スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

切嗣(@Fate/Zero)の、これまでの人生を。 (18-19)

 ある意味「ZETMAN」と、共演声優が激しくカブっている (「ZETMAN」の緋下孝之(天城高雅にアルファススーツを開発・提供する“目指せ、正義の味方!”を標榜する技術者3人組のひとり。) や、ZETMANの劇中劇として登場するヒーローアニメの主人公・アルファスの役)を演じている新垣さんも、こちらで「間桐雁夜」として合流を果たしている)「Fate/Zero」 での、鷹村守(@はじめの一歩,要するに「ZETMAN」で「掃除人」演じる小山力也さんキャラ)こと衛宮切嗣の、少年時代のエピソードを取り上げておく。



 ある島で、生物の体内時計や経過時間に作用して一時的な不老状態を創り出す薬品を研究していた(小因果における時間操作の魔術を究めることで根源へ到達しようとした) 父親・矩賢(えみや のりかた)(cv:千葉一伸) の下で比較的のびのびと生活していた切嗣少年(当時のcv:入野自由)は、シャーレイ(cv:高垣彩陽) に恋心を抱いていた。
 矩賢の下で魔術の研鑽を積んでいたシャーレイが「先生の研究を証明したい」との事から、これまででもずっと行って来ていた植物に対する不老実験施工の術式を自身の体に施し、結果、吸血衝動の抑えられない吸血鬼(=死徒)となってしまった。
 吸血衝動を抑えられないシャーレイが切嗣少年に対し、自分を殺すように懇願するが、彼は恐怖心からそのままその場から逃げてしまい、結果、潜伏先であったアリマゴ島の住民全てが“死徒”と化して徘徊し、その為に魔術教会や聖堂教会から目を付けられて住民が全滅する事に。
 この際、魔術教会を主な顧客として生計を立てるソロのハンター、ナタリア(cv:渡辺明乃) と運命の出会いを果たした切嗣少年は、惚れた女が死ぬ原因となった父親を自らの手で殺害。ナタリアに拾われてからは彼女のもとで魔術師ハンターとして容赦なく厳しく鍛えられる事に。


 以降、ナタリアのもとで殺人術を仕込まれながら切嗣は成長していく(ここから、19話)。
 戦いの中で『正義』の残酷さに気が付きながらも、切嗣はまたナタリアと共に新たな戦いに向かうのだが、彼の選ぶ“正義”なるものは、まるで“等価交換”のように、代償として大切なものを容赦なく奪っていく,という結果が毎回続いていた。
 そんな中、「刺した人間を死徒化させる毒蜂」を使役する封印指定(特殊な意味 というよりは、寧ろマジで殺害指定を受けている と言った方が正しいか)を受けている、最悪な魔道士の一人、オッド・ボルザーク(cv: 坂巻学,山久編集@バクマン。シリーズ) なる人物を始末する案件を担当。
 ナタリアは オッド の暗殺に成功するも、彼が体内に毒蜂を仕込んでいた事が災いして、彼の死体から大量に発生した蜂が飛行機の乗客全てをグール化させ、ナタリアを窮地に追い詰める。
 殆ど自身の最期を悟ったナタリアは、無線で切嗣と、“親と子供の会話”を始める。互いに互いを家族(母親と息子)と思い合っている事を確認し合いつつも、「万が一、飛行機が着陸すると毒蜂が周囲に蔓延するから」との理由で、切嗣は“母”の乗っている飛行機を対空ミサイルで狙撃・爆破する。 ナタリアは、散り際に軽く笑みを浮かべていた・・・・・・
 そして、切嗣はシャーレイの名前を呼びながら、「あの時のようなヘマをしなかった,自分は小数を犠牲にする事でより多くの人命を救った」と激しく涙するのであった・・・・・・


とりあえず、このように一旦“本編主人公の過去編”だけを纏めて挙げておく。

にほんブログ村 アニメブログへ   にほんブログ村 アニメブログ 声優へ
にほんブログ村    にほんブログ村


・・・次の「Fate/zero」記事掲載予定は、不明・・・・・・(おい)
スポンサーサイト

テーマ : Fate/Zero 2ndシーズン
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。