スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

New Age of New Music in '70s  -RENAISSANCE's 3

 RENAISSANCE(イギリスの1970年ごろに活躍したプログレ・バンド) のSHM-CD版と、以前から持っていた通常版のアルバムを。

 共に、リマスター版として初めて出たのは2004年。SHM-CDヴァージョンでは2010年に初出。 また、共にオビタタキの文章はない。 

RENAISSANCE 「Renaissance +2」 (1969年、リマスター版で2009年再発)
 当時、YARDBIRDS を脱退したばかりの Keith Relf(G/Harp/Vo) と Jim McCarty(Dr/Vo) が新たに立ち上げた、フォーク色の強いバンド。 キースの妹、ジェーン(Jane Relf) が、ヴォーカル&パーカッショニストとしてバンドに在籍している。

1. Kings and queens
2. Innocence
3. Island (↓は、ジェーン在籍当時の1970年のもの)
 
4. Wanderer
5. Bullet
[ Bonus tracks ]
6. Island (single version)
7. The sea

 フュージョン的な要素は希薄だが、ジャズや、フォーク/トラッドの色が強く出ている。点数は、・・・78点くらいかな。
 ボーナス盤での 6.というあり方が、どうにも。。。


「Illusion +4」 (1971年初盤、リマスター版で2009年再発)
 2ndアルバム。バンドメンバーは1st発表当時と変わらず。 但し、ゲストミュージシャンとして、後にバンドに加入することとなる マイケル・ダンフォード(Michael Dunford, Acoustic G) や、他の多数のミュージシャンが参加している。

1. Love goes on
2. Golden thread
3. Love is all
4. Mr. Pine
5. Face of yesterday   
6. Past orbits of dust
[ Bonus tracks ]
7. Shining where the sun has been
8. Prayer for light
 
9. Walking away
10. All the fallen angels

 点数は、79点。 但し、8.のYT動画を得点要素として加味すると、82点。

  以上が、ここ最近に買ったアルバム。


 最後に、このバンドのアルバムの中で最初に買った、「お伽噺」の邦題を持つ「Novella」を。
 何年前に、そして中古か原価のいずれで買ったのか、しっかりと思い出せない・・・(爆)
 要するにそれだけ古い付き合いという事だけど、引っ張り出して聴いたのは、少なくとも実に6年以上振りである(爆)。


「Novella」 (1977年初盤,1997年再発)
 アニー・ハズラム がヴォーカルとして加入している作品。デビュー&セカンド発表当時のメンバーは既に全員居なくなっており(まるで STRATOVARIUS みたいな・・・(苦笑) )M.ダンフォード がバンドメンバーとして加わっている。
オビ:「伝説のクラシカル・ロック・グループ、ルネッサンスが77年に発表した名作。」

1. Can you hear me?
 
2. The sisters
3. Midas man
4. The captive heart   
5. Touching once (is so hard to keep)

 それぞれ、「私の声が聴こえますか?」 「姉妹」 「ミダスの誘惑」 「魅せられた心」 「情熱」 という邦題が付けられている。
 点数は、81点。 やはりフュージョン的な要素は希薄なままだが、フォークの要素が強く感じられるプログレ という事は、一貫して不変のまま。


・・・・・・ 何となく、「自分が、あまりフォーク系の音楽を好きではない」事が判ってしまった、そんな内容だった・・・・・・。。。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : PROGRESSIVE ROCK
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。