スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メロハー戦隊の出陣以降の戦績。 - NIGHT RANGER

 NIGHT RANGER の、2nd&3rdアルバムのSHM-CD・1800円版を簡単に紹介しておく ・・・というか、共にリマスターされた上で(めでたく2011年10月に)SHM-CD化している。 (前の NIGHT RANGER 記事でも書いたけど)

 共にオビタタキや説明の文章というのはないが、そういう意味で、非常にコンパクト というか、あっさりとした装填である。


NIGHT RANGER 「Midnight madness」 (1983年初盤,リマスター2002年)
 1st以上のメロディックで非常に完成度の高い洗練されたアルバム。 (として、世界で名高い作品)

1. (You can still) rock in America
2. Rumours in the air
3. Why does love have to change
4. Sister Christian
5. Touch of madness   
6. Passion play
7. When you close your eyes
8. Chippin' away
9. Let him run

 1., 4., 7.のPVが、YT上のナイト・レンジャー公式サイト で公開されている。

 イメージ的に“ポップ”というより“メロディック”という方がしっくり来るような爽快感溢れるハードロック・ナンバーが満載。 90点。 B誌での「再評価」シリーズでも、90点が付けられていた。


「Seven wishes」 (1985年初盤,リマスター2002年)
 前作のプレッシャーを撥ね退けるべく作られた3rd。実際、これも良い作品である。

1. Seven wishes
2. Faces
3. Four in the morning
4. I need a woman
5. Sentimental street
6. This boy needs to rock   
7. I will follow you
8. Interstate love affair
9. Night machine
10. Goodbye
 

 
 81点。 前作と比べて全体的にメロディの高揚感が不足しているように感じた。 ・・・とは言っても、これも勿論メロハーの基準を上回る作品(だと思った)。 前のが良すぎた(メロディの起伏と曲の持つダイナミズムが大き過ぎた)だけの話である。 B誌での「再評価」シリーズでは、84点が付け垂れていた。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : メロハー
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。