スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メロディック&シンフォニック・ジャパメタの新鋭 -TEARS OF TRAGEDY & ANCIENT MYTH

 日本出身のメロディック/シンフォニック・メタルバンド である、TEARS OF TRAGEDYANCIENT MYTH の紹介を。購入記事

 先ずは、TEARS OF TRAGEDY の方から。


TEARS OF TRAGEDY 「Elusive moment」 (2011年)
 これは、BLACK-LISTED社で紹介されている取扱いバンド/CDのアルバムジャケットを見て、興味を抱いたのがそもそものきっかけだった。 その後幾らか音源を聴いて気に入り、遂に最近になってようやく購入を決意した。
オビ:「流麗なGと、緻密なアレンジのKey/Pf 、そして疾走するキャッチ―な楽曲・・・ 女性Vo 、HARUKAを擁するメロディック・スピード・メタルの新星、登場!」

1. Vorspiel   2. Silence ocean
3. Anfillia
4. Solitary light
5. The invisible world of the moon
6. Lucis ortus   7. The arclight of the sky
 
8. Degeneration
9. Own crime
10. Deep rain

 アルバム発売当時のメンバーは、HARUKA(Vo) 、TORU(G & B) 、HAYATO(Keys) の3人。ドラムには AFTERZERORyuta Yamazaki が全面参加している。
  音楽ジャンルとして「メロディック・スピード・メタル」と標榜されているが、まぁ~確かにその通りだ。 デビュー当時の HELLOWEEN や ANGRA などからの影響を顕にした、勿論流用フレーズも多数聴かれる中に、いわゆる「メロスピ」や「メロパワ」の楽曲構成やアレンジだけでなく、時たま「ジャンルとしてのメロディックメタル」とでもいうべき、FIREWIND のようなGフレーズも出て来て、他にも RHAPSODY OF FIREKAMELOT などの様にドラマティック/シンフォニック指向に近いアレンジも出て来る ような音楽性。
 要するに、格闘技に例えると、デビュー当時の HELLOWEEN など、パワーメタルというジャンルが登場してきた頃のバンドを「日本古武術」や「古流柔術」あるいは「殺法武術」とすると、TEARS OF TRAGEDY は「日本拳法」や「骨法」あるいは「総合格闘技」というような、別の言い方では「華道」「フラワーアレンジメント」という対比関係にあるというか、また別の表現をすれば「講道館柔道」「JUDO」というか・・・ 要するに、メロディック/シンフォニック・メタルの“現在形”という形の音楽なのである。
 点数は、80点。 B誌では、北井さんが80点を付けていた。  ・・・出来れば、オリジナリティを目指すべく、更に「メロディック・メタルのジャンルからの要素」を強めてみては? と、思ってしまった。 きつい事をはっきり言ってしまうと、現時点でのHARUKAクラスの女性ヴォーカルはいくらでも見つかるわけで、例えば黒猫さんや Rami さんやMichal さんと比べてしまうと明らかに劣るというわけであり・・・

 ↓ ライヴ・ダイジェスト
 


 続いて、日本を代表するシンフォニック・メタル・バンドとしての位置を確たるものにしつつあった ANCIENT MYTH が、相次ぐ主軸メンバー2人の脱退による危機を乗り越えて制作された3枚目のフルスタジオアルバム。 新たに加入したキーボーディストは Puzzy で、ドラマーは JUHKI
  
 


ANCIENT MYTH 「Akashic」 (2012年)
 新加入メンバーの2人が、さっそく作詞・作曲に参加している意味でも、非常に“調和のとれた”内容が期待できる。
オビ:「君との出会いも別れも、最期の時さえも、宇宙の記録の一部。 メンバー・チェンジを経て再生したANCIENT MYTHの過去と未来を語るアカシック・レコードが、いま紐解かれる・・・。

1. Ashes and crowns
2. rw-rw-rw-
 
3. Shade in dusk
4. レテの雫
5. Force of the // Fifth
6. Afterglow
7. Brynhidr
8. Against the fate
9. 寂静の月、不可思議の雪
10. Soul salvation

 セフィロトの樹(セフィラー,生命の樹)と、ケテル(Kether ,王冠)から始まりマルクト(Malchut ,王国)に至るまでの10位階を模した膨大な隙無き記録書『アカシック・コード』をコンセプトとし、作り上げたこのアルバムでは、1.が“ケテル” 、 ・・・・・・ 10.が“マルクト” と、それぞれに対応したものとして位置づけられている らしい。
 AZ_Pt なるペンネームで活動する絵師によって描かれた封入特典の「アナザージャケット」の(バンドメンバーの)絵は、一目見て「誰?」と思ってしまったが・・・ (特に胸元とか(失礼な) )(← 思いっきり本音)(苦笑)
 アグレッシヴなリフが聴けるなど、これまでに比べて、よりへヴィ・メタリックな曲調になった感がするという意味では、何となく SYMPHONY X の線を想起してしまうが、果たして・・・
 点数は、84点。 


にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ     にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ジャパメタ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。