スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Speedplayer's Triple Ones(30tunes) -IMPELLITTERI

IMPELLITTERI のアルバム3枚を、一気に紹介しておく。

 ここ暫くはスポーツ(というかラグビー)関係の記事が続いていたので、変化を持たせるために、一時的に投入しておきたいと思ったので。


IMPELLITTERI 「Wicked maiden」 (2009年)
 5年ぶりに出た、ベスト盤を除く9枚目のスタジオアルバム。 リズム隊は ジェイムズ・プーリ(James Pulli, B) と ブランドン・ワイルド(Brandon Wild, Dr) の2人。
オビ:「光速の壁が、この男のシュレッドによって破られる 「世界最速のメタル・ギタリスト」クリス・インペリテリと、電撃復帰を果たした「実力派ハイトーン・シンガー」ロブ・ロックが鎬を削る! 残像すら見えぬシュレッド・メタル・アルバムの前に敵は無し!

1. Wicked maiden
2. Last of a dying breed
 
3. Weapons of mass distortion
4. Garden of Eden
5. The vision
6. Eyes of an angel
7. Hi-school revolution
8. Wonderful life
9. Holy man
10. The battle rages on   

 7.のような、グルーヴ・ファンクじみた IMPELLITTERI らしくない( 「Grin and bear it」に戻ったような)曲も混ざっている ・・・ものの、基本的にはメロディックなメタルの体裁。 あまりスピードに拘らない(イメージを醸し出す)というのは、バンドの魅力を鈍らせるように思うのだが・・・

 点数は、84点。 B誌ではクロスレヴューされており、北井86 - 土屋84 - 前田78 - 幅86点 だった。
 アグレッションを維持しつつ、ヘヴィさを増し、そして、特に「落ち着いた感」という ・・・のもないが、個人的には、「もう少し、ジャンルとしてのメロディックメタルの方に寄って欲しいな」と思う所がある。


にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村

続いて、最近(2011年11月)に税込1575円で再発された2作を。 (購入記事)
「Crunch」 (2000年初版)
 ジェイムズ・プーリ(B) 、エドワード・ロス(Ed Roth, Key) 、グレン・ソーベル(Glen Sobel, Dr) らの働きもしっかりしている。
オビ:「世界最速ギタリストの異名をとるクリス・インペリテリが、今一度、「誰が一番早いのか」を世に知らしめた00年発表の通算6作目。 シンガーはロブ・ロック!」

1. Beware of the devil
2. Turn of the century
3. Speed demon   
4. Wake me up
5. Spanish fire
6. Slay the dragon
7. Wasted earth
8. Forever yours
9. Texas nuclear boogie  
10. Fear no evil

 5.と 9.はインストゥルメンタルで、共にタイトル通りの面白い(興味深い)フレーズが随所に出てくる。 5.は、より IMPELLITTERI らしさのあるクラシカルなスピードメタル。 全体的に、パクリ臭の漂う(聞き覚えのあるフレーズが連発している)作風がどうも・・・
 点数は、82点


「System X」 (2002年初版)
  キーボード、ベース、ドラムは、前作と同じメンバー。 インナーには、C.インペリテリ と G.ボネット の2人による曲解説も付いている。
 それによると、ロブと袂を分かったのは「互いに作曲に関する化学融合が起きなくなった,良い曲が出来ないので活動を一旦休も)とした」だけで友好的に判れており、その後しばらくして落ち着いたクリスが、当時ロブがソロアルバムを作っている事で誘うのを見送り、1stで歌ってもらったグラハムを誘ったら快諾を受けた,との事。
オビ:「14年振りにグラハム・ボネットをシンガーに迎え、世界最速のギタリスト、クリス・インペリテリが完成させた通算7作目! 02年作品。」

1. United we stand
2. Perfect crime
3. End of the world
4. She's a nighttime lover  
5. Slow kill
6. Why do they do that
7. Rock & roll heroes
8. Gotta get home
9. What kind of sanity
10. Falling in love with a stranger
  

 やむを得ないといえばやむを得ないのだが・・・ 例の 9.11事件の事があるだけに、1.の歌詞がまるで露骨な応援歌の様で、聞いていて若干チープに感じてしまった。。。。。
 基本的には、メロディックメタルに凄みを効かせた、「正統派へヴィ/パワー・メタルとメロディックメタルとの融合系」という音楽性。 クリスのギタープレイは、飽くまでも他の楽器やヴォーカルらの邪魔をしない程度に抑える部分と爆裂する部分とのメリハリを付けたタイプを、前作よりもさらに進めた感じ。
 点数は、81点。 ・・・・・・何というか、失速はしないものの、“頑張って現状維持している”というような、煮え切らないような感がしてならなくなっているのだが・・・
 B誌ではクロスレヴューされており、小澤86 - 広瀬85 - 前田86 - 奥野82点 だった。


どうせなら、スカッとした、「Screaming symphony」ばりの快速タイプのアルバム(ミニアルバム?)何かを目指してみても悪くはないかな,と思うのだが。

・・・・・・・・・そういえば、何となくこのバンド、音楽性のタイプとその変遷という意味では、CONCERTO MOON と似ている部分がある・・・(爆)
スポンサーサイト

テーマ : HEAVY METAL
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。