スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The 1st of MERCYFUL FATE

 11月の幕開け、並びに8000アクセス突破を記念するのに、相応しくないアルバムを紹介する。

 ダーク・メタルの大御所にして、元祖ブラックメタルの内のひとつに数えられる、極めてムーディー&アトモスフェリックなマイナー調の佳曲を数多く世の中に排出してきたバンド・MERCYFUL FATE の、記念すべきデビュー作。
 キング・ダイアモンド御大が率いるバンドの初陣では、ハンク・シャーマン&マイケル・デナーの2人がギターを担当していた。

   キング御大の公式サイトへ。    MySpace内サイトへ   関連記事?

  
MERCYFUL FATE 「Melissa」 (2005年 digipack紙ジャケ,1983年初盤)
 
 輸入盤なのでオビなし。 ・・・国内での知名度によるものなのか、このバンドのアルバムは国内盤が驚くほど少ない。
1. Evil   
2. Curse of the Pharaohs
3. Into the coven
4. At the sound of the demon bell  
5. Black funeral
 
6. Satan's fall
 
7. Melissa   
[ Bonus tracks ]
8. Black masses
9. Curse of the Pharaohs (BBC radio 1 session)
10. Evil (BBC radio 1 session)
11. Satan's fall (BBC radio 1 session)
12. Curse of the Pharaohs (demo)
13. Black funeral (demo)

[ Bonus DVD ]
1. Doomed by the living dead
2. Black funeral
3. Curse of the Pharaohs
and: Exclusive commentary from King Diamond

 この時点で、既に後進に多大な影響を与える驚異的な存在として確率出来ているのが、良い。
 ちゃんと歌詞が付いているのが嬉しい。
 とにかく、点数は というと・・・・・・ 81点 どうせなら、SHM-CD版&国内盤で出して欲しい! ・・・と思うのだが。


にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

To The Prisoners of RAINBOW -GALNERYUS「resurrection」

 日本を代表する、“ジャンルとしての”メロディックメタルバンドの代表格、GALNERYUS
 私が初めて買ったのが、この最新作「Resurrection」である。
 ヴォーカリスト・YAMA-B が脱退し、その後にバンドリーダーの Syu が「小野正利さんに、お願いしたいんです!」と頼んで加入してもらった,といういきさつがあった事は既に(B誌で)掴んでいた。 それ以外の気になる要素もあったが、兎に角、「欲しい!」と思ったので購入を決意。


・・・・・・関係ないが、ここ数ヶ月の間に、紙ジャケのアルバムが随分と増えたように思う。
・・・この場で言うような事ではないけど。

GALNERYUS 「resurrection」 (2010年)
 原作者・安部譲二さんの方はともかく、絵を描く柿崎正澄先生はHR/HMをこよなく愛していて、漫画「RAINBOW -二舎六房の七人」の巻末コメントでメタルへの愛を語っている。
 そういう接点もあり、このバンドともう1つのメタル系ニューアクトが起用されたのか ・・・は、よく知らないので想像するしかないんだけれど。(←失礼な)

オビ:「史上最高のクリアハイトーンボーカリスト小野"SHO"正利、新ベーシストTakaが加入しワンアンドオンリーなヘヴィメタル完全体となったGALNERYUS。 永きに渡る潜伏を経て放たれた至極のGOLD METALアルバム!」
1. United blood  2. Burn my heart  
3. Carry on
4. Destinations  
5. Still loving you
6. Emotions
7. Save you!
8. A far-off distance
9. Fall in the dark  
10. Destiny
11. The road goes on

 1.は 2.のイントロ的インスト。 2.が終わった後、間髪居れずにすかさず 3.が始まるという構成がにニクい。 楽曲の主軸と多様さを考えると、とにかく、“ヘヴィメタル”である という言葉が最も相応しいだろう と思う。
 88点
 いわゆる“流麗な”というギターワークは少なかったが、各楽器のメロディラインはとても良かったと思うし、本当に良い曲ばかりだとも思ったので。

 それに、このバンドは、まだまだ将来にも期待が出来るので、物凄く気が早すぎるけど、次作が楽しみだ。 ・・・そんな事をいう前に、前任ヴォーカル在籍時の作品も手に入れたいな~・・・


にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村     にほんブログ村

テーマ : ジャパメタ
ジャンル : 音楽

Re-united one of Rainbows

 19話のタイトルは、「Reunion」。

 「5 lemon」のマネージャー・坪内の暴行がエスカレートしジョーは顔も体も傷だらけになる。 やめるよう説得しようとした川又さんは右肩を討たれてしまう。
 ジョーの頼みで、助けを求めにマリオの住所に向かっていたシゲオ少年は、人とぶつかって住所のメモを落とし、泣きそうになったが、偶然なのか真理雄達にそのメモを拾われる。
「ジョーと、オヤジさんを、助けに行ってやるよ。」との強い言葉に、思わず嬉し泣きしてしまうシゲオ。  ・・・どうやら双方とも、山内社長の事は眼中にないらしく。
 ジョー達の捕らわれている「キング」に辿り着いて間もなく、マリオとキャベツは「ゴミ掃除」と称してならず者(と、5 lemon メンバー)、坪内をぶちのめす。 その間にスッポンがジョー含む3人を解放したのだった。

 暫くして、現場に てらそままさき さん演じる、有藤組の親分が登場し、「これは、お前らが?」と確認する。 そして、ウェスタン・フェスティヴァルに走って急ごうとする ジョー・彼を背負ったキャベツ・マリオ・スッポン の4人に車の鍵を投げて渡し、「使え。」と一言。 ・・・カッコええわ、この親分。「マ王」アニメ第3期のアーダルベルトにも似た雰囲気があった。

 雪の中、必死で車を飛ばして会場に急ぐ4人だった(運転手はキャベツ)が、結局ステージには間に合わなかった。

 結局、大遅刻した所為でステージに上げてもらえず、山内社長からも見限られて、フェス後のガランとしたステージで独り落ち込むジョーだったが、スッポンが「チケットを持ってるから、歌を聴かせろ。」と発奮させ、無人のステージでジョーを歌わせ、元々チケットを持ってなかったキャベツ・マリオも“ご相伴に預かる”という流れに。
 そして、“スッポンからのサプライズ”として、メグがジョーの前で姿を現した。

 スッポンの話によると、公演終了後、チケット持ってるから,と無理やり入ろうとしてたら、「横須賀ジョーの知り合いですか? 私の兄かもしれないんです・・・」 と話しかけてきたのが金髪碧眼の女性だったので、「ジョーを無理にでも歌わせるから、兄貴で間違いないと思ったら、入ってきてくれ。」と、秘かに裏で待機してもらっていたという。

良い話だ・・・



というわけで、
今回は GALNERYUS の新譜をレヴューしたので、ついでながらと変則的に紹介してみた。
 
TV size


フル・ヴァージョン ・・・・・・は、取り敢えず、今回は紹介しない,ということで。


にほんブログ村 アニメブログへ   にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ   にほんブログ村 アニメブログ 声優へ
にほんブログ村    にほんブログ村

テーマ : RAINBOW -二舎六房の七人
ジャンル : アニメ・コミック

DBのパクリが、露骨に出ていました。 (りしゅ・ぱるっ?)

 「えむえむっ!」の第5話は・・・ “あの”矢作紗友里さんが、実質新境地を開拓すべく、大人しい口調のキャラクターとして参戦してきた。  ・・・・・・アニア・フォルチュナや萩村スズと同じく、天才キャラだったが。 というか、殆ど“自称・天才”とでもいうべき、物凄くイタいメチャクチャなやつだったのだが。

 で、今回は、堂々とドラゴンボールネタのパクリをして、福山御用達アホ主人公の変態ぶりをクローズアップさせ、どこまでも振り切れたおバカ作品っぷりを発揮した、“どこまでも視聴者をおちょくった”(註:褒め言葉です)お話だった。
 はっきり言って、「ハヤテの如く」や「らきすた」を凌駕する、“ジャンルとしてのパクリ作品”な展開だった。 

 “ドMの変態ヤロー”が、THELIONの ・・・いや、北欧のどこかの某宗教的儀式の如く蝋燭責めを喰らって喜んでいるシーンを観察していた、矢作さん演じる 柊 ノア が「スカ○ター」のようなものを装着して、その“変態パワー”数値を計測して驚愕する。

で、発明部の柊さんは「全人類変態化計画」なる、物凄く突き抜けたアホな計画を画策していて、そのために月人パルテノスの配下・神王リシュから“変態エネルギー”なるものを抽出して全世界に発信しようと画策する・・・ 何故そんな計画を実行しようとしたのかは、説明しようとすると却ってドアホストーリーの邪魔になるので、敢えて割愛する。

 そして、「グイン・サーガ」のレムスや「大きく振りかぶって」の三橋廉を演じた代永さんの日村雪之丞(ロリコンにして、実は柊部長さんをとても愛している発明部部員)が、部長による「全人類変態化計画」を四月一日“ブタロー(主人公の愛称)”君尋に打ち明け、計画を阻止しようと、2人して立ち上がる。
 日村がブタローに渡したのは、「変態パワーを増幅させて変身し、エネルギーに変えるベルト」という、仮面ラ○ダーの変身ベルトをパクッたあからさまなデザインのもの。 それを装着した叢雨九十九は、完全に 黒髪 → 金髪(しかも逆立っている) という、完全にイタいパクリを宣言したものへと、変貌 ・・・というか、パワーアップする。

 変態エネルギーが尽き、窮地に立たされたリシュは、今日たまたま司啓城を病欠していたパルテノスにケータイで電話を掛け、ドMエネルギーを補充すべく、よりによって“あの 女王様”に対し、物凄い悪口(=禁句)を言った。即行、次の瞬間にヴィンセント“ブタロー”ナイトレイは激しいご褒美(=折檻)を受け、変態エネルギーを補充する。(ちなみに、今回のリシュは、パルテノスのアッパーの一撃によって100m近く直上までぶっ飛ばされ、地べたに叩き付けられた後、激しく踏みつけられていた)

 変態パワーによって目覚め、“スーパー・ドエム人”(仮称)へと変身したルルーシュ・ランペルージは、瀬川泉と彼女の開発した鉄人○8号デザインをパクッたロボットと対峙。  「へーんーたーいー波ーーー!!!」と叫びながら、かめはめ波のパクリ技を放ち、鉄○28号デザインをパクッたロボットを撃破する六合鴇時。

 そんなふうにムチャ振りばかりするハクレン・オークから、思いっきり離れて、「全然、判らないんだけど・・・」と、呆れて思いっきり取り残される中野梓。
 そして、そんなあずにゃんを放っておいて、更に、勝手に強引に、ありがちな王道&超・ムチャ振り展開に入る。 「もう、機械が止まらない。 このまま全人類変態化計画は遂行されてしまうー」 ・・・だと。 後の展開が簡単に読める、究極のアホの極致である。

「みんな! みんなの変態を俺に分けてくれ!」 → 何となく見覚えのある黄色い球状のオーラが、世界中から小鳥遊宗太の手中に集まってくる → 「変態玉ー!」(仮称)と、世界中から集まった変態エネルギーがろくでもない装置にブチ込まれ、装置が破壊される。
「皆の変態のお陰で、助かった・・・」と、超野菜人状態の武藤カズキが呟き、萩村スズが主人公に惚れる展開になり、そして・・・・・・ 完全に取り残されてドン引きしている石動部長であった。


 取り敢えず、事が済んだ後に、司啓城のとある一室で、パルテノスが「私の事を、ブスとか ピー とかメスブタとか呼んでくれたわね~~~!!???」と蒸し返して、リシュがズタボロになって、そのまま今回は終了。

・・・・・・まぁ一部触れていない箇所があるにせよ、物語の本質とは全くズレの生じていないレヴューになっている筈だから(爆)

にほんブログ村 アニメブログへ   にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村     にほんブログ村

竹達さん、矢作さん、代永さん、失礼しました。(おや?)


どこまでも突き抜けすぎた、完膚なまでにアホ街道まっしぐらなおバカ回であった・・・



参考元:ゲーム「Vazial Saga -deluxe」

テーマ : えむえむっ!
ジャンル : アニメ・コミック

メタルじゃないし、ハードロックでも無い。 (ハープ演奏アルバム by 竹松 舞)

 今回紹介するのは、HR/HMとは大きく異なる、クラシック分野の中で活躍する人です。 あしからず。


 少し前に、たけちよ さんのブログ「理由は言わずもがな」で、ヴァイオリン奏者「デイヴィッド・ガレット(David Garrett)」が取り上げられたとき、少し自分のコメントの中で触れていた、日本人ハーピスト、竹松舞
 彼女は、ハープを始めてから僅か1年半でジュニアのハープ演奏コンクールで2位に入賞、その翌年に優勝したという実績を持っている。



・・・・・・現在では、父親の影響を受けて医師国家試験に合格し、音楽活動も続けながら医師として(多分真面目に)活躍もしている(らしい)。    公認ファンクラブ

竹松 舞 「Fire dance」 (1997年)
 見かけは癒し系 (アイドル的なルックス)だが、アルバムジャケットの写真写りが若干あざといように感じる ・・・というのはともかく、可愛らしいほわほわしたイメージの女性が、ソロのクラシック・ハーピストとして、16歳ながらデビューアルバムを作れるというのは、大したものである。
オビは ・・・無い。 というか、紛失したと思う。  ・・・場合によっては捨ててしまったかもしれないが(汗)。
1. ドビュッシー:アラベスク第1番(ルニエ編曲)
2. サルツェード:タンゴ
3. サルツェード:ルンバ
4. パッヘルベル:カノン(スーザン・マクドナルド&リンダ・ウッド編曲)
5. ワトキンス:ファイアーダンス
6. アッセルマン:泉
7. ケージ:ある風景の中で
8. サルツェード:夜の歌
9. レスピーギ:シチリアーナ(グランジャニー編曲)
10. ゴドフロワ:コンサート・エチュード
11. タイラー&チャイルド(AEROSMITH):エンジェル*
 
12. 竹松 舞:小さなエピローグ

 アッセルマンとサルツェードの両氏による楽曲は、元々ハープのためのものとして作られている。 それ以外には、「天国の楽器」とも称されるような、ヒーリングサウンドを奏でる楽器の代表格・ハープには似合いにくい曲ばかりではあるが、選曲とアレンジが良く光った、良い作品に仕上がっている。
* 「竹松舞」で検索した所、唯一この動画しか探し当てられなかった。 

・・・だからと言って、ロックバラード系の作品と比較するのも、何か物凄くおかしいと思うので、点数は当然付けない事にしておく。 ジャンル自体があまりにも離れすぎていると思う ・・・わけではないが。 (そりゃ、デスメタルとかプログ・パワメタとかと比べりゃ充分過ぎるほど解る話だが)


「Légende」 (1998年)
 顔写真のジャケットが、(以下略)  とりあえず、ハープ演奏による独特の切口が面白い。
 オビは、同じく紛失。
1. トゥルニエ:朝に
2. バッハ:主よ人の望みの喜びよ
3. サン=サーンス:白鳥
4.バッハ:サラバンド ~ 無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第1番より
5. ルニエ:レジェンド<妖精伝説>
6. 竹松 舞:ピュア
7. ビートルズ:ノルウェーの森
8. エアロスミス:エンジェル
9. ジョン・レノン:イマジン

 8.は、ヘルプとして外部のミュージシャンを起用しており、1stのヴァージョンとは少し異なっている。 9.では、竹松本人が自身の歌声を入れている。
・・・・・・・・・正直言って、こういう作品を取り上げたところで、「ただ単に、持ってるアルバムを消化しただけ」程度の所だが。
 


にほんブログ村 音楽ブログへ   にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ 
にほんブログ村

テーマ : ハープ(竪琴)
ジャンル : 音楽

折檻(BlogPet)

カ・メタルが折檻するつもりだった?

*このエントリは、ブログペットの「カ・メタル」が書きました。

Silence from Aput -SADIST「Season in silence」

 イタリア出身の、ネオ・クラシカル・スタイルのプログレ・デスを奏でる、世界トップクラスのバンド、SADIST の、最新作。     公式サイトへ。    YT公式サイトへ

  
  

SADIST 「Season in silence」 (2010年)
 
輸入盤につき、オビなし。 国内盤があっても良いと思うのに・・・。
1. Aput  2. Broken and reborn
3. Season in silence
 
4. The attic and the world of emotions
5. evil birds
6. Ogron  7. night owl
8. Snowman
9. Bloody cold winter
10. The abyss
11. Frozen hands  
12. Hiberna  

 1.は 2.のイントロ的な導入パート。 6.は 7.の、イントロ ・・・というようには自分は思えなかった(独立している と思った)。
 バンドリーダーである トミー ことTommaso Talamanca(G & Key) とアンディ(Andy Marchini)(B)、そして アレッシオ(Dr)&トレヴォール(Vo) の4人のアンサンブルは、相変わらず見事だ。
 92点。 曲、というかアルバム全体を通しての、怜悧さとかそういうのが、前作と比べると少し不足しているようにも感じたが・・・ しかし、やはり SADIST らしい美麗なメロディの充実振りは堅守されている。  ・・・ちなみに、B誌では全くレヴューされていない・・・。


 まさに、「激音の芸術」である。 ・・・・・・いや、そんなに言うほど、アグレッションはないかも知れないが。 「静」と「動」の絶妙なアンサンブルが心地好い。

 “クール” というよりは、敢えて “コールド(cold)” または “チリー(chilly)” と ・・・・・・・・・いや、やっぱり、“フローズン” と、賞賛すべきかな。


にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村

テーマ : MELODIC DEATH
ジャンル : 音楽

Cold White Funeral -The Two of the latter SENTENCED

 フィンランド出身・「Northernmost Killers」とも呼ばれた、メランコリックでダークな叙情派メタルバンド・SENTENCED の、晩期の2作品を、取上げたい。

「The funeral album」 (2005年)
 “自らの葬式”を挙げるという、かなり特異な終幕の引き方を選択した、フィンランド・メロデス・シーンの旗手にして耽美派メタルの最高峰として君臨したバンドの、最終作。  ・・・・・・実はこのアルバムだけ、原価購入でなく中古購入しているのだが・・・  しかも、つい3ヶ月ほど前に(爆死)。
オビ:「悲哀と美麗が木魂する終焉の地・・・ フィンランドの大地に佇む「センテンスト」の最終章(ラスト・アルバム)。悲しみの後に咲く1輪のメランコリックの華は決して枯れることはない・・・
1. May today become my day
 
2. Ever-frost
3. We are but falling leaves
4. Her last 5 minutes
5. Where waters fall frozen
6. Despair-ridden hearts
 
7. Vengeance is mine
8. A long way to nowhere
9. Consider us dead
10. Lower the flags  
11. Drain me
12. Karu  13. end of the road
[ Bonus trask for Japan ]
14. Nepenthe (live)  15. Brief is the light (live)

 5.は、初期のブルータルなメロデス調の、インストの小曲。
 94点
 B誌では、伊藤さんが92点を付けていた。 ・・・評価する人の信頼度としては、自分としては藤木さんと同等のトップ2に位置付けている方が、このような点数を献上したのである。
・・・・・・というか、  なぜ、クロスレヴューされない。


 続いて、この前のアルバム(通産7枚目のスタジオアルバム)
 
「The cold white light」 (2002年)
 このアルバムは、発表当初にすぐ手に入れていた。
オビ:「絶望と慟哭の旋律を奏でるフィンランドの強豪センテンスト。 傑作「クリムゾン」の衝撃をはるかに上回る超強力7thアルバム。」
1. Konevistan Kirkonkellot  2. Cross my heart and hope to die
 
3. Brief is the light
4. neverlasting
5. Aika multaa muistot [ everything is nothing ]
6. Excuse me while I kill myself
7. Blood & tears
8. You are the one
9. Guilt and regret
10.The luxury of a grave
11. No one there

(Enhanced-Video:Kiling me, killing you(PV) )
 

 91点。 ・・・いや、これは最低限ラインかな? 兎に角、優れたアルバムである。
 B誌では、小澤さんが86点を付けていた。

 いずれも、ダーク&ドラマティックの徹底されている、メランコリックな、しかもそれでいて“メタルとしての熱も持っている”素晴らしい作品である。


にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村

テーマ : 北欧メタル
ジャンル : 音楽

F-1・ブラジル戦は・・・ 見逃した(録り逃した)。

 F1のブラジルでのレースは、

 MBSでの、関西学生アメリカンフットボールリーグ・ハイライトを優先させて録画した結果、

 フジ系で放送していた野球が延長したために、完全にポシャってしまった。


・・・・・・・・・どうでもいい、余計な番組ばかりが録画されており、

  どうでもいい、野球延長などという不届きなもののために、

 関西学生アメフトリーグ・ハイライトを優先させてしまったがために、

 結果をデータで見るだけ だと・・・・・・・・・・・・




 インテルラゴス・サーキットで行われる、4.309kmを、71周するレースで・・・・・・・・・


 詳細内容については、自分でレースの様子を見ながら書いていきたかったので、大きく割愛。

 とにかく、小林可夢偉にとっては、華々しいデビューを飾った場所(去年の10/18)であり、そのデビューから丸一年が経過したという、何とも思い出の深い場所である。

 ヴェッテルウェバー という、レッドブルの1-2フィニッシュに続き、3位には アロンゾ が就けた。
 クビツァ9位、可夢偉10位、ペトロフ16位 で、セナ は母国で21位と、完走した選手の中では最下位に終わっていた・・・


 
にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村

テーマ : F1グランプリ
ジャンル : スポーツ

副題:野球のお陰でブラジルF1を見逃した余波  主題:アメフト関西学生リーグハイライト

 先ほどの記事でも触れたが、今回のF1ブラジル戦放送よりも優先して録画しておいた、関西学生アメフトリーグのハイライトを観て・・・


 そして、ようやく今日になって、先週録画しておいて、それから全然観てなかった 「関西学院大学 VS 立命館大学」 の試合のダイジェスト(90分、但しCM込み。 解説・リピート再生など含めて実質70分ちょっと?)を観た。

 第4節の4戦の結果:
同志社大学 VS 近畿大学,10 - 7 で同志社が1勝3敗、近畿大は4敗。
関西大学 VS 甲南大学,28 - 9 で関学が4勝目を上げ、甲南大は1勝3敗。
神戸大学 VS 立命館大学,28 - 0 で立命館が4勝目、神戸大は1勝3敗。 また、ここで1年レギュラー・WR(ワイドレシーヴァー)の頓花(とんか)の活躍がクローズアップされていた。
関西学院大学 VS 京都大学,29 - 0 で関西学院が4勝目、京大は1勝3敗。


 第5節の結果:
近畿大 VS 京大,26 - 18 で京大が2勝3敗、近大は未だ勝ち無し。
神戸大 VS 甲南大,14 - 10 で神戸大が2勝3敗、甲南大は4敗目。
関西大 VS 同志社,40 - 10 で関西大が5勝目を上げ、同志社は4敗目。 ここで、関西大の藤森の活躍がクローズアップされていた。

 そして、関学と立命館との試合だが、これは、TV放送版を改めて観てからの試合レヴュー記事を付けたい。

 もう観たけど、敢えて、別記事で!!!





 そして、5節目までの結果は、関西大と立命館が全勝、4勝1敗が関学、2勝3敗が京大と神戸大、1勝4敗が同志社と甲南大、そして近畿大が勝ち無し

となっている。


 次の放送が楽しみだ、いよいよ野球がなくなるからこそ余計に嬉しい

にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村

テーマ : アメフト
ジャンル : スポーツ

プロフィール

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。