スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Second Path to Fanatic Galaxy -ARRYAN PATH「terra incognita」

 キプロス出身の、ヴォーカルの系統こそ違えど、SYMPHONY X や PAGAN'S MIND などとほぼ同系統の楽曲構成を打ち出すバンド、ARRYAN PATH のアルバムを紹介。   購入記事  分離前の元(義兄弟)記事



ARRYAN PATH 「Terra incognita」 (2010年)
 “あの”ヴァゲリス・マラニス と比べても遜色の無いヴォーカリスト、ニコラス・レプトス(Nicholas Leptos) と、その兄弟・ソクラテス(Socrates Leptos, G) が中心となって結成されたバンドで、ギリシャ/地中海地域らしく、洋の東西を問わず色々な音楽要素が混ざり合い、時にはアラビアンの旋律も飛び出してくる、メロディックメタルバンド。 キーボードは ゲオルグ・カリス(George Kallis) 。

 輸入盤に付き、オビなし。

1. Cassiopeia   
2. Molon lave   
3. Terra inognita
4. Open season
5. Ishtar
6. The blood remains on the believer
7. Elegy   
8. Angel with no destination
9. Minas Tirith   
[ Bonus track for USA ]
10. The mind

 オープニングトラックは9分を超えるにも関わらず、長さを感じさせず一気に聴かせてくれる見事な構成をしており、また ヴァゲリス がメインでヴォーカルを取っている。 ゲスト参加でリードギターを弾いている Clement Fung は、10.の作曲にも一部携わっている。 (基本的には、ニコラス が殆どの楽曲を手がけている)
 プログレファンなら是非とも抑えておきたい佳曲が揃っている。
 86点。 今後の活躍に期待が出来る、プログ/パワー・メタルのニューアクトだ。
 B誌では、奥野さんが「なかなかにオリジナリティに富む仕上がり。曲作りに長け、メロディがとにかくキャッチーでクール」と評し、79点を付けていた。

 また、本作を発表した暫く後に、バンド名を ARRAYAN PATH へとマイナーチェンジしている。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

3rd of New Hope from Cyprus  -ARRAYAN PATH「ira imperium」

 キプロス出身のプログ/パワー・メタルバンド、ARRAYAN PATH の、最新アルバムを。   2ndアルバムの記事

 B誌の(2012年)7月号で最新作がレヴューされているのを発見し、音を聴かずに「買う!」と決めて調査を開始。
 で、Pitch Black Records レーベルから直接買わないと手に入らないようだったので、そのまま購入の手続きを。 (その内容について、他の内容もあるけど...)

 そして、ショッピングページで「シリアルナンバー入りの特装版CD」というのを見つけてしまい、通常盤でなくそちらの方に手を出してしまった。ちなみに、1stと併せて購入した。

1st、最新作、そして何故か(既に持っている)2ndも付いて来た・・・
 ↑ なぜか、2ndのサンプル(右端)までも付いて来てしまった・・・???

ARRAYAN PATH(3rd) -1(シリアルナンバーは消しといて)
 ↑ 額から取り外して。

特殊ボックス(額)に収めれられたヴァージョン
 ↑ 特装版の「額」に収まったヴァージョンで。

額縁背表紙とアルバム本体(ARRAYAN PATH(最新)
 ↑ 3rdアルバムの額・表紙と、CDジャケット裏。


ARRAYAN PATH 「Ira imperium」 (2011年)
 ヴァゲリス・マラニス プロデュースの元に作られた、目下最新作。 また、バンド名は若干マイナーチェンジされている。
・・・しかし、発表から1年半も経ってから日本でようやく少しずつ認知されるようになって来たとは・・・・・・

1. Dies irae
 
2. Gnosis of Prometheus
3. Ira Imperium (The damned)
 
4. Kiss of Kali
5. Katherine of Aragon
6. 77 days 'till doomsday
7. Emir of the faithful
8. Hollow eyes of Nefertiti
9. Amenophis
10. Lost ithaca
 
11. I sail across the seven seas
12. The fall of Mardonius   
13. The poet aftermath

 1.は、ゲスト・ヴォーカリストの “あの”トニー・マーティン も作詞に参加している。また、ヴァゲリスはバックヴォーカルとしても参加しており、本作に収録されているベースの全てもヴァゲリスのプレイによるもの。 尚、新ベーシストは、Paris Lambrou である。
 当然 ・・・というか、今回紹介した曲以外にも 7.や 8.など良い曲がある というか、捨て曲というものが見当たらない。
 点数は、宣伝という意味も含めて99点。 ・・・何点くらい下駄を履かせているかは自分でもよく判っていないが。  B誌では小澤が79点を付けていた。


  ↑ アルバム全体の5分プレヴュー(キプロス・ロック・タイムス 提供)

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ     にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

Ride the Paths to Ancient World!  -ARRYAN PATH「Road to Macedonia」

 既にこれまでに2ndと3rdを紹介してきた、キプロス出身の ARRAYAN PATH の、初期の作品「Road to Macedona」を。


ARRYAN PATH 「Road to Macedonia」 (2004年)
 3rd「Ira imperium」と同時に購入した。   購入記事   2ndの記事

1. Return to Troy   
2. Arryan path   
3. The lliberation song
4. Road to Macedonia   
5. Osiris
6. Piri reis
7. Immortall beloved
8. Call for Poseidon
9. Epic of the sorrowful argonaut
    
[ Bonus tracks ]
10. Ivorian
11. Ivorian (demo 2000)

 10.と 11.は、他の9曲と比べて曲調が大きく違う、かなりポップな作風。
 1.から 9.までは、2ndや3rdと比べるとかなり質は落ちるが、ドラマティックでメロディックなメタル・ナンバーである。
 点数は、81点。 悪く言えば凡百のプログ/パワー・メタルよりも少し上くらい。

 これも、上記の3rdと同じく Pitch Black Records レーベルからの直接購入以外では入手が非常に難しいようだ。 ・・・・・・何故だ。 とにかく素晴らしい内容の3rdならばもっと世に出てもおかしくないのだが。   

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

もっと世界的に知られて然るべきキプロスの2大バンドのもう一つ。 - ARRAYAN PATH「Ⅳ:stigmata」

 キプロスのメタルシーンで恐らく最も世界標準と言えるだろうエピック・メタルの雄、ARRAYAN PATH の最新作を紹介したい。   購入記事

 キプロスのメタル・シーンに欠かせない存在の一人である Nicholas Leptos が中心となって作詞作曲をし、現在はデビュー当時から懇意にし続けている(最近では表立ったミュージシャン活動をしておらず裏方作業に徹している感のある) Vagelis Maranis が今回も密接に関わっている。
 また、バンドのベーシストとして Paris Lambrou がクレジットされているが、アルバムに収録されているベースは ヴァゲリス が全て弾いている らしい。
 でも、作曲に関する表記は、ニコラスを含むバンドメンバーの5人(Socrates Leptos(G) , George Kallis(Key) , Stefan Dittrich(Dr) , パリス) のみがクレジットされている。


ARRAYAN PATH 「Ⅳ: Stigmata」 (2013年)
 シリアルナンバー付きの限定生産盤を注文していたのだが・・・ まさか、カセットテープ版が付いて来るとは思っていなかった・・・・・・ ちなみに、50枚限定生産のうちで「27」の番号が振られていた。
 というか、何故か歌詞が付いていない。 AP公式サイト などでダウンロードできるわけでも無いようだ・・・

1. Clepsydra
 
2. The bible bleeds
3. Midnight and the first-born massacre
 
4. Judas Iscariot
5. Stigmata
 
6. Cursed canaan
7. Pharaoh's wish
8. Harbingers of death
9. Disguising your soul
10. The Storyteller
11. Mystic moon (bonus track)

―・ Charming paranoia (just only digital download ver.)

 2.で Alexis Kleidaras が、4.で Kikis Apostolou が、7.で George Kousa が、ギターソロでゲスト参加している。 また、8.で Jimmy Mavrommatis がゲスト参加してリードヴォーカルを執っている。 また、11.で Chris Ioannides がゲスト参加してドラムを叩いている。
 楽曲の品質、プロデュースされた音、演奏テクニック、全てが前作、全然作からしっかりと維持出来ている。
 点数は、89点


〔ちょっとした情報〕Stefan Dittrich自身のYT上サイトで、AP や自分の好きな音楽などを紹介している。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村


 ↓ ちょっとしたオマケ
 

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

プロフィール

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
08 | 2017/03 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。