スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

低音の、冷徹トレーニング? ( 「鬼灯の冷徹」アニメ、3話まで)

 既に2月に突入しているが、その時点でようやく、2014年から始まったアニメを記事に出しておく。


 自分が以前から注目していたのは、珍しく安元洋貴さんがそのバリトン声を最大限に発揮し、主人公振りを見事に演ずる「鬼灯の冷徹」である。

金城護・総北高校自転車部主将:「我々総北自転車部が目指すのは、連覇だ! よって、練習内容はこれまでに比べて更に厳しくなるだろう!」
今泉俊輔:「いや、貴方は既に引退しましたよね? それに、」
金城主将?:「よって、地獄でのトレーニングを行う!」
今泉:「・・・は? 地獄“で”行う? 内容が地獄とかではなくて?」

武内源太・海常高校バスケットボール部監督:「諸君も既に知っている通り、我々海常バスケ部は、WC準決勝戦で誠凛に、そして3位決定戦で秀徳に敗北している!」
若松孝輔・桐皇学園次期キャプテン:「待て、何故俺がこの場に出て来なくちゃなんねーんだ!」
鬼灯:「担当声優が同じ鳥海浩輔さんだからです。」
黄瀬涼太:「え? 何? 一体どうしたんスか? 今からどうなるんスか!??」
武内監督?:「よって、今度は優勝できるように、地獄でのトレーニングを行う!」
「ふーん・・・ ? (なんか引っ掛かるような気が・・・ まぁいいか) 」

金城:「現世での地獄は、地獄での日常だ!」
武内:「よって、地獄でのトレーニングを克服した者は、現生での試合など勝てて当然んんん!!!」

小野田:「え、あ、あの・・・」
金城:「先ずは、皆でテーマソングを歌おうか!」
「あの、い、今から一体・・・・・・??」
武内:「ここは地獄~、地獄~、」
金城:「みんなで楽しくトレーニングだよ~」

 (中略)
武内:「1000本シュート!」
金城:「1000㎞走れ!」
武内:「針の山でファルトレク!」
金城:「針の山を駆けあがれ!」


武内:「血の池プールで基礎体力向上!」
金城:「錆びるから、自転車は近づけないように!」


武内:「動物注意! 飛び出し注意!」
アイザック(@ログ・ホライズン):「オイ待て、そこの神奈川県球技アスリート・・・。」
金城:「轢き殺しても、誰かさんみたいにトラウマを引きずらないように!」
新開:「何だと?」
武内:「テツヤ2号を大事にしないと、そこの緑頭みたいに不喜処地獄に行く事になるぞ、そうしたら練習に集中出来なくてだな・・・」 
100年以上前のイギリスの変態悪魔執事:「すみません、黙って下さいますか、そこのインド人さん?」

金城:「凶暴化した悪霊たちから、全力で(自転車で)逃げろ!」
武内:「凶暴化した悪霊たちを撃退するお札を貼り付けたボールを、ここにたくさん用意してある!」

総北自転車部&海常バスケ部の部員達:「「「そんなムチャな練習させんなーーーー!!!!」」」」

金城:「練習が終わったら、食事だ!」
武内:「金魚草の解体ショー、並びに金魚草のフルコースを振る舞おう!」

(部員達:「「「おい・・・ あれ、食べれんのか・・・?」」」 )
金城:「サンタクロースなど、我ら地獄の住人からすれば、ただの食材でしかない!」
武内:「それを、呂不韋とかいう、あのEUの相国は、勝手に勘違いして怯えて逃げ出すとは・・・」

昌平君:「人の上司を捕まえて、よくも変なセリフを吐いてくれおって・・・!」
青峰:「オイ、誰かあいつらにツッコんでやれ!」
寒咲通司:「そうだな・・・ しかし、どのようにツッコんでやればいいのかな?」


金城&武内:「「地獄での特訓!」」
その他全員:「「「「何か、違うと思う・・・」」」」
武内&金城:「「もとい、地獄の特訓!」」
今泉&若松:「「誰か、あの2人を止められないのか?」」
金城:「私は!!!」
武内:「明朗快活ですよ!」
鬼灯:「・・・・・・しかも、動物好きです。」



 次からは、第4話からの内容を、通常レヴューの形でお送りします。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 鬼灯の冷徹
ジャンル : アニメ・コミック

鬼たるもの、斯くあるべし。 - 鬼灯の冷徹 4・5話

 地獄の警察は、烏天狗たちによって構成されている。機動力に富む、デフォルトで空を飛べる烏天狗がこの仕事に非常に向いているからである。
・・・・・・しかし、そんな烏天狗警察の中でも、唯一飛べない烏天狗がいる。 それは、牛若丸 こと、源義経である。( ※ 義経は、烏天狗の修業を受けた,という伝説がある ← 小学校レヴェルの日本史知識)

武内監督:(上手く節を合せて歌いながら) 「海常の優勝は、黄瀬次第ィィ~~~ッッッ!!!」
黄瀬:「い、いや、何なんスか、一体・・・・・・」
「今回貴方には、牛若丸と合同で、“跳”ぶ訓練をしていただきます。」
「空を“飛”べ、とは言ってないからな、あと、地獄警察の広報担当と共同で写真撮影をする予定があるが・・・ そっちの方は事務所に許可を取ってあるんで!」

「はァ~~~? 何なんスかそのムチャ振りー!!?」

 ちなみに、その義経は、800年間吹き続けていた横笛に飽きてホルンにチャレンジしていたのだった。
 また、地獄での「本当にあった怖い話」は、死者を乗せて運ぶ妖怪・朧車による「臨死体験をした人を乗せたことがあり、地獄門まで案内したらその人が「俺はまだ生きてるんだ―!」と叫んで暴れ出した」という類の内容である。
 地獄にも家庭裁判所はあるらしい。 ちなみに、朧車の車内灯を務める提灯お岩のcv担当は、渡辺明乃さん。
 あと、朧車達はその車体構造の特性から、自分達を(ト○ロの)「ネコバスと同類」と言い張っている。 ・・・・・・いや、確かに当たらずも遠からずだがwww

 野干(やかん) 地獄は、口の過ぎた者が落ちる、“鬼”姑達に散々いびられる,という拷問を担当する地獄である。
「鬼なるもの、残酷であれ。容赦や情けといった物は、天国に任せておけば良いのです!」という、厳しくも的を得ている鬼灯の送辞の下、新獄卒研修を終えた者達が訪れた所は、“芥子(からし)”という名前の兎(かちかち山 に出て来る)。種崎敦美さんの演じる極めてエキセントリックで暴虐にして苛烈な芥子さんは、自己紹介で「私のモットーは、じわじわ報復する です!」とアピールする。「狸」という言葉に反応して邪気の如く豹変する彼女は、1000年近く経っても未だに狸に対するドス黒い感情が消えずに残っており、鬼灯の「狸」発言に誘導されて可愛らしいイエウサギから悪鬼へと変貌し、傷口に塗り込むための辛子味噌の作り方に激しく熱が入る事に。
 通りすがりのぶんぶく茶釜の狸をとんでもない言い掛かりの言動で“断罪?”するという無茶苦茶な行動をとった芥子。しかし、鬼灯はそんな芥子の一連の言動をしっかりと見て、研修修了者たちに「貴方達も、こういう『やり過ぎ』なくらいの気構えで居て欲しいものです。」と助言を送るのだった・・・


 天国では漢方薬とその効果を桃太郎に説明しながら白澤が漢方薬を作っていた。一方、地獄の閻魔殿では、鬼灯が簡法と功科について説明しながら、シロ達と共に天罰鍋を作っていた。で、互いに材料が一つ足りない事に気付き、同じ地へと足を運ぶことに。
 地獄の門番・牛頭馬頭は女性仕様。馬頭の方は、島本須美さん。中国の神獣・白澤と日本の鬼神・鬼灯による、何とも言えない凄絶なケンカが地獄門のエリアで再度勃発し、流れは一応終結へと集約していくのだった・・・

 地獄での運動会は、開催委員長を務める鬼灯が「最近は、生温い内容に感じている」との事で、精神的にも堪える内容へと大幅に変えた模様。
 不喜処地獄でリーダーを張っている筈の小型犬・夜叉一が、ケルベロスと対戦する事になって棄権宣言をする。しかし、それだけでは終わらず、鬼灯が「夜叉一さんは賢明な判断をしましたね。」と言いながら、続いてケルベロスに対し「何か、一芸を!」とムチャ振りをかます(精神的疲労も確実に感じさせる為に),というお茶目な側面を垣間見せる。
 その他、司会進行役の鬼灯さんが、遺憾なくその茶目っ気? を発揮して、獄卒(運動会参加者)達に精神的苦痛を与え、苦行を乗り越えるように情け容赦なく促す という、見事な行為(爆)が各所で見られた。
 正に、「鬼たる者、獄卒たる者、残酷であれ!!!」のモットーを地で行く精神を貫き通す鬼灯さんは、実に見事である。

にほんブログ村 アニメブログへ   にほんブログ村 アニメブログ 声優へ
にほんブログ村   にほんブログ村

テーマ : 鬼灯の冷徹
ジャンル : アニメ・コミック

鬼灯の冷徹 6話 A&Bパート (鬼っ娘アイドル、ピーチ・マキ は、無視の方向で。)

 「鬼灯の冷徹」第6話のみ の、AパートとBパートを。

週刊誌『週刊 三途の川』は、どこぞの芸能ゴシップ満載の低俗な雑誌。その編集記者を務める猫又妖怪の名前は、「小判」。担当声優は、「もやしもん」で、もっさりしたダブル男先輩の片割れとか、他にも色んなアニメで色んな役で活躍する杉山紀彰さん。
 さて、その「小判」であるが、TVで鬼灯がインタヴューに応じているシーンをふと見て、ピンときた。鬼灯が現世視察の際に「猫カフェに行ってみたい」とお茶目な発言をする所に,ではなく、閻魔大王の第一補佐官であるという職務に着目し、「小判」は鬼灯への一日密着取材を敢行する。
 秘かに鬼灯を「閻魔のイヌ」呼ばわりする「小判」だが、最終的にはその地獄耳によって聴かれてしまい、お仕置きを受ける事になるのである。
 シロ達“元・桃太郎のお供”と出会った「小判」は、特に犬を邪険に扱うが、シロの方は猫に対して好意的に接する。
 また、「駆け込み乗車はおやめください」とのアナウンスが流れる中、やや遅れて電車乗り場に来た鬼灯は、締りきる直前の扉を強引に抉じ開けて乗り込む,という唯我独尊な行動をとるのだった。
 到着先の駅で夜叉一と久し振りに出会った鬼灯による、これまたお茶目な発言:「夜叉一とクッキーの子、ヤシャッキー」
・・・・・・で、何のかんのありながらも、不喜処地獄でも特に有名な小型犬夫婦の愛の子の出産が無事に終了する。

Bパートでは、「もやしもん」で、もっさりしたダブル男先輩の片割れとか、他にも色んなアニメで色んな役で活躍する小西克幸さん演じる(←おい)EU地獄のNo.2 である「ベルゼブブ」が日本の地獄にやって来る。重要機密事項の書類を扱う仕事なのでミスが無いように,との事なので、この件に関しては互いに一苦労するらしい。
 ベルゼばぶの人間界での育ての親(爆)は、エリート中のエリート・高級官僚にも関わらず、一般人と同じ対応をされ屈辱に耐えていた。しかも地獄飛行場の危険物検査機を通り抜けることも出来なかった。様子を見に来た鬼灯に対し、「そういえば、俺の胃液が毒物だ。」と申告すると、それをバケツに全部吐けとまで言われてしまうのだった。
 たたき上げで日本地獄のNo.2にまで登り詰めた鬼灯とエリート組出身でEU地獄のNo.2となったベルゼブブは、互いに挑発的な言動を取り合う。
 「灼眼のシャナ」の中で虹の翼・メリヒムが吼号呀(こうごうが) ・ビフロンスに対して「ドS男爵」とか「お前の目付きの悪さ、ハシビロコウより恐ぇーんだよ!」とか叫ぶ様子は、なんか「有能な者同士の会話」から物凄く遥か彼方に位置するものであり。。。
 後日、鬼灯がEU地獄の方に用事で来た時、侍女悪魔(?)の姿の話となった。 メイド姿という服装について、「サタン様の趣味大全開だ。私も嫌じゃないので、そのままにしている。」とベルゼが言うと、鬼灯も「私も嫌いではないですね。ミニスカートでない所が、更にいい!」と返す。
「意外だな・・・ 朴念仁かと思っていたのだが・・・」とベルゼが返すと、「節度があるのと朴念仁は違います。 人だろうが鬼だろうが虫だろうが雄蕊だろうが、オスの行き着く先は皆同じ!!!」と鬼灯は返すのだった。
 更に、「上は洪水、下は大火事、オスにとっての正解は何だ?」というベルゼの問いに対し、鬼灯は「据え膳食う前に起きる、脳と本能!」と答える。
 ここで、互いに波長が合うと認め合い、日本地獄とEU地獄それぞれのNo.2同士は「今度来るときは、相応のおもてなしをしよう・・・」と心に誓うのであった・・・。

にほんブログ村 アニメブログへ   にほんブログ村 アニメブログ 声優へ
にほんブログ村   にほんブログ村


 小西さん、安本さん、あと杉山さん、失礼しました。。。

テーマ : 鬼灯の冷徹
ジャンル : アニメ・コミック

恐怖のバリトンが絶対的な公権力を振るう、世にも素敵な今季アニメ 「鬼灯の冷徹」 第8話までの2(×2)話

 「鬼灯の冷徹」第七話と第八話について、紹介しておく。既に九話は放送されているが、まだ観ていないので。

第七話のAパートは、衆合地獄の説明に重点が置かれたサブストーリー集。
 衆合地獄は浮気性の男に対する拷問が実行されており、これまでに何度か登場していた お香 がリーダーとして獄卒を纏め上げている。女性の獄卒が多く、その性質上、この衆合地獄で上手くやって行ける男性は、よほどの堅物か相当のナンパ者だけ,という事らしい。
 元々は亡者を誘惑するだけのお飾りだった女性獄卒は、時代の変化も考慮されて現在では積極的に拷問も行っている。
 お香 によって試験的に導入された女性獄卒の身によって結成された、「拷問戦隊 ど助兵衛熟女隊(ドスケベマダムス) 」は、マゾっ気の強い唐瓜の喜ぶ反応を目の当たりにしたお香と鬼灯の両者によって一時凍結の方針となる。

Bパートでは、「スーパーで、商品のベルマークだけを切り取って盗み集めた」という罪(要するに、器物破損と窃盗の罪)を持った亡者の行先は「黒縄地獄」である,と判明。
 ぎっくり腰となった閻魔大王に対し、鬼灯が自ら治療術を施行していく。地獄式鍼灸方法として、閻魔をまるで虐待するかの如く、あの声と顔で情け容赦なく(そして楽しそうに)針やお灸を試していく鬼灯。
 シロと柿助、そしてルリ夫が地獄門まで遊びに来て、閻魔の様子を見舞う。 針→刺す、あんま→加圧、温熱法→火 という発想から、柿助は、かつて自分を殺す事になった、「さるかに合戦」の蜂と臼と(火中の)栗を思い出した。
 柿助は、一度地を獄に来た後に蟹の一家に対する傷害致死罪の償いとして“一時的に神獣として扱われ、桃太郎のお供をする”という経緯辿っている。
「いつ見ても思うんだけどさ、柿助の代表的な3敵って、スー○ーマリオの敵キャラみたいだよね」とは、シロの台詞。
 話しは現世旅行へとシフトしていき、鬼灯はオーストラリアでタスマニアデビルを手なずけて(というか、調教して)、その様子を写真に撮ったエピソードを誇らしげに語り始めた。
 ちなみに、鬼の角は帽子で隠しているが、脱がざるを得ない状況を極力避けるための手段として、ジャパニメーションファン等、中途半端な(変な)日本の知識を持つの外国人を相手に「I'm a japanese ninja! Top secret!」と説明すると切り抜けられる,と三獣に説明するのだった。
 閻魔が温熱地獄に行きたいというと、動けないのが解っていながら「自力で行け!」と容赦なく檄を飛ばし、吸血ビル(地獄蛭)を使った瀉血法を試し、お灸で(多分ワザと)火傷させたり・・・ と一通りの治療法で閻魔に苦行を課した(試した?)後、最終的には雷神を呼び寄せて電気針と整体法で閻魔のぎっくり腰をようやく治してあげた鬼灯様。今回も、見事な冷徹振りであった・・・。

夜叉一とクッキーの愛の子が三つ子だと判明した第八話のAパートでは、「週刊 三途の川」編集部の にゃん集長(名前、くしゃみ)と小判、そして駆け出しアイドルのピーチ・マキが登場し、メインで動く。
 地獄のTV番組「阿鼻叫喚 報道マーベラス」に出演していた鬼灯とピーチ・マキがTV局内で久し振りに顔を合わす。そこで更に「ゴシップ記者」小判が現れ、ピーチ・マキのスキャンダル記事をねつ造しようとする。
 スキャンダルの相手に鬼灯を,と考えた時点で小判のその先は決まっていた・・・ カメラ、並びにカメラ付ケータイを取り上げ、収めた多数の(ねつ造用?)写真を全て消去しただけでなく、意味のない写真を多数ブチ込んでケータイメモリを満杯にする上で保護処理を行い削除できなくする,という鬼灯様の冷徹振りに小判が逆上し、ピーチ・マキに脅迫紛いの態度で当たる。
「お前、アイツに色目つかってケータイ番号教えろやぁ―!」と怒鳴る小判の後ろから、鬼灯様が“あの”顔と声と、更にまさに鬼神そのものである膂力をフルに発揮しながらカッコよく華麗に登場してくる。
「去って行くふりをして実は隠れて聴いている という手段に発想が及ばないとは・・・」と、小判を視線とオーラ(と声)だけで瀕死状態に追いやり、ピーチ・マキには「色目、使いますか? ケータイ番号、教えますか?」と声にドスを効かせたまま&黒いオーラを放出したままで喋り掛けてくる。
 更に、「本当に何か変な事書いたら、権力と腕力の全てを使って潰しますよ、総合的にね。」という、まさに究極の脅し文句で睨みを利かせる、鬼灯様の冷徹振りが素敵に爆裂。
 奪湯婆とにゃん集長がこの話のオチを務めた。

Bパートは、新人獄卒の茄子の芸術的才能がクローズアップされていた。
 200年前に描かれて以来ずっと放置された壁画を、閻魔と鬼灯が2人で話し合い、「修復せずに別の絵を上から描こう」という案に落ち着いた。
 地獄での芸術コンクールに何度も出展多数の入賞を果たしている茄子だったが、人が多い所は苦手なので、受賞の言葉はダメダメだったらしい(唐瓜情報)。
 茄子の芸術の腕に興味を持った鬼灯は、作品をもっと観たいと茄子の家を訪れる。
 金魚草の木彫を観て気に入った鬼灯に茄子は無料で進呈しようとするが、「いえいえ、これはお金を取れる作品です!」と丁寧に辞退する。
 また、茄子が「黒縄地獄の岩を原料に絵具を作ったら、呪いの顔が浮き出てくる非常に立体的な(しかも動く)絵になるんだ。」と絵の具を紹介すると、鬼灯は更に興味を示す。
 そして、葛飾北斎が200年前に描いた例の壁画の上に、茄子の描いた斬新な絵が描き上げられる事となった。
 更に、北斎の引っ越し癖と改名癖のエピソード(※ 実話)が紹介される。
 オチは、例の呪いの絵の具で服に描かれたカエルの絵が動き始める,という、あの往年のアニメをモチーフとしたシュールなシーン。

にほんブログ村 アニメブログへ   にほんブログ村 アニメブログ 声優へ
にほんブログ村    にほんブログ村

テーマ : 鬼灯の冷徹
ジャンル : アニメ・コミック

ド冷徹に突き進む、第九話

 今回は、「鬼灯の冷徹」第九話のみを紹介しておく。

Aパートでは、中国で吉兆の神獣に位置する筈の白澤の、あまりにもだらしな過ぎる日常が取り沙汰される。
 ほぼ毎日二日酔いで、しかも女連れで自宅に帰ってくる白澤を見て、桃太郎はつくづく「サイテーだわ、この人・・・」と思うようになっていた。
 美女と飲み明かし、知らずにぼったくりバーにまで足を運んでしまう白澤は、漢方薬に詳しくなった理由を「酒対策でなく、女性を相手にする為の体力/精神力回復手段」だと桃太郎に弁明する。結局、余計に桃太郎は呆れる事に。
 飲み屋に誘われた桃太郎が目にしたのは、「見た相手を認識してから0.1秒で威嚇してくる」という、強面の代表格(?)である、鬼灯様その人であった。
 閻魔大王と鬼灯が、白澤と桃太郎のやり取りを見て「桃太郎くんも、随分としっかりして来て、まるで主婦みたいだねー」 「だらしない上司を持つと、部下が急激に成長するものです。」と、凄まじく冷徹なツッコミを伴う会話を交わす。
 そして、白澤とは大きく違って物凄い大酒飲みで辛い物が苦手な鬼灯の特徴を見破った白澤が、調子に乗って「辛い物がダメなんだ~! へぇーえ、そうなんだ、そうだ! 今度中国に行ったときは是非とも四川省に案内するよ!」と勝ち誇ったような口調で鬼灯をなじると、鬼灯様は「いるんですよねーえ、辛い物が苦手な人を見つけると何故か見下す態度を取るような、“辛党こそが優れていると勘違いしている輩”が!」と切り返し、飲み屋の中が一気に険悪になる。何とかお香が必死になって2人をなだめて、その場は無事に治まった???

Bパートは、Aパートの続き。
「物語に出て来る悪役は、大抵酒好き」 「叫喚地獄は、酒絡みの罪人が落ちる地獄(さらに16の部署に分かれている)」 「素戔嗚尊(スサノオノミコト) は、姉である天照大神(アマテラスオオミカミ) との間で、結構しょーもない喧嘩を繰り広げて、実は小物っぽい悪事を働いている」 「傾国の美女と呼ばれる楊貴妃や妲己などの女性がいたが、実は白澤は「会ってみたい」と思っていたその妲己に先日ぼったくりバーで出会っていた」等の話が出た。そして、桃太郎はスサノオの話を聞いて「1話目の俺よりヤンチャな奴!」とびっくりしていた。
 突如、鬼灯たちの下に、叫喚地獄が大変だとの知らせが入る。 何と、「叫喚地獄の罪人達が、看守の内の一人(?)であるヤマタノオロチの酒『八塩折の酒』を奪って飲み、更にヤマタノオロチを雑用係として扱っている」というのである。 (※ しかし、オロチは一度死んだ以降は叫喚地獄の雑用係として働いているのである・・・)
 現場に赴こうとする鬼灯は閻魔大王に「ボスは会議室に居ていいんです! 現場へは部下が向かいます!」といって果敢に飛び出した。対して閻魔は「それって、体の良い厄介払いって事じゃないんだよねー?」とツッコミをしかけながら見送る。
 面白半分で白澤が付いて来て、必然的に桃太郎も叫喚地獄に付き添ってきた。
「スサノオノミコトに斃されて以来の、ショック!」と落ち込むも、オロチは鬼灯から臨機応変かつ適切な指令を他の担当獄卒と共に享受し、白澤と交渉して「養老の滝」から引いてきた酒を罪人達に「強制的に」飲ませ始める。
 酒の飲み過ぎで記憶が飛ぶ,という現象の見られる叫喚地獄の罪人達でも、さすがに「日本社会の中で、上司から強制的に飲まされる酒」というのは非常に苦痛で耐えられないものがあるらしく、調子に乗っていた罪人達は次々と倒れていった。
 白澤が“清々しい程のクズっぷり”を見せた所で、今回は終わる事に。

にほんブログ村 アニメブログへ   にほんブログ村 アニメブログ 声優へ
にほんブログ村   にほんブログ村

テーマ : 鬼灯の冷徹
ジャンル : アニメ・コミック

鬼灯の冷徹 第十、十一話

「鬼灯の冷徹」の、第10回と11回のA&Bパート、計4話を。

「十王の晩餐会」では、地獄で亡者の裁判をする合計10人の王が登場した。 三途の川の手前、つまり最初に亡者を裁く秦広王から始まり、以降七日ごとに、初江王、宋帝王、五官王、閻魔王、変成王、泰山王(四十九日に裁く裁判官) ・・・と続き、平等王(百か日に裁く)、都市王(一周忌に裁く)、五道転輪王(最終裁判感であり、三周忌に裁く。ここで裁判は完全に終了する)までの序列となっている。
 また、「簡易地獄」なるものが存在し、そこでは特別顧問の「芥子」が非常に罪の軽い者達の舌を切り取るだけ(但し、その後亡者の舌は再生する) となっている。
 供養によって減刑が成されるという状況(≒地獄の沙汰も金次第)を再考するべきでは,という提案を兼ね、閻魔主催の晩餐会で鬼灯が皆に振る舞った食事の内容は、「全て、供物を用いたもの」であった。“供物問題解消の一環”として鬼灯が披露した「じゃ○りこ を使用したポテトサラダ」を食する、お偉いさん方・・・ 何とも言えない。
 最終的に、「供物は全て、スタッフが美味しく頂きました」という展開に。

Bパート「ダイエットは地獄みたいなもの」では、最近太ったと感じるシロ、ルリオ、柿助と、最近更に太ったなと改めて感じる閻魔の、合計4人(?)が、鬼灯に連れられてジムワークをする事に。
 スパルタコーチ・鬼灯の立てた“正に地獄メニュー”の、腕立て500回、縄跳び1000回を始めとする「死にそうな、でも既に死んでるから死ねない」トレーニングに音を上げる閻魔。
 何故か茄子と唐瓜も参加し、茄子は200㎏のバーベルを持ち上げてよろめきながらも10歩前後歩いていた。
 お香さんに「最近、女性獄卒の中で流行っているダイエット方法」を紹介してもらい、それを実践しようとする面々。お香の紹介によって、八大地獄と八寒地獄を行き来する事で代謝を活発化させようとするが、物凄く乗り気のシロ以外の1人と一匹と一話はほぼグロッキー状態に。(サルは冬眠したいと思い、キジは南に飛びたいと思った。閻魔は何も考えないつもり・・・)
 鬼灯によると、八寒地獄は未開の地が多く、レア価値の高い≒名の知られていない住人や悪鬼羅刹の類がいるらしい。雪女や化けクジラ、雪男(寒冷地対応型長毛生物種)などがいるらしいというが・・・ 遭難して一時的にかまくらを作ってやり過ごしていると、巡回中のなまはげがやって来て、一行を助けてくれた。
 なまはげの出した御馳走に舌鼓を打った結果、閻魔は鬼灯から更なるド冷徹なダイエット方法を喰らう事に。

第十一回のAパート「一寸だった法師」では、「既に、一寸じゃなくなっている」法師(cv:鈴木達央)が登場する。
 ヤシャッキー軍団(3匹の子犬)から絵本を読んでくれと頼まれたシロが、鬼灯から一寸法師の現況を聞く事になる。
 受苦無有数量処(嘘のでっち上げで目上の人を陥れたものが落ちる地獄で、体にキノコを埋め込まれ、それが成長し根をある程度張った所で引き抜かれる,という罰を受ける)で、“嘗て一寸だった”亡者が、「自分は、元ヒーローなのに」と激しく叫びながら働いている場面を見る面々。
 嘗て、一寸法師は「姫に一目ぼれして、姫と結婚したいがために嘘をでっち上げて陥れた」罪で、死後に鬼灯に裁かれ、体にキノコを埋め込まれ、受苦無有数量処を死後の再就職先として受け入れていたのだった。鬼灯によると「一寸法師の境遇と、姫が怒っていない事を考慮して」の配慮,との事。
 「小さくなくなって、結果、可愛くなくなった」と、観光客(苦笑)達から残念がられる一寸法師だったが、鬼灯たち一行に偶然見つかった桃太郎と対面し、「英雄視されてストレスの溜まった者同士の境遇」を分かち合い、桃太郎から慰められる。こうして、一寸法師の激ブチ切れ問題は、多分解消される事となった・・・?
 ちなみに、天女の羽衣や天狗の隠れ蓑などと並ぶ稀少品である打出の小槌は、閻魔がうっかり尻の下に引いて壊してしまったらしい・・・

Bパートでは、木霊(cv:広橋涼)が登場する。空気中の汚染物質の影響で“花粉症”の症状を発症してしまった木霊は、山に居辛くなって「最近では、なんやかんやと理由を付けて“あの世”に来ている」という。
 山神姉妹の「イワ姫」(醜女の姿をしている。cv:庄司宇芽香)と「サクヤ姫」(美女。cv:小松未可子)との関係が思わしくない,との事で、鬼灯は現世視察のついでにと顔を出しに見に行ってみる。
 イワ姫による半ば強制的な誘い文句に対して、鬼灯は「私は、矯正のし甲斐のある女性に萌える! 何にでも従順である女性には興味がありません!」と毅然とした態度を見せるのだが、却ってイワ姫に新たな性癖を目覚めさせるだけとなった ・・・らしい?
 更に、「私が好きなのは、私の作った、脳髄入り味噌汁を美味しく飲んでくれる人です!」と堂々発言する事で、山神の姉妹を激しくドン引きさせる鬼神・鬼灯様であった・・・・・・


にほんブログ村 アニメブログへ   にほんブログ村 アニメブログ 声優へ
にほんブログ村    にほんブログ村

テーマ : 鬼灯の冷徹
ジャンル : アニメ・コミック

バリトン(=低くて良い声)の冷酷なボケ 大全集 第12&13話(終)

 安本洋貴さんが初主演として大活躍を魅せた「鬼灯の冷徹」の、最終回に至るまでの、前・後半、計四話を纏めて出しておく。


12話のAパートでは、ベルゼブブの妻である「レディ・リリス」が登場する。彼女は元々、「最初の人間であるアダムの、イヴの前に居た(1人目の)妻」と言う説がある のだが・・・
 その“とある一説”の中でリリスは、「夜の営みの際、どちらが上になるかでアダムと揉めて、結果的にエデンを出奔し、堕天した」とされている。 「人類初の離婚がそれでいいのかよ、西洋」と、作中でもツッコミが掛かっていた件について、激しく同意する。
 その説に即した上で、この物語が成立している というのだから、色々な意味でやばく、同時に色々な意味で面白いものである。
 「世界悪女の会」で、最大の友人であるらしい(?)妲己から「日本の男は大人しくて可愛い」などと聞いていたリリスは、先ずは友人である妲己に会いに行く。羊悪魔の従者、スケープはリリスを制御できずに頑張ってツッコミの台詞を繰り出していく。。。
 サタンによる日本地獄での講演会で、サタンがいつも冒頭で披露する内容は「明けの明星を象徴する天使、ルシファーが、調子こいて堕天したら、今のこんな姿になっていた。でも、自分としては今の姿の方が好き。だって、プリンス系よりもナイト系の方が好きだったから・・・!」というもの。会場に来ていた牛若丸は、非常に共感していた。
 鬼灯の案内でリリスは血の池地獄を訪れ、「元は、血の池地獄は女性のみが落ちる地獄だった」という話をする。今では既に改訂され、男性や高齢の女性、第二次性徴を迎えていない女性でも落ちるようになっている ・・・のだが、他にもルーマニアのヴァンパイア達の間で「飲み放題ツアー」が組まれ、大当たりした と鬼灯から聞かされたリリスは激しく納得する。
 「花割烹 狐御前」を訪れて妲己と再会したリリス。その「世界悪女の会」ツートップを見、話を聞いたスケープは、激しくドン引きする。鬼灯も困り果てる。
 誘ってくるリリスをやり過ごそうと考えた鬼灯は、白澤を紹介する。 初対面で、白澤とリリスはいきなり無言でアドレス交換を実行し、現場を目の当たりにしたスケープ・鬼灯は共に唖然とするのだった・・・
「日本の貞操を待降りつつ外交にもひびの入らない対処をしましたよ」とは、閻魔が鬼灯から聞いた報告である。
 また、サタンに付いてきたベルゼブブは、妻(リリス)の事を鬼灯から聞いて「旦那目の前にして、何堂々と間男仲介した事を事務的に報告してんの?」とツッコミを入れる。
 鬼灯に振り回されるベルゼブブは、共に勝負もののスポーツ(球技)をしようと提案するのだが、勝負以前の問題で、鬼灯の打ち放ったボールは、何故か全てベルゼに向かって跳んで行き、見事に命中する。
「ボール=人にぶつけるもの という本能があるので・・・ 苦手なんですよねーえ、球技って・・・」 - 「取り敢えず、一旦仕事から離れろ!」 - 「嫌です! それなくして、何の楽しみが?」 というやり取りが光り、更にその後、「西洋の悪魔は人間を堕落に導き、誘惑に負けた者を苦しめるが、日本の獄卒(鬼)は罪人を裁き反省させるのが本分なため、本質に於いて大きく異なっている」という話へと発展する。 ・・・ここら辺で、Aパートは終了。

Bパートでは、白澤と鬼灯が4000年ほど前に初対面していた事が明らかになった。
 中国の3大吉兆の一角である白澤だが、日本の新獄卒として“あの世”の制度を整える為に日本から法律や裁判制度を学ぶべく中国やらインドやらに渡っていた新鋭獄卒のうち一人である鬼灯に出逢って酒を酌み交わし、べろんべろんに酔い潰れて天から地上に墜落していた。
 その後、事もあろうか歴史上の有名人、黄帝(実在したかは不明)に捕縛され、色々な事をされそうになったため、「魚拓ならぬ白澤拓を作る、その他諸々の行為」を受けるのを回避する為に「11520の妖怪に付いて詳細に語る」事で釈放された ・・・という。 (白澤は、病魔除けとして崇められ、優れた王の治世に現れると信じられていた)
 また、リリスの担当cvは本田貴子さんで、スケープの担当cvは遠近孝一さんである。

13話(最終回)のAパートでは、盂蘭盆会の大会が催されていた。
 盂蘭盆会は、現世目線では「亡者が、現世でのんびり居てもらう、一種の救済」であるのに対し、地獄目線では「獄卒達の、重要な夏季休業期間」となる。この隙を見て逃亡を図った者は、阿鼻地獄行きに加え、更に「中学生時代のポエムを全国放送で朗読する」という精神的苦痛が待ち受けている,という・・・ 人によっては阿鼻地獄よりも辛い(らしい?)内容になるかも,というのが待ち受けているとの事。
 祭りの屋台は色々なものがあるが、鬼灯が“普通の金魚”を買うし、夜叉一は子供たちから物をねだられるし、「姿焼き」の屋台では目玉や内臓各種等の串焼きが並び、くじ引きの大賞を引き当てた柿助は何故か特賞である「大きな蟹のぬいぐるみ」を貰い、・・・等々と、色々な光景が見られた。
 中国の天国に住んでいる筈の白澤が出していた薬膳茶粥の屋台では、勿論「ただにしろ、さすれば食ってやらんでもない!」 - 「100万円でも売らん!」という、白澤と鬼灯の丁々発止のやり取りが見られた。
 そして、メインイヴェントとして、“日本時間に於ける深夜”に行われる“百鬼夜行”が開催される? 地獄に帰りたがらず現世に留まろうとする亡者たちを連れ戻すべく、獄卒達が物凄く頑張って仕事をこなし、何とか無事に祭りは終わるのだった・・・・・・

Bパートは「雑談閻魔大王」。
 閻魔が人間(生者)だった頃でも、怪談を話せる者が人気あった,という話が飛び出す。
 怪談と言っても、地獄の住人もとい獄卒から言わせると、思わず姿を見せてしまった失敗談とか正体がばれてしまったマヌケ話とかイタズラを仕掛けた結果の話とか、そういうものばかりなので、寧ろ地獄の住人にとっては恐いどころか真逆に位置する話 だとか・・・
 そして、体調を気にする閻魔の為に、鬼灯が栄養ドリンクを3種用意する。
 一つは、松の葉や樹皮などから作った青汁。 → 閻魔:「まずい!」 鬼灯:「もう一杯!」
 二つ目は、リリスから貰ったジョークアイテムで、ランダムで副作用が出る、何かの劇薬。 → 閻魔、特に変化などなし。
 三つ目は、金魚草を磨り潰したエキス。鬼灯曰く「生きの良いつがいが逃げようとしたので、そいつらを材料に使いました。」 → 閻魔、24時間ほどの間、何故か金魚草の金魚のような顔になる?

・・・・・・そして、このアニメは終焉を迎えるのだった。

にほんブログ村 アニメブログへ   にほんブログ村 アニメブログ 声優へ
にほんブログ村    にほんブログ村


金城@弱虫ペダル:「灰崎の担当声優が気になるのだが・・・・・・?」
武内源太@黒子のバスケ:「確かに!」
御堂筋&白澤:「「うるせえ!」」

テーマ : 鬼灯の冷徹
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。