スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寺須倍闘邇・第3弾 -「metallitotuus」「vaadimme metallia」

 フィンランドが世界に誇る、母国語で歌うメタルバンドのダントツ最高峰、“闘神”テラスベトーニの、1st&2ndアルバムを紹介しておきたい。   購入記事

 共に、B誌ではレヴューされていなかった。


TERÄSBETONI 「Metallitotuus」 (2005年)
 記念すべきデビューアルバム。 「Tuottaja : A. Kippo」という文字から察するに、“かの アンシ・キッポ”がアルバムジャケットの絵を描いたという事が判る。

1. Teräsbetoni
2. Älä kerro meille
3. Taivas lyő tulta
4. Vahva kuin metalli
5. Silmä silmästä
6. Metallisydän
7. Orjatar
 
8. Tuonelaan
9. Metalliotuus
10. Voittamaton   
11. Teräksen varjo
12. Maljanne nostakaa

 MANOWAR や ACCEPT 、RUNNING WILD というよりは、 GRAVE DIGGER からの影響を激しく受けている と思われている、武士道/騎士道精神旺盛なメタルである。 一言だけで言い表すと、「格好良い」が最も適切だろう。
 点数は、83点。  ・・・・・・そして、この屈強なバンドの歴史は始まるのである。


「Vaadimme metalia」 (2006年)
 2枚目のアルバム。 当然、前作よりもさらにパワフルさに磨きがかかっている。

1. Vaadimme metallia
2. Viimeinen tuoppi
3. Älä mene metsään
4. Varmaan kuolemaan   
5. Kuninkaat
6. Saalistaja
7. Paha silmä
8. Sotureille
9. Kotiinpalaaja   
10. Aika on
11. Kirotut


 正統派メタル(80年型)らしさ満点の 9.など、見事なマッチョ・メタル/漢の聴く哀愁のメタル が体現されている。
 この後、いよいよ登場する 3rd「Myrskyntuoja」で、更にバンドの知名度と実力を高めて行く事になる。
 点数は、93点。 PARAGON もろとも、今後とも、ずっと付き合っていきたい。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。