スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九 ~ 士勇士 (BRAVE10 9-11)

 小野大輔さん演じる霧隠才蔵と、櫻井孝弘さん演じる服部半蔵との、邂逅を経ての凄絶な戦いが、続く ・・・事になった(?)、色んな経緯。


才蔵@RozenMaiden?:「テメエ、よくも僕の薔薇水晶を破壊してくれたな、白崎!」
半蔵@RozenMaiden?:「うるさいなぁ、所詮君達なんて、薔薇乙女の戦いにとってはどうでも良い存在なんだよ?」

鶫修司@ZOMBIE-LOAN: 「ねーぇ先パーイ、取り敢えず俺達と戦って、Zローン組は負けちゃってくださいよーぉ?」
橘思徒@ZOMBIE-LOAN: 「鶫キサマ ・・・っっ、メンド臭いから、マジで死んどけ、このゾンビ野郎!」
「いや、センパイだってゾンビじゃないスか、一応。 ってか、主人公は俺なんで、さっさと殺られちゃってくださいねー」
「拒否する。」
 
ジーノ@Gant Killing :「だからさぁー、キみさっさと僕に負けちゃってくれよ?」
榎本(兄&弟)@MAJOR:「断る!!! ・・・てか、何で、野球とサッカーのNHKアニメのネタで合わせて来てんだ、こんのアホブロガーわぁぁあああ!!!」

セバスチャン・ミカエリス@黒執事:「私の方が貴方より強い事は、判っているでしょうに!」
クロード・フォースタス@黒執事(Ⅱ):「何を言ってるんですか? ・・・あの中では飽く迄も、「ご主人様」であるシエル・ファントムハイヴによる、“命令”の拘束力があったから私を倒せただけでしょう!?」
才蔵?:「あれ、そういやそうだったっけ?」
半蔵?:「それさえ無ければ十分に互角以上に戦えた ・・・いや、お前に負ける道理などなかったわぁぁぁ!!!」
セバスチャン?:「ホホォーウ、随分な自身じゃねえか、三つ編み陰気野郎!」
クロード?:「・・・やれやれ、自分が主人公だからって粋がって私に勝つ気なのですか? ・・・無理だと教えて差し上げましょう!!!

黒崎@レンタルマギカ: 「やれやれ、圧倒的実力差で私に勝てないのは判っているはずなのに・・・ それでもやるというのか、石動“服部半蔵”圭さん!!!」
石動圭@レンタルマギカ: 「ってか、今メッチャ俺に負けてんのに何言ってやがる、小野Dの分際で ・・・じゃなかった、黒崎才蔵(?)がぁぁあああ!!!

連城焔椎真@裏僕: 「夕月を護るのは、オレだぁぁあああ!!!」 
ルカ=クロスゼリア@裏僕: 「・・・いや、他の奴らも夕月を護るし、お前はもっと相方の事を気遣ってやれ。 特に今は、原作漫画の方で大変なんだろう? いい加減、そういう事を分かっておくんだな。」
・・・・・・・・・!!!そ、そういえばそうだった、しまったぁぁ、愁生ぃぃぃいいい!!!
「・・・やれやれ、随分と暑苦しいな、いつもお前は。」



イザナミノミコト:「・・・・どうだ、力が欲しいのだろう、お前は?」
伊佐那海:「いや、とりあえず、口調とかが変に混ざりこんでるアイツラに突っ込むだけの力さえあればそれで良いから!」
「え゛」
「あー、あの、あそこで共演ネタで遊んでいる小野大輔と櫻井孝弘それぞれの中の人(?)とかに、ビシイッとツッコミを入れればそれでいいから!」
「・・・・・・」  (ボーゼンとする)
東宮康太郎:「どーせオチは決まってるんだし! ・・・というか、根津勘八の持つ「雷」属性を、俺(=佐藤利奈=御坂美琴=イサナミ) に、早よ取り戻させろ!!!」
(若干焦りながら) 「じゃあさ、とりあえずその奇魂(くしみたま) を取ればお前の望む力は覚醒するから、」
要らん。 とにかく、あそこで延々と下らないバトル漫才を繰り広げている2人にツッコみたいだけだから。」
「へ?」
「今私の目の前で繰り広げられてる、小野大輔と櫻井孝弘の共演ネタ漫才に終止符を打つだけの力さえあれば、それで問題無いから!」
「えええーーーっ・・・・・・」  (大量汗)




 とにかく、森川智之さん櫻井さんとの共演ネタと言えば、「今日からマ王!」での名付け親ものが一番光っていると思う。他にも「Zombie-Loan」とかでも上手い事転がせる愉快な共演ネタもあるけど、今回の「Brave10」のように、敵味方と別れた立ち位置での共演というのは、自分の知る限りでは初めてだ。

真田幸村:「そうか成程、確かにな。」
根津勘八:「いや、アンタ納得すんのかよ!!?」
伊達政宗:「んーとだな、俺の息子は、旧姓本田の茂野五郎だろ、あとは天野雪輝だろ、他にもええーっと、何があったっけな・・・」
アナスタシア:「・・・・・・言いたかないけどさ、聖飢魔Ⅱのトリビュートアルバムでさ、私達って・・・」
三好清海:「そうだな、幸村の中の人とアナの中の人と拙僧の中の人とがいたんだもんな。」
弁丸:「あっそうか、だからOP曲もED曲も、ロック色が強いんだ。」

 ともかく、本編の解説をすると、変態が意外と活躍するようだ。 あと当然、「光」の要素を有するらしい霧隠才蔵(おのでぃー)が、最後の活躍を次回(最終回で)しそうなんだ,と。

 伊賀異形五人衆の一人幻術の使い手で、変態を夢の中で女装させていたのは、鳥海浩輔さん。
 石田光成の役が緑川光さんで直江兼続の役が三木眞一郎さん というのも、「マ王!」との共演ネタとしての意味を激しく強めるし・・・ っていうか、他にも共演ネタの出来る作品は色々とあるだろうが、自分としては一番強いのは、原作漫画の掲載されている雑誌の系統(関連出版社・関連雑誌編成チーム)という意味も含めて、やっぱり「マ王!」となる ・・・わけはない、一番強いのは「裏僕」か。 主人公辺りの位置的に。

・・・・・・それ以前の問題で、変態の夢の中でのあの設定(小野大輔が執事をやっていたという点について)は・・・ 絶対に、「面白い事は無いけど、ネタ性の高さという意味ではそこそこの面白だがあったと言える」黒執事 の設定を意識してるだろ、制作陣は。。。。。


にほんブログ村 アニメブログへ   にほんブログ村 アニメブログ 声優へ
にほんブログ村    にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : BRAVE10
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。