スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“Zero to Zet” -ZETMAN -5話まで (声優その他色々ネタあり)

 火神大河(@黒子のバスケ)(の中の人)が「ファイアーエボル」並びに「ひったくり犯」として急に登場してきた、ZETMAN の紹介をしておきたい。 時系列を順不同に、トピックス毎に区切って紹介しておく。
 今クールの他の作品でも活躍している浪川大輔さんがドッシリとした声で主人公「神崎 人(ジン) 」を演じ、もう一人の主人公(多分)であるヒーローアニメの(かなり痛い)ヲタク・「天城高雅」を宮野真守さんが演じる ・・・・・・・・・

 いや、別に、「Steins;gate」の岡部のイタい部分とか「DEATH NOTE」の体力面でも頭脳面でも優秀な主人公・夜神月とかの部分を強調するわけではないが、とにかく、第5話で高雅は、物凄いヒーローオタクとしてのこだわりを披露していた。
「マントが無い! 額のエンブレム!! それに、色が黒い!!!」 とか言われても、技術開発チームの皆は、「マントは、機能性を損なうだけ。エンブレムは視界確保の問題があるので、やはり同じく邪魔。」 と冷静な対処を取る。 しかし、同じく5話の最後では、色とエンブレムの2点がキチンと改称されていた。
 ともかく無事に、ヒーローアニメ「アルファス」から名前をそのまま拝借した高雅専用超人スーツ「アルファス」は、今後活躍していくことに ・・・なるのだろうか?

 ともかく、 「ZETMAN」の世界観・プロットを理解するのに必要な事は、「ゼット」なる特殊な存在の特性とその出自の把握にある。
 かつて、「ゼロから生み出された生命体」であった「ゼット」達は、高雅と木葉の祖父である天城光鎧と神崎(実は、人の父親)の手の許から脱出し、人間社会の中で人に紛れて穏やかに生活している「エボル」達と同義である。
 「エボル」は、一度「うら返り」を起こして人外の形態(怪物)へと変貌すると、もう元には戻れない。 狐邑(被色の欠片)=ウェイバー(Fate/zero)=人 は、戦闘相手となった「エボル」を殺す事で元の人間形態に戻れる。 また、衛宮切嗣は「うら返ったエボル=プレイヤー を抹殺する事」を任務とする“掃除人”としての役職に就いている。
 一度「エボル」が裏返り始めると、細胞の崩壊が始まってその「エボル」はそのまま肉体崩壊によって死を迎える。

 相変わらず犯罪者を殴るなどで被害者から謝礼金を受け取るなどしている人は、実は父親であった(らしい)“じっちゃん”が「エボル」によって殺されて以来、たまたま知り合った川上明美と共に暮らしている。とある事件で天城光鎧と接触した人は、自分の出生と“じっちゃん”の秘密を知らされる。 それからも、“神崎のじっちゃん”の事でお世話になった佐山警部(輪入道@地獄少女,モンゴール帝@グイン・サーガ,吐鉤群@@無限の住人,天目一個@シャナシリーズ =菅生孝之さん)から、何かと世話を受け、警部に対してだけは陣は尊敬と感謝の念を抱いている。
( 川上明美がかつてエボルに襲われて重傷を負い、命を取り留めた時、「辛い時こそ、顔を上げろ。」と、当時少年だった人を励ましてくれた。その当時の事を人は、それから10年以上たっても忘れていない )

 天城光鎧と接触した後、苦渋の決断として「我々が創り出してしまったエボル=プレイヤーを駆逐するヒーロー、ZETMAN」として生きる道を選んでからの人は明美さんと別れて1人で生活を始め、料理を始めとする家事全般が器用にこなせるようになる。
 次々と新たなる「高雅のじーさん」からの技術的支援を受け、「ZETMAN」に“変身”する為の覚醒補足精剤などで意外とまんざらでもない生活を送る人。 そこに、義兄弟3エボル(カニエボルとエビエボル,そしてダントツにグロい容姿のフナムシエボル)が現れる。
 本当にヒーローになりたがっている「マジで優等生」な高雅は、中田二郎なる正体不明の“好々爺のふりをする正体不明の人物”に軽く弄ばれてしまい、激しく葛藤する。
 更に、その 中田二郎 は、エボル達が専門的に集うバー「LOVE」(evol の大文字を180度反転させたロゴを使用)に出入りしている模様で、人間の身でありながらエボル達を焚き付けている様子。
 カニエボルは鷹村切嗣(小山力也さんゴメンナサイ)が止めを刺したが、残ったフナムシとエビは灰谷に唆されて本気で人を殺すために、旧知の仲である天城木葉とその友達を人質にとる。

・・・・・・という、5話が終了した時点までの段階を、あれやこれやと省略しながらかなり乱暴に纏めてみた。  ・・・・・・思えば、この4月は、アニメレヴューの記事を殆ど書いていなかった。。。

にほんブログ村 アニメブログへ   にほんブログ村 アニメブログ 声優へ
にほんブログ村    にほんブログ村


最後に一言。 これは、ED曲は良いと思うけど、OP曲は正直言って嫌いだ。
スポンサーサイト

テーマ : ZETMAN
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。