の出版社に就職する前向きな意志を持ち始めた。
 恐らく、今度東京に行くと次は地元に戻ってこない様子の淳一。百合香は、自分の気持ちに正直に生きようと、嫌がって欲しいと期待して「親から見合いを勧められている」事を打ち明ける。また、千太郎は「果たし状」を淳兄に突き付ける。


「・・・来たか、青峰。」 (ドラムスティックを構え直す)
「果たし状とは、随分と時代錯誤な事をやってくれんじゃねーか、日向さんよお?」 (おもむろに、ケースからトランペットを取り出す)

「“シュート”・モード!」
「待てコラ、いきなりこんな場に現れやがってセルデリート、 ・・・あ、失礼。いきなりコイツがこの時代と場所に僕を引きずりこみまして・・・ おい帰るぞセルデリート! ・・・それでは、マジメにやってる所に大変失礼しました、どうぞ続けて下さい。」


「・・・・・・・・・なっ、何なんだ、今さっきのは・・・・」
「ゴメンね律子パパっち、あの赤い方(?)は、別に気にしなくても良いから・・・」
「いや、赤い方は って・・・・・・ !? というか、何故淳一君も千太郎君もバスケのユニフォームに着替えてー!!???」
「あ、ちなみにオレは立ち合い人役ッスよー」
「勝負だぜ、青峰!」
「オメーごときのドラムに、この俺様のトランペットが負けるわけないだろうがぁぁあああ!!!」
「・・・・・あ、 あの ぉ ~~~ ・・・」

「それではっ!!! ミュージック、スタート ッスよ~~~!」 (← 註:西見)
 (しょうがないので、ベースを弾き始めるバンドリーダー)


「おうるぅあああ!!!」 (掌上部のみを使ってダイレクトに)
「どるぅあああああ!!!」 (離れた位置からジャンプシュート)
「どうだ、オレ様の指先の感覚と空間・距離の感覚の鋭さはぁ!!!」 (華麗な指裁きを披露しながら、縦横無尽に飛び跳ねるようなプレイ)
「舐めんなよ、俺のパワーとリズム感と、トーゼン四肢全ての動きだって、結構なもんだぜ!?」 (軽快なリズムに乗りながら、アグレッシヴに且つ冷静にプレイ)
「「・・・・・・・・・・・・」」 (← 何も言えずにボー然としてしまっている迎親子。バンドリーダーは、あっけに取られてツッコむ気も起らずに指が止まってしまっている)
「凄いっす、凄いっすよー2人共!!! 最後に2人とピアノで共演できるなんてオレ、最高ッスよー!!! ・・・あれ? オヤジさんベース弾く指止まってますよー?」

 そして、トランペットとドラムが真っ向からソロで向かい合い殴り合うようなセッションが、ようやく幕を引いた。
「淳兄・・・ 今日のセッション、俺・・・ 絶対忘れないからな」 (伊月とハイタッチしながら?)
「ああ、俺もだぜ、千坊。」 (今吉キャプテンから頭を叩かれながら?)

「「・・・・・・何か、色々な意味で、なんか違うような、でも何か違わないような・・・」」 (← 迎親子)

 そして、桂木は長崎を去って行った。 一方、百合香は見合いの場を途中で抜け出して桂木に逢いに駅にやって来る。百合香の気持ちと、それ以上に見合いの場を立ち去ったという事情を知って、電車に彼女を乗せてしまった。
 そしてその後、西見がセッションルームのピアノを開けると、そこには手編みの手袋がいつの間にか入っていた。

にほんブログ村 アニメブログへ   にほんブログ村 アニメブログ 声優へ
にほんブログ村    にほんブログ村
「テツくーーーんんん!!! どうしよう、大ちゃんがまた、とんでもない暴走しちゃったよォォォ!!!」
「放っておきましょう、彼のああいう所はどうせ何をやっても治りませんから。」
「シュートモード! シュートモード!! シュートモード!!! シュートモード!!!!」
「ぐ は ぁぁ あ・・・ っっ、火神の野郎、俺を射殺しやがって・・・」
「セルデリートお前いい加減にしろ!!! それに早見さんも、何をさりげなく悪ノリやらかして参加してるんですか! ・・・ああ、皆さんスイマセン!!! 代わりに僕から謝っておきます!!!」



諏訪部順一さん、細谷佳正さん、木村良平さん、それ以外にも、小野友樹さんと鈴村健一さんも、大変失礼しました。

他にも、声優以外の各登場キャラにも謝っておくべきかな?
スポンサーサイト

テーマ : 坂道のアポロン
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。