スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

坂道の、バスケを一切しないバスケプレイヤー達(?) ・・・の、協演

 ジャズバンドのアニメ(漫画原作らしい)を扱ったアニメ。

 黄瀬涼太が、久し振りに逢った父親・エビエボル (要するに、てらそままさき さんが西見薫(=木村良平,西見)の父親を演じているという事) から、実母の現住所と勤め先を知らされる事になった5話。
 ↓ 「Moanin'」 (冒頭で出てきた曲)
   

 西見は、川渕の直球方式“説得になっているかどうかよく分からない説得”で、母親に会いに東京まで行く事を一大決心する。
 そして、日向淳平(=細谷佳正,川渕)も、何故か、強引に東京までついて行く事に。
 宿泊場所は、青峰順一の父(??) ・・・でなくてラッコ11号の4代前 ・・・でもなかった、諏訪部順一さん演じる桂木淳一 の大学寮を予定していたが、いつの間にか彼が当時(60年代後半)の安保闘争に巻き込まれており、現在は失踪中だという事が大学同僚の口から明かされた。
 母の勤め先を張っていると、薫は先に母の方から見つかってしまい、声を掛けられる。
 薫と母は、10数年振りに出会って色々と話し込んだ。
 生まれて初めて食べたカツカレーに衝撃を受けた日向千太郎 ・・・じゃなかった、川渕が気を利かせてくれたこともあり、いわば“親子水入らず”の状態で2人は積もり積もった話を重ねていった。
 “磯の三兄弟の一人”エビエボルがピアノを弾き、松前皐月が歌うと、どれだけ泣いていても黄瀬は泣き止んでいた ・・・・・・・・・スイマセン言い直します、“船の仕事をしている”てらそまさん演じる西見パパがピアノを弾いて本田貴子さん演じるママが歌うと、薫がいつでもピタッと泣き止んでいた ということを、母の口から聞かされて少し照れる主人公。
・・・・・・・・・しかし、本作で、主人公の両親が てらそままさき さんと 本田貴子さん というのを見ると、主人公の血統(というか、家族?)が物凄く強烈だ と、思わざるを得ない。
 最後、西見と川渕が九州の方に帰る時、薫は母に クリス・コナー(Chris Connor) のLP「Sings lullabys of birdland」を手渡し、覚えてくれるように頼む。 また、川渕が「ジャズ(ヴォーカル)は、ハスキーな女の声が似あうとですよ。」と援護した事で、母は素直にLPを受け取る事に。

 Chris Connor 「Sings lullabys of birdland」 ↓
   



 第6話は、川渕がボクシング部員を相手に殴り合いで勝ってしまうシーンから始まった。
 川渕と西見は迎律子から「サウンド・オヴ・ミュージック」の音源(My favourite things) を聞かされ、また、岡本信彦さん演じる松岡星児からは BEATLES のLPを、試しにと聴かされて、徐々に“ロック/ロカビリー”へと目覚めていく。
 「My favourite things」 ↓
  

 BEATLES (And I love her) ↓
  
 また、百合子さんとのデート(≒女から誘われる事)をしていた川渕千太郎に対して、「恋愛の初心者としての、絶妙なアドヴァイスを教えてあげるッスよ日向っち、それはねぇ・・・ 「行くな!」 ッスよ!!!」と薫は諭したのだが、無視して待ち合わせの場に川渕は登場。案の定結局何にも進展出来ずに終わり、川渕は反省する羽目に。
 更に、松岡から身の上話を聞かされて、思わず共感を感じざるを得なかった川渕だった。
 そして、高校の文化祭でドラマーとして助っ人に入る事に。


にほんブログ村 アニメブログへ   にほんブログ村 アニメブログ 声優へ
にほんブログ村    にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 坂道のアポロン
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。