スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Melodic Power/Heavy Metal Creator's Latest 2 (Axel Rudi Pell)

 今年出ていた アクセル・ルディ・ペル 氏による最新アルバム「Circle of the oath」を、B誌のレヴューコーナー(輸入盤の欄)で発見してしまった。 ・・・・・・そして、本作以外にも複数、アクセル のアルバムを買ってしまった

 よく「ギターが下手」とレヴューで言われているが、ずっとそう呼ばれていながらも、そこそこ というか及第点以上の点数を付けられているほどのメロディセンスを持った御仁による、良くも悪くも王道メロディックメタルとしての纏まりを見せる(聞かせる)、中々の良作。   購入記事


Axel Rudi Pell 「Circle of the oath」 (2012年)
 スタジオ・フルとしては14枚目となる最新アルバム。
 ギターの アクセル 以下、Johnny Gioeli(Vo) 、Ferdy Doernberg(Key) 、Volker Krawczak(B) 、Mike Terrana(Dr) といったメンバー編成で録音されている(前作と同じメンバー)。

1. The guillotine suite (intro)   2. Ghost in the black
   
3. Run with the wind
4. Before I die
5. Circle of the oath
6. Fortunes of war
7. Bridges to nowhere
8. Lived our lives before
9. Hold on to your dreams
10. World of confusion (The masquerade ball pt.2)
[ Bonus track (for digipack ver.) ]
11. The temple of the king (live)

 「相変わらず」という表現のしっくりくる、金太郎飴型メロパワスタイルのメタル・アルバムに仕上がっている。
 但し、5.はかなり特殊な曲で、ブルージーなテイストがある。
 84点。 B誌では、kawaiさんが80点を付けていた。 ギターラインとヴォーカルラインの流れが良い。


「The crest」 (deluxe edition) (2010年)
 13枚目のスタジオ・フルアルバム。

[ Disc - 1 ]
1. Prelude of doom   2. Too late
3. Devil zone
4. Prisoner of love
5. Dreaming dead
6. Glory night
7. Dark ways of the sea (Oceans of time pt.2 : The dark side)
   
8. Burning rain
9. Noblesse oblige
10. The end of our time
( Bonus track )
11. Dreaming dead (extended version)

[ Disc - 2 (live at Rock Ages Festival 2009) ]
1. Tear down the walls
 
2. Strong as a rock
3. Medley : The masquerade ball ~ Casbah ~ Tales of the crown
4. Drum solo
5. Rock the nation
6. The temple of the king
7. Mystica
8. Fool fool / Eternal prisoner

 これも、標準的で、そこそこ以上のレヴェルまでいった者達からの、評価の高い内容である。
 ライヴテイクのCDで聞こえるキーボードが、まるでオルガンみたい だというのが、気になってしまった。だからといって、別に悪いという事は無いのだが。
 86点。 B誌では、羽田さんが80点を付けていた。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

Best and Shadow of ARPG(Axel Rudi Pell -the Guitarist)

 タイトルは、「アクション系ロールプレイングゲーム」(ゲームジャンルの略称がARPG)と引っ掛けての事。



 少し前に紹介した アクセル・ルディ・ペル(Axel Rudi Pell) のアルバムの内、海外ショップサイトから併せて購入していた2枚。  購入記事


Axel Rudi Pell 「Best of - anniversary edition」 (2009年) 
 別記事で紹介している3所有済アルバム「Eternal prisoner」「Betweeen the walls」「Magic」(それぞれ1992,1994,1997年の発表で、いずれも長い付き合いがある・・・)からのテイクは全く入っていない。
 厳密にはこれは後期ベストでなく、“初の”ベストアルバムであり、初期ベストアルバムに相当するのは「アンソロジー」的な名義で出ている 。少し いや、大分ややこしい位置付けだが・・・

1. Edge of the world
2. Carousel
3. Strong as a rock   
4. Beautiful day
5. Mystica
6. Forever angel (acoustic)
7. The masquerade ball
8. Rock the nation
9. Oceans of time
10. Tear down the walls   
11. Ain't gonna win
12. In the air tonight

 あくまでも正統派メタルの構成を踏襲している内容で、収録時間は実に79分以上と、CDの限界の80分にかなり迫っている。 82点。 


「Shadow zone」 (2002年) 
 作成当時は ギターのアクセル以下、Johnny Gioeli(Vo) 、Ferdy Doenberg(Key) 、Volker Krawczk(B) 、Mike Terrana(Dr) というメンバー。

1. The curse of the chains   2. Edge of the world
   
3. Coming home
4. Live for the king
5. All the rest of my life
6. Follow the sign
7. Time of the truth
8. Heartbreaker
9. Saint of fools   
10. Under the gun

 上で紹介したベスト版と比べて、シャキッとしている感じがする。
 85点。 B誌では、幅さんが72点を付けていた。解かり易いというかなんというか、この人らしい点数である(笑)

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

Textbooks of Melodic Metal  (A.R.Pell's 3-5 albums)

 いつごろ買ったかは忘れたが、中古(新古)書店で買った(≒長い付き合いのある) アクセル・ルディ・ペル の初期3作を。  ・・・とは言っても、1stや2ndがあるわけではないが。


Axel Rudi Pell 「Eternal prisoner」 (1992年)  3rdアルバム。
 ヴォーカルは ジェフ・スコット・ソート で、ドラマーは ヨルグ・マイケル 。 ベースは フォルケル(フォルカー) ・クラヴツァク(Volker Krawczak, B) 、そして Kai Raglewski(Key) という編成。

1. Streets of fire   
2. Long time
3. Eternal prisoner
4. Your life (Not close enough to paradise)
5. Wheels rolling on
6. Sweet lil' Suzie
7. Dreams of passion
8. Shoot her to the moon
9. Ride the bullet   

 7.はインスト。 最長の曲は7分32秒の 3.と、次に紹介する2作と比べて小ざっぱりした内容。また、ヴォーカルラインが“メロディック”というより“ポップ”という雰囲気を纏っている。
 79点


「Between the walls」 (1994年)  4thアルバム。
 Axel 、Jeff 、Jörg 、Volker & Julie Greaux(Key) という編成。

1. The curse   2. Talk of the guns
3. Warrior   
4. Cry of the Gypsy
5. Casbah
6. Outlaw
7. Wishing well (cover)
8. Innocent child   
9. Between the walls   10. Desert fire

 1.と10.はそれぞれ、アルバムのイントロとアウトロを担うインスト。
 10分を超す 5.と上述の2曲以外は大体5分前後に収まっている。
 点数は、85点


「Magic」 (1997年)  5thアルバム。
 Axel 、Jeff 、Jörg 、Volker & Christian Wolff(Key) という編成。

1. Swamp castle overture (intro)   2. Nightmare
3. Playing with fire
4. Magic
5. Turned to stone
6. The clown is dead   
7. Prisoners of the sea
8. Light in the sky   
9. The eye of the lost
10. Total eclipse

 10.はインスト。
 2.の音源は以前「Pure Metal Sampler」シリーズで紹介した事があるので、ここでは紹介しない。  「Nightmare」音源を張り付けている記事
 88点。 アクセルのギターテクニックはともかく、いつもの事だが曲が様式美とパワーに満ちており、バラードやスピードナンバーも充実している。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

The Early Time Wizard’s Chosen Few Plus - Axel Rudi Pell’s Two

 ドイツ/ヨーロッパで確たる基盤を持つ正統派スタイルのメタル・バンド・プロジェクト、アクセル・ルディ・ペル による、20世紀までの内容を網羅した初期のベスト的2枚組アルバムを。   購入記事


Axel Rudi Pell 「Oceans of time」 (1998年)
 アクセル(G)&フォルカー(B) 以下、Johnny Gioeli(Vo)Ferdy Doenberg(Key)Jörg Michael(Dr) というバンドメンバー構成。
 
1. Slaves of the twilight   2. Pay the price
3. Carousel   
4. Ashes from the oath
5. Ride the rainbow   
6. The gates of the seven seals
7. Oceans of time
8. Prelude to the moon (opus #3 Menuetto preugio)
9. Living on the wildside   
10. Holy creatures

 9.は、 「Pure Metal Sampler」シリーズ で採り上げられたこともある。
 点数は、82点

 続いて、少し後に出た初期ベストアルバムを。

「The wizard's chosen few」 (2000年)

[ Disc - 1 ]
1. Broken dreams
2. Carousel
3. The masquerade ball
4. Ghosthunter
5. Oceans of time
6. Still I'm sad
7. Come back to me
8. Burn / Purple haze / Call her princess
  
9. Total eclipse
10. Eternal prisoner   

[ Disc - 2 ]
1. Fool fool
2. Casbah
3. Snake eyes (live ’95)
4. Mistreated (live ’95)
5. Magic
   
6. The clown is dead
7. Nasty reputation   
8. Land of the giants
9. Hear you calling me   

 点数は、85点。 B誌では藤木さんが74点を付けていた。
 「飽く迄もヘヴィ・メタルである」という事に、ずっと以前から拘っている事がよく判る内容だ。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

Knights & Crown presented by ARP (Axel Rudi Pell's live & 12th)

 アクセル・ルディ・ペル の、ライヴCDと、最新作「Circle of oath」から数えて2作前の1枚目スタジオフルアルバムとを併せて出しておく。   購入記事

 
Axel Rudi Pell 「Knights live」 (2002年)
  Pell , Krawczak , Gioeli , Doenberg , Terrana によって行われた、ドイツはボッヒュムでのライヴをそのまま収めたもの。
 
[ Disc - 1 ]
1. Edge of the world
2. Nasty reputation
3. Tear down the walls
4. Medley : Masquerade ball / Casbah / Drum solo / Stargazer / Casbah
5. Follow the sign
6. Fool fool

[ Disc - 2 ]
7. Carousel (incl. keys solo)
8. The crown is dead
9. Call her princess
10. Snake eyes
11. Warrior

 該当アルバムからの音源は、・・・・・・見つからなかった。 という事に。
 点数は、88点。 気になったら というか、欲しいと思ったら、きちんと買え!
 B誌では広瀬さんが70点を付けていた。これは・・・ 自分が「このバンドへの思い入れとか贔屓が、若干強い ・・・かも?」と判断する材料になるのかな。 ・・・いや待てよ、この人の判断基準は、たま~に商売向け(国内盤寄り)を意識したり、Ozzy Osbourne Band に90点以上の高得点を付ける というような、「楽曲よりもギターテクを重視」する傾向にあるので、「この人がこの得点を付けた」というのは、ある意味納得できるかも?(苦笑)


「Tales of the crown」 (2008年)
  説明不要。

1. Higher
2. Ain't gonna win
3. Angel eyes   
4. Crossfire
5. Touching my soul
6. Emotional echoes
7. Riding on an arrow   
8. Tales of the crown
9. Buried alive
10. Northern lights   

 会心のスピード・チューンである 3.と 9.、他にも“聴かせる”タイプのロック・ナンバー等、楽曲のヴァラエティーは相変わらず。
 7.では、ジョニー・ジョエリ の当時4歳の息子、ブランドン が一部で参加している。
 点数は、80点
 B誌では、広瀬さんが80点を付けていた。 ・・・解らん。。。(爆) リスナーの「その時の気分」いや、むしろ、楽曲とギターテク(ライヴとスタジオ作品での差)それぞれに対するプラス或いはマイナスの評価のバランス?

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

Early 5 Works of ARP Compiled (Pell's 5 original albums)

 「5 Original albums in 1 box」シリーズの、アクセル・ルディ・ペル の活動初期ものを出しておく。   購入記事


Axel Rudi Pell 「5 original albums in 1 box」 (2013年販売)

「Wild obsession」 (1989年)
 デビューアルバム。ここでのヴォーカルは チャーリー・ハーン(Charlie Huhn) 。

1. Wild cat   2. Call of the wild dogs
   
3. Slave of life   4. Cold as ice
5. Broken heart   6. Call her princess
7. Snake eyes   8. Hear you calling me
9. Return of the Calyph from the apocalypse of Babylon
10. (Don't trust the) Promised dreams

 9.は10.のイントロ。


「Nasty reputation」 (1991年)
 ロブ・ロック をヴォーカリストに据えて作られた2nd。

1. I will survive   2. Nasty reputation
3. Fighting the law   4. Wanted man
5. When a blind man cries   6. Land of the giants
7. Firewall   8. Unchain the thunder
9. Open doors
  Pt. I: Experience
  Pt. II: The Journey
  Pt. III: Sugar Big Daddy
 


「Eternal prisoner」 (1992年)
 既に取得&レヴュー済み。ここからの3作は ジェフ・スコット・ソート がヴォーカルを務めている。

1. Streets of fire   2. Long time   3. Eternal prisoner
4. Your life (not close enough to paradise)
5. Wheels rolling on   6. Sweet lil' Suzie
7. Dreams of passion   8. Shoot her to the moon
9. Ride the Bullet


「The ballads」 (1993年)
 既出の曲(+デモヴァージョン1曲)とカヴァー曲を封入した特別盤。

1. You want love   2. Forever young
3. Dreams of passion   4. Your life
5. Tearin' out my heart   6. When a blind man cries
7. Broken heart (Demo version)   8. Open doors pt.2: The journey
9. Falling tears   10. Broken heart (Guitar version)

 カヴァー曲は 2., 5., 6.(原曲はそれぞれ、ALPHAVILLERAINBOWDEEP PURPLE)である。また、10.は正しくは「アコースティック・ギター・アディショナル・ヴァージョン」である。


「Between the walls」 (1994年)
 既に取得&レヴュー済み。 

1. The curse (intro)   2. Talk of the guns
3. Warrior   4. Cry of the gypsy
5. Casbah   6. Outlaw
7. Wishing well   8. Innocent child
9. Between the walls   10. Desert fire


 点数は、82点。勿論、5枚総てを併せた企画モノとして。
 メタル系のものを聴いてよく思う事だが、初期のアルバムをそのまま出してこられても、どうしても音質が古くて安っぽくなるため、あまり「良い」と思わなかったりインパクトが弱いと感じたりするので、「どうなんだろう」と思ってしまう・・・ そんな事を分かっていながらも、結局買ってしまうのだが(苦笑/爆)

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

Latest Live of ARP - 「Live on fire tour」

 ドイツの王道/正統派型メタラー、アクセル・ルディ・ペル の最新ライヴアルバム「Live on fire - circle of the oath tour 2012」を。   購入記事


Axel Rudi Pell 「Live on fire - circle of the oath tour 2012」 (2013年)
 Essigfabrik Cologne にて、2012年10月に行われたライヴからのテイクをそのまま使用した内容。

1. The guillotine suite (intro)   2. Ghost in the black
3. Strong as a rock
4. Before I die
 
5. The masquerade ball / Casbah / Dreaming dead / Whole lotta love / Dreaming dead
6. Drum solo
7. Mystica / Mistreated / Mistica

[ CD - 2 ]
1. Oceans of time
2. Circle of the oath
3. Fool fool
4. Keyboard solo / Carousel / I am / Carousel
5. Tear down the walls / Nasty reputation
6. Rock the nation

 締めて、1時間50分ほどの内容となっている。
 10分を軽く超過するメドレー・ナンバーが合計3か所に見られる(Disc-1 の 5.と 7., Disc-2 の 4.)のだが、これらの流れもなかなかに良い内容だと思う。
 「Circle of the oath」からの曲は、イントロの "The guillotine suits" を含めて4曲である。
 ジョニー・ジョエリ のMCが、英語とドイツ語を交えてのものだった というのが、結構面白い。
 点数は、84点
 自分としては、ドラムやキーボードのソロ・シーンがあるのなら、AXEL RUDI PELLバンド の始動当時からずっと付き添っている フォルカー・クラヴツァク によるベース・ソロのパートが設けられても良いのでは・・・? と思うのだが。。。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

いざ、不吉な嵐の中へ・・・ Axel Rudi Pell「into the storm」

 ドイツのヴェテランメタラー、アクセル・ルディ・ペル の最新アルバムを、紹介しておく。   購入記事

 公的な動画(音源)が出てくるまで待っていたのだが、全く出て来ない・・・・・・ ので、予定より随分と遅くなってからの紹介となる。当然、紹介している音源は非公式につき、いつか消される可能性が高いので、あしからず。

 ちなみに、タイトルの「不吉」とは、タロットカードの「塔」(tower)の意味と 2.の曲タイトルとを掛けての事。

Axel Rudi Pell 「Into the storm」 (2014年)
 マイク・テラーナ(Mike Terrana, Dr) がバンドを脱退し、ボビー・ロンディネリ(Bobby Rondinelli) が加入している。


1. The inquisitorial procedure   2. Tower of lies
3. Long way to go   
4. Burning chains
5. When truth hurts
6. Changing times
7. Touching heaven
8. High above   
9. Hey hey my my
10. Into the storm   
( Bonus tracks for Digipack )
11. White cats (opus #6 scivolare)
12. Way to Mandalay

 アルバム本編に収められている 9.は Neil Young のカヴァー。 11.はアクセル作曲のインストもので、12.は BLACKMORE'S NIGHT のカヴァー。カヴァーの2曲は、共にHMとして相当の仕上がりをしていると思う。
 常に、ブレる事のない王道メタル・スタイルの楽曲、しかも一定以上の高品質のものを作り続けるという、アクセルの作曲スキルは素晴らしい。よくギタースキルが低いと指摘されている(特に日本で)が、それを補って余りあるアルバム内容である。
 点数は、83点

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。