スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

農学博士の紹介をするわけではない。 -JETHRO TULL's 2

 70年代にイギリスのプログレ・シーンで最も活躍したバンドの一つ、JETHRO TULL の、代表的なアルバム「Aqualung」と、ずっと以前から持っていたアルバム「Back to the family」を。   購入記事   前のアルバム集紹介記事


JETHRO TULL 「Aqualung 40th anniversary special edition」 (2012年)
 輸入盤を買ったので当然オビなし。 

[ New aqualung stereo mix ]
1. Aqualung   
2. Cross-eyed Mary
3. Cheap day return
4. Mother goose
5. Wond'ring aloud   
6. Up to me
7. My god
8. Hymn 43   
9. Slipstream
10. Locomotive breath
11. Wind-up

[ Additional CD (1970 & 1971) ]
1. Lick your fingers clean
2. Just trying to be
3. My god (early version)
4. Wond'ring aloud (previously unreleased version)
5. Wind-up (early version)
6. Slipstream (take2, previously unreleased version)
7. Up the 'pool (early version)
8. Wond'ring aloud, again (previously unreleased version)
9. Life is along song
10. Up the 'pool
11. Dr. Bogenbroom (remastered)
12. From later (remastered)
13. Nursie (remastered)
14. US radio spot

 本編の 8.は、勿論 “あの”スラッシュメタルバンド・OVERKILLcoverkill」で採り上げていた有名曲。
 点数は、80点。 特に悪いという事もなく、「フルートの入っているプログレ・サウンド」というのは現在でもまだそんなに多くないという意味では十分にレア価値もある のだが・・・・・・ 楽曲の良さはともかく、聴き手を集中して聴かせる,という、緊張感という要素が、あまり・・・
 繰り返すが、悪いという事は無い。ただ、敢えて「40周年記念・スペシャル版」というのを狙って買う程の価値は無かったかな? と思ってしまった・・・・・・ でもそういうのって、メロデスやらデスラッシュやらまでも聴くようなヤツからすれば、ある意味当然かも?


「Back to the family」 (1993年版,他の詳細発表年データは良く分からん)
 ストックホルムでの1969年ライヴからのテイクで、「Rock Live 直輸入」シリーズ と銘打った作品。
オビ:「知る人ぞ知る、60年代後半のフリーサウンド。マニア必聴!」
 いつ、どんな店で買ったか、忘れた・・・・・・

1. My suday feeling
2. Martin's tune
3. To be sad as a man will be
4. Back to the family
 
 ↑の動画は、3.と 4.をメドレー形式で纏めたもの。 (※ 69年のストックホルム・ライヴの映像)
5. Dharma for one
6. Nothin'is easy
7. Song for Jeffry

 点数は、73点。 動画の映像は、古すぎるのばかり・・・・・・ 当たり前だ。 純粋に音だけを聴けば、当然79点辺りにはなるけど、容量が少ない(50分程度である)というのも不満要素の一つである。


にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : PROGRESSIVE ROCK
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。