スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最終話じゃなくて、まだまだ続く24、更に25話。。。

 意外な展開があり、一気に原作漫画の8~9巻をサクサクッと手早く処理してきた「未来日記」だったが・・・


 前回(23話)までで、12人中10人の未来日記所有者たちを退けて、多数の一般人を犠牲にして、いや、殺してきた中学生カップルだったが、遂に、何気ない1stの一言で2人の中が決裂した後の24話
 以降、殆どが原作を忠実に、且つスピーディに駆け抜けないように、じっくりと我妻由乃の過去を紐解くように進んでいく。

 かつてデウスに調伏された悪魔であるムルムル(その設定は、未だアニメ中では出て来ていない)だが、ここで我妻由乃に付いているムルムルは「1周目世界」のものであり、今回天野雪輝たちの生き、サヴァイヴァルゲームを繰り広げた「2周目世界」のムルムルは今までの所まったく出て来ていない( “一周目”のムルムルに封印されている)
 例の「将来の自分」アンケートの時点で既に由乃が両親を殺していた事、その後の例の若葉さんへの告白&着ぐるみ事件(?)当日に起こった、“2周目・我妻由乃”の身に起こる悲劇(1周目の世界から来た自分に殺されること)などを雪輝に見せるムルムル。
 徐々に物語の核心に迫っていく(その内容を聞かされる)雪輝は、何度か由乃に殺されようとするも、辛くも生き延び、頑張る。 そこにデウスの力を受け取って復活した雨流みねねが颯爽と現れて、雪輝を華麗に助ける。
 過去に大きくタイムリープする事で「ゲームのやり直し,もとい、再び天野雪輝と共に過ごそうと企む」由乃とその使い魔を追いかけて、丁度2年前の7月28日に天野・雨流コンビも到着し、雪輝が三周目・由乃を救出すべく救急車を呼びだし、そこに一周目・由乃が到着したところで、本編は終わった。
(24話・エンドカード)

・・・・・・そして、久しぶりに見る感のあるおバカコーナー「裏・未来日記」で、由乃ママの我妻西果演じる井上喜久子さんが多才な演技でムルムルと共におバカな暴走を繰り広げるのだった。
「美帆 ・・・いいえ、私の娘なんですけどね・・・、当麻っていううちの息子と結婚を約束しておりまして・・・」 ← 全然違う 訳ではないが



 1周目・由乃の持っている(元からずっと持っていた)雪輝日記の内容には「ユッキーが三周目世界まで追いかけて来てくれた。嬉しい。など、自分が持つ雪輝への好意的な感情も記入されている。
 そんな25話では、三周目の父親・我妻潮が大急ぎで帰宅した所に居合わせてしまった一周目・由乃が動揺し、「お前、・・・・・・本当に由乃なのか、背が・・・と訝しんだ父親を刺してしまう。 (父親のセリフは、原作漫画と若干異なる)
 みねねから「全部救うなんて無理だ。目的を絞れ。」と再三説得を受け続ける雪輝だが、「それでも、抗い続ける事で突破口が出来るとしたら・・・」と、あくまでも自分の理想を貫こうとする。
 三周目・来須が警察署内でノイローゼの我妻西果の話を聞いている最中、雪輝のおせっかい病に影響を受けてしまったみねねからの電話をキャッチして「息子が心臓病で、あと2年程度の命だ。今すぐにでも医者に診せろ」と一方的に聞かされてそのまま電話を切られた直後のタイミングで、一週目組(1週世界の神・我妻由乃とその使い魔・ムルムル) VS 二周目組(天野雪輝と雨流みねね)による激しい激突、それに伴う爆発の情報が上がってくる。
 自分の DEAD END内容を確認した雪輝は、何とか由乃を説得しようと全ての気力・精神力・体力を総動員して、「灘神影流・弾丸滑り」の如く、由乃の投げナイフをギリギリで躱し切り、由乃の元まで辿り着く。
 神(デウス)の力を有するみねねとムルムルとの激突は、神の方に軍配が上がるかに見えた。
 由乃は、ギリギリで雪輝から逃げ切り、球体空間に閉じ込めて肉体・精神共に閉じ込める。 そこで待っていたのは、撹乱の毒霧というスキルを有する“蠱溺の杯”としての顔も持つ、“元素の兄弟”の長男、もとい若葉萌絵だった。物凄い嫌がらせを雪輝に仕掛ける変態メイド・出島さん。
 由乃(一周目世界の神)から封印制御を解かれて本来の力を文字通り全開にしたムルムルは、今度は逆にみねねを圧倒する。
 みねねがボロボロになって退場した後、球体に閉じ込められた雪輝は、仮初の理想空間の中で生きる両親の前で・・・・・・  そして、次回に続く。  これ、3クールやるのかな?
(25話・エンドカード)

・・・・・・そして、前回に引き続き勃発したショートコント劇場「裏・未来日記」では、三周目の潮パパが一周目由乃を見て「・・・お前、暫く見ないうちに大きくなったな、色々と・・・と言い、激しく由乃が赤面、そしてデウスの核が散々暴走しつくして由乃の体に(色んな意味で)イタズラをするという・・・・


 意外と違和感のない(?)、恐怖の投稿静画


 打って変わって、随分とほのぼのした静画


にほんブログ村 アニメブログへ   にほんブログ村 アニメブログ 声優へ
にほんブログ村    にほんブログ村

 田村睦心さん、井上喜久子さん、「灼眼のシャナ」「ゼロの使い魔」「生徒会役員共」「とある魔術の禁書目録」「バクマン。」関連スタッフの皆様、失礼しましたw
スポンサーサイト

テーマ : 未来日記
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。