スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BALTIMOORE’s tribute & 2 -「original sin」&「ultimate tribute」

 ヴォーカリスト/マルチ・ミュージシャンである Björn Lodin 率いる、BALTIMOORE のアルバム2枚を。   「Double density」の紹介記事。

BALTIMOORE 「Original sin」 (2000年)
 バンドを動かす Björn Lodin がプロデュースをしている。

1. Conviction   
2. Indecision
3. Emancipation
4. Contradiction
5. Recognition
6. Retribution   
7. Superman
8. Omniscience
9. Jealousy
10. Redemption   

 “Original sin = 7つの原罪”をテーマとした、哲学的な内容を扱ったコンセプトアルバム。しかし、「曲の良さ」とかいう意味では、かなり疑問があり、ハードロック/メロハー から若干離れた作風の曲もある。 特に、8.が激しくトーンダウンした というか、収録曲の中で大きく毛色の違う作風となっている。
 点数は、79点

 続いて、トリビュート企画ものを。

「Ultimate tribute」 (2003年)
 アルバムタイトル通りのトリビュートもの。 内容は、HR/HM界の有名所や1970年代以前の原始のロックあたりの領域にまで及ぶ。

1. Kill the king   (RAINBOW)
2. Rock candy   (MONTROSE)
3. Beggars day   (Nils Lofgren)
4. Never say die   (BLACK SABBATH)
5. Samurai   (Michael Schenker Group)
6. Freedom   (Jimi Hendrix)
7. She   (KISS)
8. Love child   (WHITESNAKE)
9. Mississippi queen   (MOUNTAIN)
10. Solid gold brass   (SWEET)
11. Riff raff   (AC/DC)
12. The rocker   (THIN LIZZY)

 点数は、81点。 大して、 「良い」とも言えない、何となく標準的というか・・・ そんな感じの作風だった。

・・・・・・今回の2枚に関しては、「失敗したかな。」という気持ちがしてならなかった。。。。。(汗) 

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ     にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ハードロック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。