スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼロの使い魔・傑作選(2期分総括)

 「より抜きゼロ魔」第6話は、ゼロ魔2期「双月の騎士」の4話目。
 井上喜久子さん演じるヴァリエール家の長姉・エレオノール(胸は控えめ)、そしてルイズから「ちぃ姉様」と呼ばれる 山川琴美さん演じる 次姉・カトレア(爆乳) 達が華麗に登場。
 母親と長姉(この2人が特に、金髪でキツイ目付きという点で似ている)は、ルイズに魔法学院を退学させて花嫁修業させようと考えている。
 生まれつき病弱(だが魔法は優秀)なカトレアは、両親や姉とは違っておっとりした性格で、ルイズたちの事を何でも見通してしまう、中々の才女。 そんなカトレアの手助けにより、ついに、才人がルイズに愛の告白をした。 その後、ヴァリエール家を脱出しようとしたルイズ(と、才人)が、思わずキス(口同士)しながら抱き合うシーンが両親&エレオノール&使用人連中に発見されてしまい、SMカップルは全力疾走さながらに魔法学院に逃げ戻る。

 7話(2期の6話目)では、アンリエッタ姫がトリステイン国内での王位簒奪の陰謀を嗅ぎ取り、勅命でその件を探ろうとアニエスやルイズ達に依頼する。
 アンリエッタは自分自身でも街中に繰り出して、“そのまんま”体当たりで調査していく。 そんな中、偶然サイトと出逢う事に。 ・・・そして、高木秋人と蒼樹紅は、追手の目を掻い潜るために物凄く大胆な行動に出る。 追跡の目を撹乱する為とはいえ、吉田一美はその顔を敵兵に見られまいと坂井悠二に体を密着し、唇を合わせる。 その後、「内部の裏切者を炙り出すため、“フリ”でなく、本気で失踪してみました。」と、大胆発言。
 変態や美女のいるバーで開催される芝居に紛れてちゃっかり参加するが、ここで「才人=犬」の構図が明確にwww 
 トリステインの裏切り者(アルビオンと取引していた黒幕)がリッシュモン高等砲員長だと突き止めた親衛隊帳・アニエスは、自らの過去のトラウマ(≒汚点)と共に容赦なくリッシュモンを斬り捨てた。

 8話(2期11話)で、再び、かつて才人が“元の世界に帰ろうとして”乗り込んだことのあるゼロ戦が登場。
 しかし、戦争、また敗戦の危機を打破するキーストーンであるゼロ戦がなかなかメンテナンス出来ず、才人のタラタラした仕事に痺れを切らしたルイズは、かつての婚約者・ジュリオと共に彼の操る白竜に乗ってどこへともなくぶらりと散歩(もとい、敵情視察)する事に。
 また、ルイズやギーシュ達貴族と自分達“平民”との間にある意識の違いを肌で感じた才人は、ルイズから気持が(少しだけ)離れる が・・・
 才人の相方であるアホ剣・デルフリンガーの余計でおバカなアドバイスを真に受けたルイズが「黒ネコ下着」コスで才人を出迎えて機嫌を取ろうとし・・・・・・ 、才人が呆然とするのを余所目に、何故かシエスタが「白ウサギ下着」コスで対抗しようとする。
 戦争に赴いて九死に一生を得たギーシュの話によると、「妖精に命を救われた」との事。その話は誰も信じなかったが・・・・・・
 アルビオン軍の「虚無の使い魔」である ツェツィーリエ様 ことゾフィー・ザバリッシュ もとい 勝木真沙子さん演じるシェフィールドが、トリステインに重大な破滅を与える人身操作の水媒介呪術を実行、発動し、トリステインを激しく追いつめる。

 9話(2期最終話)では、アルビオン軍が、いよいよトリステインを滅ぼそうと攻め入ってくる。
 勝ち目の無い戦争から国民を守るため、アンリエッタは「自分は最後に逃げる。まずは、国民が先んじて脱出すべき」と主張するが、信頼できる王女の側近・マザリーニ枢機卿(cv:仲野裕 =ブラン@Giant killing ,センターヒル@灼眼のシャナ3)が、頭を地に付けながら「王女が死ぬというのは、戦争に於ける“ただの失策”というものでは済まないのです。」と説得を試みる。
 結局、マザリーニの独断で「これは、命令ではない」と前置きした上で、ルイズに「王女を守るために殿を務めてほしい」との打診案が持ちかけられる。 ルイズが死を覚悟すると、才人もそれに応じて“1人で殿を務め、ルイズやアンリエッタを逃がす”事を決意する。
 シエスタから貰ったポーションでルイズを眠らせた才人は、不意に現れた“自称・情報通”ジュリオからの「勝手に、逃げろ。」という進言を柔らかく受け止め、ルイズを預け、単身で7万ものアルビオン軍に立ち向かうべく戦地へ赴く。
 相方・デルフリンガー が、「ま、死ぬならせいぜいカッコつけな。」 (→格好良い死に方を自分で決め、実行しろ という意味)と言葉を掛けると、才人はいよいよ完全に肚を決めることとなり・・・・・・
 奇跡的に、たった一人で7万に及ぶ軍勢(巨人族や魔道士達を当然含む)を追い帰し、頑張り過ぎて息を引き取った  ・・・・・・らしいが、奇跡的に、“爆乳な妖精”に助けられて文字通り九死に一生を得て、例の戦争から数か月後、無事に生還した ・・・のだが、感動の再会とはならず、「大きなおっぱい大好き」才人のデレデレした回想とともに、いつも通りのSMカップルの折檻激情が始まって、「ゼロ魔 第2期」は終了するのだった。


にほんブログ村 アニメブログへ   にほんブログ村 アニメブログ 声優へ
にほんブログ村    にほんブログ村


 次回(10話)は、第3期「三美姫の輪舞曲」の4話。
スポンサーサイト

テーマ : ゼロの使い魔
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。