スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

燃え上がる機械製の反逆者達。 -ARCH ENEMY「burning bridges」「anthems of rebellion」「doomsday machine」

 ずっと以前に紹介した、真柴了 ・・・じゃない、田中正彦さん演じる来須圭悟 ・・・でもなかった、“4th”アルバムの「Wages of sin」以外の ARCH ENEMY の、桜木刑事、豊穣、春日野 ・・・じゃなくって、3rd, 5th, 6thアルバムのSHM-CD版を。

・・・・・・アニメ「未来日記」制作に携わった皆様、そして 田中さん、土門仁さん、アサ姉、仙台エリさん、大変失礼しました? (とにかく、DEATH DEVIL とはまた大きく音楽性は違うので ・・・という迷走話はおいといてw)



ARCH ENEMY 「Burning bridges」 (1999年初盤) 購入記事
 2011年にSHM-CDで再発されたもの。
オビ:「強力無比! アモット兄弟率いるアグレッシヴ・ヘヴィ・メタル・バンド、アーチ・エネミー。 ベースにシャーリー・ダンジェロが参加、初期の傑作として知られるサード・アルバム。 初代ヴォーカルのヨハン最後の作品となった。 名曲「ジ・イモータル」、「シルヴァーウィング」収録!」

1. The immortal
 
2. Dead inside
3. Pilgrim
4. Silverwing
 
5. Demonic science
6. Seed of hate
7. Angelclaw
8. Burning bridges
[ SHM-CD再発版ボーナス・トラック ]
9. Scream of anger (cover of EUROPE)
10. Fields of desolation '99
11. Starbreaker (cover of JUDAS PRIEST)
12. The immortal
13. Dark insanity
14. Dead insside
15. Pilgrim
16. Silverwing
17. Transmigration
18. Angelclaw

 12.から 18.は、ミニアルバム「Burning Japan live '99」からの出展。
 この頃は、正統派へヴィメタル(≒NWOBHM)からの影響下にあるメロディックなデスメタルという感も強かった,と、聴いていて思った。
 点数は、90点。 SHM-CD仕様やライヴ版、他にも、ヨハン・リーヴァ・ヴァージョンによるカヴァー各種などの色々な効果があるけど、多分このくらいで妥当な点数では,と。


「Anthems of rebellion」 (2003年) 購入記事
 
オビ:「金剛堅固! アモット兄弟率いるアグレッシヴ・ヘヴィ・メタル・バンド、アーチ・エネミー。 不動のメンバーとなり、アメリカ制覇に向けて始動した5thアルバム。 名曲「ウィ・ウィル・ライズ」、「デッド・アイズ・シー・ノー・フューチャー」収録!」

1. Tear down the walls   2. Silent wars
3. We will rise
 
4. Dead eyes see no future
 
5. Instinct
6. Leader of the rats
7. Exist to exit
8. Marching on a dead end road   9. Despicable heroes
10. End of the line   
11. Dehumanization
12. Anthem
13. Saints and sinners
[ Bonus tracks for Japan ]
14. Lament of a mortal soul (live)
15. Behind the smiles (live)
16. Diva satanica (live)
17. Symphony of destruction
18. Kill with power
19. Incarnated solvent abuse

 14. ~ 16. は、「Wages of sin campaign 2002」のツアーより。
 豊富なギターリフ ・・・というか、ギターワーク・フレージングの全てが格好良い。そんなイメージが先に立った。
 点数は、89点。 とにかく、このバンドの作り出す、曲/アルバムは、整合性がとにかく高い。その事を感じさせられた。


6th「Doomsday machine」は、続き(追記記事)から。
「Doomsday machine」 (2011年SHM-CD版,2005年初盤)
 購入記事
オビ:「運命を知れ! アモット兄弟率いるアグレッシヴ・ヘヴィメタル・バンド、アーチ・エネミー。 レコーディング終了後、弟クリストファーが突如脱退を表明し、バンド内にケイオスをもたらした6thアルバム。ガスGがゲスト参加。 名曲「ネメシス」、「マイ・アポカリプス」収録!」

1. Enter the machine   2. Taking back my soul
3. Nemesis

4. My apocalypse

5. Carry the cross
6. I am legend / Out for blood
7. Skeleton dance
8. Hybrids of steel
9. Mechanic god creation
10. Machtkanpf
11. Slaves of yesterday
[ Bonus tracks ]
12. Burning angels (live)
13. We will rise (live)
14. Heart of darkness (live)
15. Bridge of destiny (live)
16. I am legend / Out for blood (live)

 1.はアルバムの序章だが、インストの 8.は 9.のイントロというよりは独立した1つの楽曲という性質を持っている。
 相変わらず、音楽性は変わっていないままなのに、全然聴き手を飽きさせない多彩な各楽器の彩るそれぞれのフレーズが、耳に心地良い。 M.アモットガス・G. の音楽センスは言うに及ばず、シャーリー・ダンジェロダニエル・アーランドソン という実力派ミュージシャン達による見事なコラボレーション/インスピレーションもしっかりと利いているのだろう。
 点数は、91点

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : MELODIC DEATH
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。