スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今は亡きバンドの、衝撃デビュー&セカンド作品。 (DOUBLE-DEALER) (編集&上方置換)

(編集追記ついでに、上げときます)

 以前、DOUBLE-DEALER の3rd&4th(fin)アルバムを紹介した事があるけど、それからかなりの時を経て、この作品を紹介したいと思う。
 このバンドは、いわずと知れた 嶋 紀史 さんと 下山 武徳 さんとが互いにその音楽的才能に惹かれあって結成した、物凄く雑に言うと「SABER TIGER と CONCERTO MOON との間を取ったような」、要するに早い話が「正統派HM型」のバンドである,と。
 
DOUBLE-DEALER 「Double dealer」 (2000年)
1. The long way road
2. Pandora's box
3. The enermy
4. Deep blue sky
5. Primitive life
6. Inner voice
7. Too young and vane
8. Look at your face
9. Leave as it is now
10. Raise your fist

[初回限定版スペシャルディスク]
Fire drake (instrumental) (1曲のみ)

 ドラマティックに曲が展開するのも最高にイイのだが、下山さんの、あの独特のクドさのある声にフィットするようなパワーメタルにも迫るミッドテンポタイプの物(2., 6., 7. 等)やスピードを伴ったハイ・エナジー・チューン(1&10)がアルバム中で特に映えている。
 また、スペシャルミニディスクの方には、スペシャル豪華ゲストとして、日本が世界に誇る
“あの”梶山章さんが参加して共にギターを弾いている。

 点数は、初回限定版の1曲も含めて、93点。 妥当な所かとも思うんだけど・・・。

続いて、2作目を。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

Tigers Are Back With Harder & More Blackened Fangs!

 北海道出身のジャパメタのヴェテランにして代表格、SABER TIGER が最新アルバムを鋭意制作中だという事は知っていた  が・・・ その周辺に関する情報が、若干抜け落ちていたらしい。 ・・・私のアンテナから。  ちょいとばかし調べてみて判明したことだが、“あの” 田中"Machine"康治 さんと 水野 さんという、HARD GEAR のメンバーが SABER TIGER に合流しているらしい。

 で、HARD GEAR の公式サイトをよくよく調べてみたら、いつのまにか・・・ 2年ほど前にこのバンドは、「無期限活動停止」宣言をしていたようだ。

 というわけであり、“あの”下山武徳さんも戻った現在の“最強”布陣で、アルバムを作っている,とのことである。


 今回紹介する SABER TIGER のアルバムは、「凶獣伝説」と題された、このバンドの歴史上重要なアルバムである。

SABER TIGER 「凶獣伝説 ~The history of the new world」 (2001年)
オビ:「下山武徳(Vo)加入後、凶獣と化したサーベルタイガー。 「Project one」を下山ヴォーカルで録り直し「Brain drain」「Paragrapf 3」からセレクトした楽曲に新録2曲、アルバム「Saber tiger」のヴァージョン違い1曲を含む全26曲を収録した2枚組ベスト盤。」

DISK ONE
 '97年発表の「PROJECT ONE」は、ロン・キール や柴田直人(ANTHEM) らと共に作ったもの。この収録曲全曲が、こちら側に収録されている(1.~ 10.)。
1. Ride like the wind  2. Law of the land
3. It's your world  4. Give me all your love tonight
5. I'll still be loving you  6. Thrillseeker
7. Hard wire  8. To hell and back
9. Reckless and young  10. Sex at first sight
11. Dead roll* (↓ライヴ版)
 
12. ある去りがたき心に*  13. Maboroshi*

DISK TWO
 アルバム「Brain drain」収録曲(1.~ 8.)をメインとした構成。
1. First class fool   
2. Money  3. You'd better cry alone
4. Chaos and order  5. Distress
6. Sense of guilt  7. Two dimentional sky
8. Desperation  9. Distressed soul*
10. Metal rider '98 *  11. Poisonous bugs
12. Eternal loop (blue)  Acoustic Version
   
13. Silly (Acoustic Version)
 
* は、「Paragraph 3」からの曲。 9.は、久保田陽子さん時代からの唯一の出展で、当然下山さんがこの曲の持つ別の魅力を打ち出している。
 B誌では藤木さんが82点を付けていたが、自分としては、85点くらいはあると思う。 ・・・個人的に、ジャパメタにはさほど手を出していないが、そんな数少ない中でも、本当に世界相手に通用する存在だと思えるから。  ・・・とはいえ、下山さんのあのアクの強い声質を苦手とするような方も若干いらっしゃるようで ・・・いや、それはさておき、特にそれが苦手でないという方であれば、最新作にも下山さん時代の作品にも積極的に手を出していけばハズレはないと思う。
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村

続きを読む

テーマ : ジャパメタ
ジャンル : 音楽

Black Gears Absorbed/Involved to Tiger's Fangs

 先日、アニメ「Black Lagoon」の際に "Machine" こと田中康治さんに少しだけ触れたので、彼が指揮を執っていたバンド・HARD GEAR を採り上げてみる。

 北海道出身のジャパメタのヴェテランにして代表格、SABER TIGER に在籍していたことのある 田中 "Machine" 康治 さんが1996年に立ち上げたバンド・HARD GEAR は、同じく SABER TIGER に在籍した事のある 渡辺 徹 さんや 水野 泰宏 さんを迎え、徐々にバンドとしての体勢を強化していく。
 それまでにも紆余曲折(メンバーチェンジ)は数々あったが、これ以上の詳細には触れずにおく。
 そして、不定だったベースには、 三瓶 朋大 さんに手伝ってもらってファーストアルバムがようやく完成している。
 渡辺さんが入ってからはリズム隊(特にベース)は不安定だったが Vo&G の二枚看板は不動となっていた。。。

  公式サイト    以前の記事(SABER TIGER 「凶獣伝説」) 


HARD GEAR 「Muddy black」 (2007年)
オビ:「叙情的メロディとソリッド&ヘヴィネスが融合する、究極の劇的展開美! 凶器の闇を切り裂く、戦慄のファースト・フル・アルバム!」
1. Freezing face
2. Dear D.B.
 
3. Hold a soul
4. Revenger
5. Limited war
6. Aloud
7. D.S.T.
8. Delusion
9. Lock on your head!
10. Rainy wail
 2.の一曲だけしか、YT上で見つけることが出来なかった・・・ 一応、5.と 10. もオススメ出来る良い曲だと思うし、"Machine" こと田中さんの事を知っている人ならばこのアルバムに手を出しても不満は出ないと思う。
 アルバムは充分に“生きてる”し。
   
 このアルバムを買った当初は、SABER TIGER と比較して妙な期待をしてしまい、76点というかなり低い点数を与えた  ・・・そんな印象しか持てなかったけど、最近改めて冷静に聴いてみるとこれが意外に格好良くて何度聴いても飽きる事もなく、81点としておきます。 B誌では、広瀬さんが「SABER TIGER に似ていると聞いてピンと来た人ならどうぞ」と書いて78点を付けていたが・・・・・・ 以外かもしれないが、「まあまあそんな所かな」,といった辺り。当たらずとも遠からず、といった感じかな。



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
 にほんブログ村    にほんブログ村


・・・・・・・・・あれ、ひょっとして凶獣 ・・・じゃない、今日中にアクセス数5000突破するかも?

テーマ : ジャパメタ
ジャンル : 音楽

来る新作に向け、前以って振るっておきたい猛獣の牙 - SABER TIGER「indignation」「paragraph2」

 来る8月、田中“マシン”康治さんと下山のアニキを迎えた SABER TIGER の新作が発売されるのをうけ、それに先駆けて、持っているアルバムを紹介しておこうと思ったので。 (勿論、既に注文済み)    「凶獣伝説」の記事


SABER TIGER 「Indignation」 (2005年)
 本アルバム制作当時のメンバーは、ギターの木下さん以下、三瓶朋大(B) 、(Vo) 、弓田秀明(Dr) という4人編成。
オビ:「木下昭仁(g)みずからがエンジニアをつとめた新生サーベルタイガー入魂の一撃・・・」

1. Lord
2. Idiot
3. Stronger
4. Life
5. Mr. Confusion
6. Anonymity
7. Black eyes
8. Spider
9. Trigger
10. Silly-man
11. Bright light

 平均的には、木下さんの感性に基づいた絶妙なテクニカル・プログレッシヴ・ドラマティックな展開を持つ、まあまあ良い曲が揃っていて、SABER TIGER らしい仕上がりにはなっている。 しかし、「これぞ!」といえるような突出した1曲,というものがなく、印象が薄い感じがした。
 
 点数は、80点。 B誌では藤木さんが84点を付けていた。 ・・・まあ、自分としては、本作に対しては「これくらい出来て当然」というような感覚で接した事もあるのだが。。。



「Paragraph 2」 (1997年)
 後に田中さんと HARD GEAR を結成する渡辺徹さんや、他にも山口、小泉、今井 ・・・といった歴代のシンガーの声と作詞、等々が原曲そのままで聞ける作品。
オビ:「孤高のギタリスト木下昭仁が歴代メンバーを集結させ過去の作品に新たな息吹を込めたヴィンテージ・アルバム!」

1. 摩天楼
2. Dead lock
3. Die with cryin’
4. Recollection
5. The ashes
6. Dead roll
7. Misty rain
8. Dark lady
9. One night dream
10. J.S.B.
11. Machine gun
12. Saber tiger   
13. Metal rider   
14. Silent storm

 5., 10., 14.はインストゥルメンタル。 12.はスピーディーというわけでもない、ミッドテンポで聴かせるタイプの曲。 これらの中で特に有名な必聴曲は、6.と13.か。 ちなみに、13.の作詞は今井さん。 
 点数は、75点。 ・・・・・・まあ何と言うか、比較対象が良過ぎるから(音質、楽曲、演奏など)。



 ・・・・今回は、大して点数の高くない(≒厳しく接した)アルバムばかりになってしまったが、その代わりとして、下山さんが歌詞を少し変更した「Metal rider ‘98」のヴァージョンを。   



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村

テーマ : ジャパメタ
ジャンル : 音楽

時間を支配する虎の、神秘的な牙(予習的な意味でも)  -SABER TIGER「timystery」

 8月に発売される SABER TIGER の新アルバムに、“あの” Light-thunder-light の下山ヴァージョン・ “Light-thunder-light 2011” が収録される という情報を掴んだので、敢えて原曲の収録されている「Invasion」を新譜と絡めて記事にしようと思い、 「Timystery」を単独で紹介しておく。


SABER TIGER 「TIMYSTERY」 (1998年)
 当時の編成メンバーは、木下昭仁(G) 以下、田中康治(G) 、久保田陽子(Vo) 、山住隆(B) 、礒田良雄(Dr) 。 当時としては、まだ安定していない流動的なラインナップであったものの、前作「Invasion」と同じメンバーで制作された。
オビ:「技巧派集団第三章  劇的構築美「時間神秘」 様式美に満ちた前衛的重金属! ‘95年発表作品のリマスター・バージョンが遂に完成!!」

1. No fault / no wrong   
2. Living on in the crisis
3. My only wish
4. Distressed soul
5. Need your blood
6. Revenged on you
7. Bad devotion   
8. Feigned heart
9. Easy road to life
10. Spiral life

 今回紹介していない曲の中で、皆にも是非とも聞かせたい名曲は、1., 4., 8., 10.である。 特に、4., 8., 10.の3曲は本作中最も個人的に気に入っている。 ・・・・・・だが、ネット上では公開されていなかった(音源を探し出せなかった)ので、このような形に。
 
 点数は、87点
 あまりプログレの方向に走りすぎない、パワフル、アグレッシヴ &メロディックな、ブリティッシュメタルの雰囲気を湛えた作風。 個人的感覚として、とても“自分に合う”と思った。

 

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村   にほんブログ村

テーマ : ジャパメタ
ジャンル : 音楽

雌雄なる凶獣の双鉄牙 -SABER TIGER「invasion」「decisive」

 SABER TIGER の6年振り最新アルバムに、久保田陽子さん時代の名曲「Light-thunder-light」下山さんヴァージョンが入っていると知って、「もう、こういう形で採り上げるしかないだろう!!!」と思ったので、2作を併せて紹介しておく。


SABER TIGER 「Decisive」 (2011年,CD+DVD版)
 “アニキ”こと下山武徳 さんと、田中“マシーン”康治 さんが再加入した状態で制作された、9枚目のスタジオアルバム。
オビ:「凶獣、胎動。  欧州へヴィ・メタル・シーン屈指のミキシング&マスタリング・エンジニア、トミー・ニュートンを迎え、ニュー・アルバム『ディサイシヴ』を引っさげ世界戦略開始!

[ CD ]
1. 486-102   2. The hammer
3. At the front
4. Avenger
5. Virtual unreality
6. Bionic
7. Defying gravity
8. Painted red
9. Cross your heart
10. Reminiscence
11. Angel of wrath
 
12. Light-thunder-light 2011

[ DVD ]
 SABER TIGER LIVE 2011 – unstoppable bullet -
(2011年2月19日、札幌の「PENNY LANE 2」で行われたライヴ)

 1.は 2.に続くイントロのSE。
 何故か、歌詞の全てに下山さんはタッチせず、全ての作詞は 遠藤フビト さんが受け持っている形である。 しかし当然だが、アルバムに封じ込まれたヴォーカル的要素は、紛れもなく“下山のアニキ”そのものである。
 ヴォーカル・プロダクションは 遠藤さん と 木下さん と 下山さんバッキング・ヴォーカルは 下山さん と 水野さん(Dr) ,そして 遠藤さん と、それぞれ3人体制によるものである。
 田中さんがいる場合と木下さん一人だけの場合で、かなりこのバンドの曲 ・・・というか、インストパートの性質が随分と違うと、これを聴いて改めて感じた。プログレ/テクニカル・メタルの、何というか“雰囲気”というものを、今作と次に紹介する「Invasion」の双方から感じた。
 へヴィな 6.やパワー・バラードの 10.の深みなど、聴き所は多様にある。 下山さん独特の、日本が世界に誇る、荒さのあるタフな声柔軟な歌唱が相変わらず良い。
 点数は、90点。 B誌では、前田さんが88点を付けていた。
(※ DVDの方を観ながらこの記事を書いている。 「バカで上等――――!!!」 いい言葉だ)


「Invasion」 (1998年)
 久保田陽子さん時代の充実した内容のアルバム。 奇しくも、田中さんが参加していた当時のものである ・・・というのは半分嘘で、自分で敢えて狙ってこうやって(2作を)纏めようと考えていた。 メタルに目覚めて間もない時期の作品で、原価購入 ・・・というのはともかく、数年ぶりに引っ張り出して聴き直した。
オビ:「限りなきハード・コンセプション '95年に発表された'92年作品が新たに強力リミックス・バージョンと化してリリース!!」  

1. Storm in the sand
2. Light-thunder-light
3. Nasty heart
4. Back to the wall
5. Fate
6. The bluster
7. A shot in the dark
8. Under the control
9. Liberate
10. Misery

 へヴィメタルの魅力を体現しつつテクニカル・パワーメタルのエッセンスを内包する、バラードからパワー全開のアグレッシヴナンバー等々の収録されている、非常に多才で充実した内容。
 点数は、88点。 B誌では、藤木さんが78点を付けていた。
 ヴォーカルが違う 事を除けば、この2作のアルバムの持つ“独特の雰囲気”は、あまり変わらないように思う。
 

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村

テーマ : ジャパメタ
ジャンル : 音楽

北の“強”獣の歴史 -SABER TIGER「paragraph 4」

 昨年末(12月28日)に発売された、北海道から世界へと駆け抜ける、日本へヴィメタル界の「北の凶獣」SABER TIGER の、記念すべき4作目の特別型ベスト盤、「Paragraph Ⅳ」を。
   購入記事
   「Paragraph Ⅱ」の記事
   「Paragraph Ⅲ」(を含めた特別ベスト版)の内容の記事


SABER TIGER 「Paragraph Ⅳ」 (2011年)
オビ:「凶獣、進化論。 結成30周年を迎えたSABER TIGERベスト・アルバム「PARAGRAPH Ⅳ」遂に完成! ユーザー・アンケートを基に厳選された17曲を現メンバーにより再レコーディング ファン投票1位「Misery」オーケストラ・ヴァージョンを収録

[ CD -1 (Hard side) ]
1. Bad devotion
2. Fading, crying star
3. The vague blessings
4. Two dimensional sky
5. Thrillseeker
6. No fault / no wrong
7. Die with cryin’
8. Dividing line
9. Lord
10. MABOROSHI

[ CD -2 (Heart side) ]
1. Silly
2. Distress
3. Spiral life
4. Recollection
5. Silly man
6. Myself (acoustic version)
7. Misery (orchestra version)

[ 付属DVD ]
Chapter -1. ~ 5. は、木下さんが、これまでの自分の人生と音楽人生、そして SABER TIGER というバンドの歩みを語るもの。
Chapter -6. は、「misery」のPV制作シーン。
 更にここに、上述の「misery」オーケストラ・ヴァージョンのPVを収めたDVDが付いてくる(タワーレコード と @TOWER にて無料配布される形式)
 ※ 下は、その動画の1分程度のコマーシャル版。

・・・・・・・・・このPVを観て思ったのだが、途中で「東日本大震災の被災者の皆様へ」という形でメッセージ・テロップが割り込んでくる のだが、この構成はどうなんだろうか? と思う。 出来れば、ヴィデオ最中でなく冒頭か最後の方に持って来て欲しかった。
 
 点数は、89点。 既に「Paragraph Ⅲ(凶獣伝説)」や他のアルバムを持っているからか、少し冷めた感じの気持ちで見聞きし続けていた感があるのが、(若干の)低得点の理由。
 B誌では、幅さんが90点を付けていた。

(ネット上に、あまり音源が出回っていなかったので、このように小ざっぱりとした感じの内容になった)

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ     にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

5頭のエゾトラ(そんな名前の動物はいないけど)の成獣が群れる理由は、複雑である? -SABER TIGER「messiah complex」

 日本(北海道)が世界に誇る、テクニカルフレーズを随所に織り込む正統派スタイルのヘヴィ/パワー・メタルバンド、SABER TIGER の最新作。  購入記事

SABER TIGER 「Messiah complex」 (2012年)
 前作「Decisive」から一年ほどを経て、早速5人編成で作られた最新アルバム。
オビ: 「凶獣、激吼。 新生SABER TIGERが放つ、シーン待望のセカンド・フルレングス・アルバム! 猛り狂う獣性と、極限まで磨きあげられた美麗旋律! 悲しみの荒野に描かれる圧倒的なまでのドラマに震えて啼け!!

1. Engrave   2. Messiah complex
3. Violent ignorance
4. Counterpart
5. The activist’s creed
6. The moment or our lives
7. Reminiscence; path of light
8. Push
9. Casualties
10. Endsville
11. Bad visions
12. Hate crime

 作詞クレジットは、下山のアニキと遠藤さんの共作になっている 6.以外は全て 遠藤フビト 名義となっている。
 アルバムのイントロである 1.と、続く 2.は田中さんのペンによる。 他にも田中さんは 4., 10., 12.の作曲も手掛けている。 ( 6.と 7.は下山さん作曲)
 遠藤氏は、その歌詞世界に付いて、本作を現代の日本社会(世界の様相)を書き表そうとしているらしい(詳細は遠藤氏のセルフライナーノーツ リンク先へ)。
 点数は、89点。 B誌では、前田さんが84点を付けていた。
 

 非公式のサンプル集 ↑

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村

テーマ : ジャパメタ
ジャンル : 音楽

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。