スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Blackest&Geatest Evil's living in Heaven -or hell? (上げときます)

 まさに、「重鎮」とか「大御所」という言葉の相応しいHM界の存在と言えば、 ・・・・・・・・・・・・やっぱり、この方だろう!!! と思う。  ・・・いや、そう思わされる のだ!!!
 この、ヴェテランであるからこそ醸し出せるであろう、究極のヘヴィメタルサウンドは、どこの誰にも、どのバンドにも、一切真似できないだろうと思われる。

[ ※ DIO御大が、HEAVENに旅立たれたので、この過去記事を上げておきます。]


 私が、「2009年ベストチューン」 とか「2009年・年間トップ10アルバム」 でも挙げていた、ある意味究極にして至高の立ち位置にあるバンドとその作品が、今回紹介するこの作品である。

HEAVEN AND HELL 「The devil you know」 (2009年) (SHM-CD)
 左利きのギタリスト、“史上最高のリフ・マスター”“世界随一のリフ・メイカー”として君臨し、BLACK SABBATH の中でも特に重要な曲を創出してきた当の本人、まさに“唯一絶対神そのもの”である トニー・アイオミ 氏を主軸とし、相方として、無論 ギーザー・バトラー 氏も手伝って創出されたメタル・アンセムの数々・・・。 当然、日本版の解説担当は 伊藤 政則 氏。 なんと言うか、「王者の貫禄」そのもの。
オビ:「ロニー・ジェイムズ・ディオ トニー・アイオミ ギーザー・バトラー ヴィニー・アピス ―2007年に世界を震撼させたロニー在籍時ブラック・サバスの復活=ヘヴン・アンド・ヘルがオリジナル・アルバムとしてついに結実。奇跡が生んだ奇跡。オリジナルアルバムとしては「ヘヴン・アンド・ヘル」('80)、「悪魔の掟」('81)、「ディヒューマナイザー」('92)に続く17年振りとなる新作完成!」
1. Atom and evil
2. Fear
3. Bible black
4. Double the pain
5. Rock and roll angel
6. The turn of the screw
7. Eating the cannibals
8. Follow the tears
9. Neverwhere
10. Breaking into heaven
 あまりにも圧倒的過ぎて、本当に、採点に悩む。 嘗て、2009年最高峰の曲&アルバム として挙げた FAIR WARNING に大して、冗談とも本気とも取れないような勢いで「100点!」と言った事があるけど、それと同じような気持ちである。  威厳があり過ぎて・・・・・・
 各人の歌唱+演奏が優れ過ぎているのは当然、オジー・オズボーン の存在を吹き飛ばす ロニー・ディオ御大「BLACK SABBATH が BLACK SABBATH たる所以」である作曲の中心人物である トニー・アイオミ御大 の2人の存在感が物凄いし・・・ 勿論 ギーザー・バトラー御大ヴィニー・アピス御大 も凄まじいし。  いや、まあ、トップに挙げなかったとはいえ・・・ 兎に角、「これを聴かずに死ねるか!」というような名盤中の名盤なのは違いないので、いちいちサンプルなんぞ聴かずに購入決意して良し!!! ということで。
 あらゆる全てのメタラー必須の作品だろう,と。
 BURRN!誌では、北井:87点,小澤:96点,土屋:87点,前田:87点 ・・・となっているが・・・ 何故に、3人とも点数が同じなのー!?? 偶然ですかぁ~!?  じゃあ俺も、皆に倣って87t(←マテコラ)  ・・・とにかく、どこまでもグレイトな作品です。 
 ・・・う~~む、本当に難しいけど・・・ 97点にしておこうかな?

 メタルファンを自認するもの全てにとってのマストアイテム。 重要な事なので繰り返して言っておきます。

 続いて、発売日からなぜか1日送れて今日(4/22)届いた、B.SABBATH ライヴアルバムを紹介します。

BLACK SABBATH 「Live evil」 (2010年SHM-CD盤,初盤)
 ロニー・ディオ 在籍時代の B.SABBATH のライヴアルバム。  オジーを完全に超える強烈なヴォーカル特性を備えた“世界一のロック・ヴォーカリスト”として君臨していた頃の ロニー御大の壮絶な歌いっぷり、そして大御所の“HM界の唯一絶対神”トニー・アイオミ 氏のギター、その相方として機能し得る最高峰の存在たるベーシスト、ギーザー・バトラー、そのギーザーと共にバンドの屋台骨を支えるヴィニー・アピスらの共演。
 リマスター&SHM-CD仕様の形で、英国初回版LPの意匠を再現した帯や紙ジャケデザインなど という、B.SABBATH マニアの食指を動かす内容でありつつ、勿論他にも、一般メタラーの購買意欲もある程度刺激する (なぬ?) 要素のある作品
オビタタキ文章「ここにブラック・サバスがメタルの王たる証を立てた!! 完璧を極めたロニー・ジェイムズ・ディオのヴォーカル! 白熱するトニー・アイオミのギター・ワーク! あの"パラノイド"から"ネオンの騎士"まで全米を揺るがした史上最強のライヴ!!」
[Disc 1.]
1. E5150
2. Neon knights
3. N.I.B.
4. Children of the sea
5. Voodoo
6. War pigs
7. Iron Man
[Disc 2.]
1. The mob rules
2. Heaven and hell
3. The sign of the southern cross / Heaven and hell (continued)
4. Paranoid
5. Children of the grave
6. Fluff

 ・・・・・・やっぱり、ディオ時代が一番だと思う。  オジー? はっきり言って、ディオと比べたらヴォーカル能力が明らかに劣ってるでしょーが。  ・・・点数は、91 ・・・いや、92点か93点の辺りかも。
 

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

BLACKENED HELL or HEAVENLY SABBATH -「HEAVEN AND HELL - live '09」

 史上最高峰のメタルバンド、ディオ時代のBLACK SABBATH もとい、HEAVEN AND HELL の、唯一のライヴアルバムの紹介である。

 そんな、物凄く神格化された、そして実際にも凄まじく高く優れたミュージシャンシップを持ったバンド として、この、メンバー平均年齢・還暦 というバンドが、世間一般にも、そして当然私自身にも認知されている、強烈無比な、作曲・演奏・パフォーマンス力を持っている というのは、何と言うか、もう、とにかく信じ難い事だと思う。  ・・・そんなゴタクは置いといて。

HEAVEN AND HELL 「Neon nights ~ live at Wacken 2009」 (2010年)

オビ:「“DIO = 神”と呼ばれた男 最後の熱唱!!  2009年7月30日ドイツ『ヴァッケン・オープン・エアー』にて7万人の観衆が目撃した歴史的パフォーマンス! 日本では披露されることのなかった『ザ・デヴィル・ユー・ノウ』からの3曲を含む伝説完結編遂に登場!
[ CD side ]
1. Mob rules
2. Children of the sea
3. I
4. Bible black
5. Time machine
6. Fear
7. Falling off the edge of the world
8. Follow the tears
9. Die young
10. Heaven and hell
11. Neon knights


[ DVD side ]
1. E5150  2. Mob rules
3. Children of the sea
4. I
5. Bible black
6. Time machine
7. Fear
8. Falling off the edge of the world
9. Follow the tears
10. Die young
11. Heaven and hell
12. Country girl
13. Neon knights

[ bonus features ]
・30 anniversary interviews
(Ronnie James dio / Geezer Butler / Vinny Appice / Tony Iommi)
・Ronnie James Dio tribute

 買って良かったと思う。 実年齢よりずっと若いようにしか思えない、凄まじくエネルギッシュなパワーと聴衆を納得させるカリスマ性、等々・・・・・・・・・・・・ とにかく、観ていて、素晴らしいと思うしかなかった。

・・・・・・・・・・・・俺みたいな若造の「買って、良かった!」という意見なんかとりあえず捨て置いて、「買え。 それだけの価値はある。」という結論 ・・・・・・しか出せない。 “凄まじく円熟味の溢れた”とか言った所で、それだけで言い表せる訳でもない。 そんな、世界最高峰のヴェテランミュージシャン達のライヴだった。

 点数は、・・・・・・付けられません! ・・・だって、物凄く迷ってしまうから。  とにかく、「充分に満足させられた」というのが事実なのには変わりがないし。

 曲(動画)の紹介は、無粋だと思うので、敢えてしない,という事で。


にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村

テーマ : LIVE
ジャンル : 音楽

神代の二大傑作集 -BLACK SABBATH「Dio years」 「Sabbath stones」

記念すべき700番目の記事では、
 数週間前に買ったブラックサバス の新の黄金期のベストアルバム「The DIO years」と、併せて10年以上の古い付き合いになる家宝(ある意味、“家法”とも言う)の1つ・「The Sabbath Stones」を紹介しておく。


 “メタル界の唯一絶対神”と呼んでも差し支えない、圧倒的な作曲力、演奏力、影響力を持つ、BLACK SABBATH の最重要たる存在、トニー・アイオミ 御大の功績に、更に磨きを掛ける2人の存在、“ベースの神”ギーザー・バトラー と、“HR/HM回の歌神”ロニー・ジェイムズ・ディオ との、華麗な共演。
 勿論、ヘヴィでタイトなドラムを演奏してバンドの屋台骨を支える ヴィニー・アピスビル・ワード らの存在も、見逃せない。


BLACK SABBATH 「The DIO years」 (2007年)
 後に、バンド・ HEAVEN AND HELL へと派生して行く布石とも言うべきアルバム。
オビ:「今蘇る、唯一無二の旋律と究極のヘヴィネス。 メタル界屈指のヴォーカリスト、ロニー・ジェイムズ・ディオ時代の“様式美サバス”最強ベスト!」

1. Neon knight
2. Lady evil
3. Heaven and hell
4. Die young
5. Lonely is the word
6. The mob rules
7. Turn up the night
8. Voodoo
9. Falling off the edge of the world
10. After all (the dead)
11. TV crimes
12. I
13. Children of the sea (live)
14. The devil cried
15. Shadow of the wind
16. Ear in the wall

 14.~ 16.の3曲は、アイオミ、バトラー、ディオ の三神 に (ヴィニー・)アピス が加わった状態で2007年に作られた、新曲。
 当然だが、名曲だけしか収録されていない。  本当に、おじい さん なんて、別にどうでも良いと思う。(←コラコラ)  そんなことを聴き手に感じさせる、圧倒的な“神”の歌が心地好い。 90点。 B誌では、小澤さんが86点を付けていた。


 次に、BLACK SABBATH「I.R.S.」レーベルに在籍していた時代の作品を集めたベストアルバムを紹介しておきたい。


「The Sabbath stones」 (1996年)
 トニー・マーティンイアン・ギラングレン・ヒューズ らがヴォーカルを務めていた時期の作品も含めたアルバムで、実は、これが私にとってのサバス・アルバム。  当時、BLACK SABBATH の、何かの教科書的なアルバムを探していたら、ベスト盤的な作品として、これが目の前に飛び込んできたから(他のベスト盤(的なもの) は、丁度見当たらない状態だった) 
 オビ、紛失。  ・・・既に10年以上も前に購入していた。 愛聴版の1つである。

1. Headless cross
2. When death calls
3. Devil & daughter
4. The Sabbath stones
5. The battle of TYR
6. Odin’s court
7. Valhalla
8. TV crimes
9. Virtual death
10. Evil eye
11. Kiss of death
12. Guilty as hell
13. Disturbing the priest *
14. Heart like a wheel *
15. The shining *

 8.がディオ時代の唯一の曲(前出)、
 13.は イアン・ギラン がヴォーカルを取っていた頃・アルバム「Born again」からの曲、
 14.は グレン・ヒューズ がヴォーカルを取って、実質 アイオミ御大 のソロアルバムとして世に出たアルバム「Seventh star」からの曲。
 他の全ては、T.マーティン 氏が担当していた頃の曲で、15.が T.マーティン を迎えた第一弾アルバム・ 「The eternal idol」からの曲。
 威厳のある、“ドラム神”コージー・パウエル の演奏が聴けるのは、1.~ 7.と 11., 12.(収録アルバムは、「Headless cross」 「TYR」 「Forbidden」である。
 9.と 10.(アルバム「Cross purposes」収録)でドラムを担当しているのは、ボビー・ロンディネリ 氏。
 尚、キーボードは総て、ジェフ・ニコルズ 氏が担当している。 

 見事な、メロディック/ドラマティック・チューンが揃っている。 アクの強いディオ神の声とは違い、T.マーティン 氏の声質は非常にクリーンなので、余計に“メロディックだ”と感じやすい。  89点
 G.ヒューズ氏との共作もとても優れている。 「Seventh star」は、充分に“マニアじゃなくても押さえておくべき逸品”だと思う。 勿論、ディオ/マーティン 時代の方が おじい さんの時代よりも優れている,と認識している人限定だけど。  ・・・でも、この名曲1つを聴いただけで私は、「絶対に、この「Seventh star」を、買いたい‼」と思ったものである。 (そして数年後、入手した)

 ちなみに、「I.R.S.」レーベル時代の曲は 1.~ 12.で、13.~ 15.の「Vertigo」レーベル在籍時代の曲(*)が日本向けのボーナストラックとなっている。



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

非常に洗練された、永劫たる偶像 -BLACK SABBATH「the eternal idol」

 トニー・マーティン が初参加した BLACK SABBATH のアルバムの、最近出たばかりのSHM-CDヴァージョンを。   購入記事

BLACK SABBATH 「Eternal idol」 (SHM-CD盤2011年,1987年初盤)
 ずっと以前からチェックしていたのを、漸く遅ればせながらのSHM-CD盤発売を機に、ようやく購入に踏み切った。
 レイ・ギラン がバンドを離れた後、嘗て(1985年に) B.SABBATH のヴォーカルオーディションを受けたことのある トニー・マーティン を招聘して制作した、“ジャンルとしてのドラマティック・メタル”の道を切り開いた作品。
オビ:「確かに重い感触、しかしけっして重すぎない――。 これが新生ブラック・サバスだ。 1970年2月13日金曜日にデビューして常にヘヴィ・メタルの王道を歩んできたブラック・サバスの通算15作目。再び炸裂するトニー・アイオミのギターに加え、ニュー・ヴォーカリストとしてトニー・マーティンを加えた新生サバス誕生。」

[ Disc-1 ]
1. The shining   
2. Ancient warrior
3. Hard life to love
4. Glory ride   
5. Born to lose
6. Nightmare
7. Scarlet pimpernel   8. Lost forever
9. Eternal idol   
(Bonus tracks)
10. Black moon
11. Some kind of woman

[ Disc-2 ]
1. Glory ride
2. Born to lose
3. Lost forever
4. Eternal idol   
5. Shining
6. Hard life to love
7. Nightmare
8. Ancient warrior

 今回のボーナスディスクは、全て「Eternal idol :Ray Gillan session」からの出展で、こちらの方もSHM-CD仕様である。

・・・・・・何というか、説明不要 というか、説明するのも野暮 という領域に属する作品だと思う。 メロディック・メタルのファンを自認する者なら、確実に押さえておきたい一品だ。
 92点。 この荘厳な様式美が、後に「Headless Cross」や「Tyr」などを生み出すこととなるのである。


 本当に、トニー・アイオミ 氏は、神である。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

神話領域に接する、黒き美旋律作品集 「Tyr」「Headless cross」

 10年程の付き合いのある BLACK SABBATH のアルバムで、トニー・マーティン(Tony Martin) 時代の2作を。

 共に、トニー・アイオミ絶対神 と、元祖ドラム・ヒーロー、コージー・パウエル の2人によるプロデュースの元制作された名盤。

BLACK SABBATH 「TYR」 (1992年)
 ベースは ニール・マーレイ(Neil Murray) が担当。
 オビ紛失。

1. Anno mundi
 
2. The law maker
3. Jerusalem
4. The sabbath stones   
5. The battle of Tyr - 6. Odin's court - 7. Valhala
 

8. Feels good to me
9. Heaven in black

 1.は勿論、既に半年以上前、GIUNTINI PROJECT のアルバム「Ⅲ」を紹介した時に(カヴァー版で)音源を紹介していたが、 ・・・・・・・・・どれほど時代を経ても色褪せない名曲である。
 90点。 様式美メタルの原典ともいえるドラマティックな名作。


「Headless cross」 (1989年)
 ベースは、ローレンス・コトル(Laurence Cottle) が担当。
 オビ紛失。

1. The gates of hell   2. Headless cross
 
3. Devil & daughter
4. When death calls   
5. Kill in the spirit world
6. Call of the wind
7. Black moon
 
8. Nightwing

・・・・・・・・・何というか、「上に同じく」様式美メタルの原典 という言葉が一番相応しそうな気がする ・・・
 要するに、それだけ荘厳なドラマティック・メタル・アルバムだという事。 91点


いずれの作品も、ギーザ―・バトラー 御大が参加していないものの、それを気にさせない堂々とした荘厳な作風だ。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

蒼く輝く黒き双七星 -BLACK SABBATH「seventh star」

 BLACK SABBATH の大黒柱である トニー・アイオミ がソロ名義で出そうとした、グレン・ヒューズ との初の共同作品。   購入記事


BLACK SABBATH 「Seventh star」 (SHM-CD盤2011年,1986年初盤)
 既に、通常CD版を持っていた(中古店で購入)のだが、欲しい気持ちが高まってしまったので購入に踏み切った。 そんな名作。
オビ:「厳しき黒衣の大いなるギタリストよ、暗黒の碇をあげ波切り進み続ける! ブラック・サバスのギタリスト、トニー・アイオミの待望のファースト・ソロ・アルバム」

[ Disc-1 ]
1. In for the kill   
2. No stranger to love
3. Turn to stone
4. Sphinx (the guardian)   5. Seventh star
  
6. Danger zone
7. Heart like a wheel
8. Angry heart
9. In memory...   
[ Bonus track for Japan/SHM-CD ]
10. No stranger to love

[ Disc-2 ]
(live at HAMMERSMITH ODEON, London, 2nd June 1986)
1. Mob rules
2. Danger zone
3. War pigs
4. Seventh star
5. Die young
6. Black sabbath
7. N.I.B.
8. Neon knights
9. Paranoid

 2枚組SHM-CDとして評価して、88点。
 当然、ディスク2 のライヴでは、グレンがヴォーカルを取っている。 BLACK SABBATH というバンドが、元々はブルースを原点としていた事がある意味クッキリと判明する? という見方も出来る秀作。
 グレン・ヒューズ の歌唱が以外とマッチしている ・・・というよりは、グレンが強引に“過去のサバス曲を自分の色に染め上げた”という方が適切か。


で、ついで というか蛇足ながら、ネタバラシを。

 ・・・・・・このアルバムは、実は数年ほど前に最寄りの某新古書店で発見し、ずいぶんと安く手に入れていた。

「Seventh star」 (2001年再発版)
 → 当時のアルバムについていたオビ: 「トニー・アイオミのソロ・アルバムとして制作されたアルバムをブラック・サバス名義でリリースした異色のアルバム!!」

1. In for the kill
2. No stranger to love
3. Turn to stone
4. Sphinx   5. Seventh star
6. Danger zone
7. Heart like a wheel
8. Angry heart
9. In memory...



 デイヴ・スピッツ がベースを、エリック・シンガー がドラムを、そして キーボードはいつも通り ジェフ・ニコルズ が担当している。
 
・・・当然といえば当然だが、これをレヴューする ・・・じゃない、久しぶりに聴いてみると、Iommi & Hughes のセッション・アルバム「Fused」を欲しくなってしまう。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

ヘヴィメタルの王道型 BLACK SABBATH「heaven and hell」「The best of ~」

 BLACK SABBATH の「Heaven and hell」(SHM-CD版)を、ようやく買った。

 というわけで、何度か繰り返し聴きまくったので、レヴューすることに。

 一月ほど前 ・・・というか、年明け頃から トニー・アイオミ(Tony Iommi) が癌(悪性ではない)との闘病生活を送っている事は、ニュースを知って以来ずっと気掛かりではあるのだが・・・ 快復を祈る事しか出来ないのが残念。 ディオ神の事もあるので、「悪性ではない」と言われても、思わず心配してしまう。


BLACK SABBATH 「Heaven and hell」 (1980年初盤,2004年リマスター,2011年SHM-CD)
 アイオミ・ギーザー・ディオ の3巨頭と ビル・ワード の4人編成で収録された、文句無しの名盤。
オビなし(小文字の説明文のみ)。 ・・・・・・これまで、何度も(SHM-CD版を)買おうとしていたのだが、すぐに売り切れて(≒乗り遅れて)しまっていたのだが、今回ようやく(1800円の廉価盤SHM-CDを)手にする事が出来た。 

1. Neon knights
2. Children of the sea
3. Lady evil
4. Heaven and hell
5. Wishing well   
6. Die young
7. Walk away
8. Lonely is the word   

 説明不要 というか・・・・・・ どううまく説明すればいいのか判らないが、とにかく、名作と言える内容。
 メロディ、楽曲構成、テクニック、全てが最高水準にある。
・・・あ、なんとなく、結局まだ、興奮が抑えられずに冷静じゃない捉え方をしているなー ・・・と、実感してしまった。
 点数は、92点。 今回は敢えて、知名度の低めな曲を紹介しておいた。


にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村
 

続いて、10年程前のリリース当時に素早く買っておいた BLACK SABBATH ベスト盤を紹介しておく。

続きを読む

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。