スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10話を見逃した後の、L.A. -f 11&12話

 「Last Exile」シリーズの、回顧録的な(?)11話と、続く12話は、前回でアデス連邦に追い詰められてグラキエス領に不時着した、ファム・ジゼル・ミリアの一行について。
 気を失った状態のファムの夢の中で、10年前のグラン・レースの事故の件が明らかになる。
 10年前の和平締結の際、サーラの母でもある当時の皇帝・ファラフナーズ(cv:安藤麻吹)とその生まれたばかりの赤子(サーラ)と、トゥランの2姫とがグラン・レースの場であいさつを交わす。 後ろについている護衛の2人は、後のルスキニアとアラウダで、アラウダの方がルスキニアよりも表情が多彩で口数も多かった。 (15歳当初のルスキニアは斉藤千和さん、同じくアラウダは小松由佳さんが担当)
 記念式典で子供たちに、ファラフナーズからの振舞い菓子が、何故か現在と変わらない様相の、10年前のカイヴァーンが配っていた。
 ミリアがトゥランの一団から一人離れて勝手気ままに街中を見て回っている際、偶然ファムと出逢い、お話をする。

 グランレースがいよいよスタートし、各選手が空に飛び立つ。 ここで、ヤシュバルとロシャナクの姿が見えたが、2人とも姿のみで声の出演は一切なし。
 和平の象徴としてグラン・レースは開催されたのだが、これまでのアデスによる他国への武力介入(≒併合)をよく思わない者達(被制圧国の一部や滅亡国の残党)が、レース終了後の授賞式の場に躍り出て、ファラフナーズ達アデスの人間を殺そうとテロ活動を仕掛けてきた。
 サドリは足を撃ち抜かれて身動きが取れず、他の兵士らは要人の警護や避難誘導に入り、ファラフナーズの護衛2人は敵を迎撃すべく、圧倒的な防御・回避能力とスピードでもって素早くテロリストを惨殺していった。
 ディーオと同様、ルスキニアとアラウダもそうだが、髪の色が同じで顔つき・体型や超人的スキルといった共通点が見られるのが気になっていたが、10年前のL&Aを見て、その思いが更に強くなった。 やっぱり、何かの関係があるのか?

 この際、2位のグラン・レーサー、カイザー(cv:土屋トシヒデ,同作で ルーモルト・ドルフストランド の役も担当している)が巻き込まれて死亡している。 また、ファラフナーズは、リリアーナをテロリストの凶弾から守ろうと体を張って死亡。 この事で、ルスキニアが激昂し、大泣きするのであった・・・


 続く12話では、ディーオがアデス連邦の暗殺部隊に狙われるアルヴィスを、超人的なスキルで助けるシーンで始まった。
 そして、アデスによるグラキエス侵攻計画が本格化してくる。
 アダマース中隊の隊長も務める「翼の巫女」ディアンの元に匿われるファム達3人は好意的な態度で接され、食事とヴァンシップ修理の機材各種を受け取る。 ここで、グラキエスの言葉がロシア語だと判明した。 「スパスィーバ(Сπαсӣбѳ)」という単語以外にも、巻き舌調や VR(вр) - に代表されるスラヴ系の語感などで、前から見当はついていたけど。
 てか、ミリアがロシア語(グラキエス語)を喋れるとは・・・ 登場人物の担当声優さんたちは、相当な発音練習をしたんだろうな・・・ (АРКОНАКУРСК を聴く以外にも、例えばインタヴュー動画を観る だけでなく、学生時代はTVで「ロシア語講座」を観ていた事もあるので、聴いてある程度の判断ができる程度)
 ディアンの誘いで温泉に入りに行った3人は、そこで「グラン・レースの前夜にも見た、凶兆の徴」とされるオーロラを見る。
 そして、ヴァンシップの修理が終わった後、帰ろうとするファム達は、グラキエスに攻め入ろうとするアデスの大軍を目の当たりにし・・・  そして、12話は終わる。

にほんブログ村 アニメブログへ    にほんブログ村 アニメブログ 声優へ
にほんブログ村    にほんブログ村


・・・・・・・・・しかし、どうして、10話を完全に見逃していたんだっけ ・・・あ、当時はラグビーのTV観戦に集中していたから、いつから年始のアニメが始まるか確認してなかったからかぁ~・・・
スポンサーサイト

テーマ : ラストエグザイル―銀翼のファム―
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。